リリウオカラニ公園/Liliuokalani Gardens Park

views:321

故郷を偲んで造った美しい日本庭園


ハワイ王朝最後の女王、リリウオカラニに因んで名づけられた公園。近隣の砂糖キビ・プランテーションで働いていた日本人移民たちが造った、大きな日本庭園スタイルの公園となっている。造られたのは1900年代初期。庭園内には、松やソテツなどの植物が植えられているほか、鳥居や太鼓橋・石灯籠が配されていて、ハワイにいながら日本の美を感じることができる。ヒロ湾(HILO BAY)の景色も定評あり。

ハワイ島の癒しのスポットの1つと考えられていて、パワースポットとしても知られている。園内は日本的なものだけではなく、ココナッツやマンゴーなどハワイの代表的な木々も植えられていて、観光客はもちろんヒロ市民の憩いの場となっている公園だ。

 

 

交通/11号線からバニヤン通りに入る。ヒロ空港から車で10

関連する記事