今月のミュージックピックアップは、女性ファッション誌「anan」やTBS土曜日朝の情報番組「まるっと!サタデー」で紹介されるなど、話題の電車音ヒーリング作品シリーズ!

今月のミュージックピックアップは、女性ファッション誌「anan」やTBS土曜日朝の情報番組「まるっと!サタデー」で紹介されるなど、話題の電車音ヒーリング作品シリーズ!

views:0

コロナ禍での約1年半、様々な制約や我慢などを強いられストレスを溜めていらっしゃる方も少なくないのではないでしょうか?

今月のLaniLani Musicピックアップは、まるで電車でうとうとしているかのようなバーチャル体験が
可能になると話題の、医学博士板東浩先生監修:電車音ヒーリング・シリーズ「医学博土監修トレ眠
~トレイン効果で眠る音楽~」を紹介!

電車音シリーズ

本シリーズの監修を務めている・医学博士 板東浩先生のメッセージ

スクリーンショット 0003-10-15 17.48.10

“いま、国際的に宇宙に対する関心が高まっています。

地球から太陽系、銀河系と広がるのは大宇宙(マクロコスモス)であり、一方、
小宇宙(ミクロコスモス)とは私たち人間のことなのです。

それだけ、人体には不可思議な魅力が内在しているといえましょう。その一つが意識です。

私たちが普通に考えたりしゃべったりするのは顕在意識の働きですが、その基盤には潜在意識が存在します。

潜在意識は深く膨大で、通常認知できません。その中には、私たちが子供の頃に経験した様々な記憶が奥深いところに眠っています。

映像や音楽、音、食物の味、香り、手触りなどが、そのとき感じた気持ちと一緒にパックされて、
深層心理に保存されているのです。

これをコンピュータで例えると、デスクトップにあるテキストや表、画像を1つのプロジェクトとして
ファイルに入れ、ハードの深い層に置くという作業になりますね。

この音楽作品のテーマは列車です。和みそして癒される音楽が奏でられる中に、列車の走行音や駅のアナウンスなどが加わっていきます。すると、この音刺激があなたの深層心理に働きかけ、
どこか懐かしく郷愁を感じることに。

どうか目を閉じて、その世界をお楽しみくださいね。”

医学博士 板東浩

板東浩氏 プロフィール

医学博士

日本抗加齢医学会評議員

徳島県糖質制限研究会代表

徳島大学卒業、ECFMG資格取得後、米国でfamily medicineを臨床研修。
専門領域はアンチエイジング、糖質制限、音楽療法、スポーツ医学など。

アイススケート選手として国体出場(1999 ~ 2003)。

第9回日本音楽療法学会大会長(2009)。
第3回ヨーロッパ国際ピアノコンクール(EIPIC)in Japan銀賞(2012)。日本プライマリ・ケア連合学会大会長(2017、高松)。

糖尿病関係の英文医学雑誌4誌のEditor-in-Chief(編集長,2021)。
著書30冊以上、印刷物2,000以上、英語論文200以上。「新老人の会」徳島代表。

公式サイト:▶ 公式サイトはこちら!

関連する記事