JALが成田〜ハワイ島コナへの往復直行便を就航!2017年9月15日から

約7年ぶりにJALの成田―コナ便が復活!

JAL(日本航空)は、2017年9月15日から成田ーハワイ島コナ直行便を運航することを発表した。

現在JALは、成田から1日4便、関西、中部から1便ずつ、合計1日6便 ホノルル線を運航しているが、そこに加え、成田からハワイ島のコナへの直行便が2010年10月以来、約7年ぶりに就航し、毎日運航するそうだ。
運航スケジュールは、成田を夜9時25分に出発、ハワイ島コナ国際空港に同日の午前10時15分に到着の往路便と、コナを昼の12時15分に出発、成田に翌日の16時に到着の復路便の1日1往復。
また、ホノルル線でも好評の、ビジネスクラスにフルフラット座席「JAL SKY SUITEⅡ」を、エコノミークラスにはシートピッチを拡大した新・間隔エコノミー「JAL SKY WIDER」といった快適な機材を搭載したボーイング767-300ERが投入される。

ビッグアイランドの名称で親しまれるハワイ島は、大自然に囲まれた、魅力的な島。他の島を合わせたよりも広大な面積を持ち、地球上に存在する13種類の気候のうち11種類を体感できるほど、地理的な変化に富んでいる。数十分もドライブすれば景色が様変わりする特殊な環境の中で、ダイナミックな自然の息吹を目の当たりにすることができる。ハワイリピーターの方にも、ハワイ初心者の方々にもハワイの新たな魅力をきっと発見できるだろう。
そんなハワイ島の玄関口となるコナへ直行便が就航することで、ハワイ島への注目がさらに高まりそうだ。

(2017.05.29)

関連する記事