ワイキキ横丁のラーメンロードが完成! 新店舗も続々オープン

ワイキキ横丁

ワイキキの新名所、ワイキキショッピングプラザ地下1階の「ワイキキ横丁」。その中にあるラーメンロード4店舗がすべて揃い、新たに加わったラーメン店3店と、和食の新店舗2店を合わせた5店舗が披露された。

そのニューオープンのお店を紹介しよう。

■Baikohken/梅光軒

北海道旭川市で1969年に創業。「ラーメンご当地旭川」を代表するラーメン専門店。トンコツ・鶏ガラから摂れる動物系スープに、煮干し・昆布から摂れる魚介系の旨味を加えた北海道・旭川発祥といわれるダブルスープを使用。中細のちぢれ麺に絡む、こってり深みがありながら後味あっさりの“こてあっさり”なスープが特徴だ。
ミシュランガイドに掲載されたこともあり、今ではシンガポール、香港、台湾、ベトナムなど世界に展開。今回のハワイ店が、アメリカ進出一号店となる。

しょうゆラーメン

しょうゆラーメン($12.99)

特製の特大メンマは日本から取り寄せているそうで、しっかりとした味。しょうゆラーメンはさっぱりしながらコクがあり、どこか懐かしい味。

しおラーメン

しおラーメン($12.99)

ダブルスープで、塩といっても豚骨の風味もあり、これぞ“こてさっぱり”な味。

味噌バターラーメン

味噌バターラーメン($16.00)

たっぷりの野菜が入り、時間をかけて作られた味噌ダレは、ピリ辛ながら、どこか懐かしい甘みもある。バターとコーンが相性ぴったり。

■TSUJITA/つけめん つじ田

つじ田は日本のお茶の水に2005年に設立、日本でらーめん専門店5ブランド12店舗を、アメリカではらーめん専門店、鮨店をブランド展開している。ハワイでは本格的なつけめんが食べられる店舗として初上陸。
ロサンゼルスで三年連続Best Ramen 1位、LA times 6年連続受賞、LA weekly 6年連続受賞、Zagat 6年連続受賞。
日本の店舗にはセレブが来店することでも知られ、これまでに訪れたのはベッカム、ハリソン・フォード、レオナルド・ディカプリオ、キャメロン・ディアス、ミラ・ジョボビッチなど。
スープのベースは厳選の豚骨、鶏がら、魚介、野菜、ほか合計十数種類の食材を使用。麺はラーメン用、つけ麺用の特注麺をそれぞれ使用している。 スープにあった麺を日々開発し進化させ続けている。

チャーシューつけめん

チャーシューつけめん($15.98/レギュラーサイズ)

こってりとしたスープに刻んだチャーシューが入っていてこれもグッド。太いちぢれ麺としっかり絡み合う。食べ終わったらスープを足してもらい、飲むこともできる。

ラーメン

ラーメン($11.98/レギュラーサイズ)

魚介の風味いっぱいのさっぱりしたスープ。つけ麺より細い麺がよく合っており、コクのあるさっぱりスープもクセになる。

■BARIO/バリオ

厳選した豚骨のみを20時間以上炊き込んで仕上げたスープに特製ダレに漬け込んだチャーシュー、特注の太麺と山盛りの野菜を乗せればバリオらーめんのできあがり!  ニンニクと自家製唐辛子をたっぷり入れて味わうのがバリオ流。ここの太麺を味わったらやみつきになるはず。

味玉らーめん

味玉らーめん($14.48/レギュラーサイズ)

 
豚の背脂がこってりスープに浮いている。二郎系ラーメンのファンには堪らない味のよう。

味玉つけめん

味玉つけめん($13.48/レギュラーサイズ)

この麺の太さは間違いなくハワイ一! だがこれがスープによく絡む。

BARIO/バリオ

左:賑わう店内
右:バリオ店主の岩崎さん。「一所懸命つくってます! ぜひ一度食べに来てください」

 

ラーメンロードは、これらニューオープンの3店に、豚骨火山ラーメンを加えた4店舗で構成されている。ワイキキ横町の奥に広がるラーメン天国に、ぜひ訪れてみて。

また、新オープンの2店は以下。

■Kaneko-Hannosuke/金子半之助

日本橋に本店を構え、著名人も多数来店する行列店。粋で豪快な江戸前天丼は絶品と評判だ。そんな有名店の胡麻油香る本物の天丼が、ハワイで食べられる。
ポイントはボリュームと、その特製のタレのうまさ。LAにも進出しており、早くも行列の人気店に。もちろん、ハワイでは今一番話題の天丼になっている。
このお店のイチオシは、半熟玉子の天ぷら。中身がとろーりとした天ぷらは、揚げるのに相当の修業が必要だそう。玉子はTKGエッグを使用。

江戸前天丼

「江戸前天丼」($17.98)

器からはみ出す穴子天は、これぞ江戸前の醍醐味。エビ天、イカと帆立小柱のかき揚げ、半熟卵天、のり天、シシトウが豪快に盛り付けられ、ポイントはとろーり半熟玉子の天ぷら!

天ぷらめし/松

天ぷらめし/松($18.98)+味噌汁($1.50)

こちらは定食バージョン。しっかり半熟玉子もついており、中央には江戸前のアナゴがどん!とのっている。

■Nin-Nin/忍人

日本には店舗がなく、大阪のフレンチ出身のオーナーがハワイに初出店したカレー店がこちら。日本のカレーにフレンチの要素をプラスした「ヘルシーカレー」が持ち味だ。
4時間以上かけじっくり炒めた玉ねぎペーストをベースに、30種類以上のハーブとスパイスを加えた特製のカレーは、日本人には懐かしい味になっている。ベーシックなニンジャカレーは、$7.95とリーズナブル。

ポーク・カツカレー

ポーク・カツカレー($13.50)

フレンチ仕込みの技なのか、ポークカツがとっても柔らか。

スープカレー

スープカレー($10.50)

大き目サイズの野菜と骨つきチキンがルーにIN。カレースープは少々スパイシー。

Nin-Nin/忍人

左:オーナーシェフの中村さん
右:こんなシールも用意されていた

 

新店が増えて、ますます賑やかになるワイキキ横町。どのお店も日本と変わらぬ本格的な味が楽しめ、中には日本にない店舗もあるので、日本の味が恋しくなったら、ぜひ訪れてみたい場所だ。

(2017.02.14)

Waikiki Yokocho/ワイキキ横丁

住所:
2250 Kalakaua Ave. ※ワイキキ・ショッピング・プラザ地下1 階
電話番号:
808-926-8093(オフィス 月~金曜9:00~17:00)
営業時間:
11:00~24:00
定休日:
無休
関連URL:
http://www.waikiki-yokocho.com/jp/

関連する記事