~グルメ特集~ 目でも楽しむハワイのSweets ①

~グルメ特集~ 目でも楽しむハワイのSweets ①

views:2535

グルメ_ハワイ移民が持ち込み定着したものや、日本でもおなじみのものなどハワイには見た目もキュートなスイーツが多い。

ロコがイチオシするスイーツを食べれば思わず笑顔に。

グルメ_ハワイ


油で揚げた生地に砂糖をまぶした、シンプルなお菓子。プランテーションで働くためハワイに移住したポルトガル移民がハワイに広めた。マラサダの元祖は、キリスト教の四旬説に由来。ラードや砂糖を禁じた四旬説期間までに、それぞれの素材を使い切るため作られたとされる。カトリック教徒のポルトガル移民がハワイ移住後も、四旬説の前にマラサダを作り、他の移民に配ったためハワイ文化に浸透した。 グルメ_ハワイ

 


チャンピオン・マラサダ/Champion Malasadas

ロコのリピーターが多い定番のお店。もとはベーカリー&レストランだったが、お店の移転とともにマラサダ専門店に。オーダーを受けてから揚げるので、いつでも出来たてが味わえる。

グルメ_ハワイ

グルメ_ハワイ


レナーズ/Leonard’s Bakery

マラサダで日本人にも知られる有名店。ポルトガルから移住してきた祖父母を持つレオナルド氏がマラサダを販売したところ大ヒット。現在では1日1000個!も売れるという。

グルメ_ハワイ

グルメ_ハワイ

 

グルメ_ハワイ


プランテーション時代、日本人移民が持ち込んだ日本のカキ氷をハワイ流にアレンジ。グアバやキウイ、マンゴなどトロピカルフルーツのフレーバーを数種かけるカラフルな見た目が特徴。キメの細かい氷はフワフワで口に入れた瞬間溶けてなくなってしまうほど。 グルメ_ハワイ

 


ワイオラシェイブアイス

Waiola Sheve Ice

ロコに人気のシェイブアイス店。口どけも柔らかいパウダー状の氷は食べやすく、頭も痛くならない。アズキや抹茶など和風フレーバーのほか、コーヒーやビールフレーバーなどの変わりダネシロップもある。
グルメ_ハワイ

グルメ_ハワイ



マツモトシェイブアイス

Matsumoto Sheve Ice

1951年にグローサリーストアとしてオープン。今は常に観光客で賑わうシェイブアイスの有名店に。30種以上のフレーバーから好きな味を選んでオリジナルのシェイブアイスを作るのも楽しい。
グルメ_ハワイ

グルメ_ハワイ

 

グルメ_ハワイ


ココパフとはチョコレート(ココア)味のシュークリームのこと。ハワイでココパフといえば、リリハベーカリーが有名でロコにも大人気のスイーツ。販売を始めた1970年代は人気が出ずメニューから消えてしまったが、1990年に当時のチーフ・ベーカーが看板商品だったケーキのクリームを使ったところ、たちまち人気になった。 グルメ_ハワイ

 


リリハ・ベーカリー

Liliha Bakery

1950年リリハ・ストリートにベーカリー・ショップとしてオープン。現在の場所に移転後も名前はそのままに、ココパフをはじめ、ペストリーも販売するダイナーに。

住所 515 N.Kuakini St. 電話 808-531-1651

営業時間 24時間、火曜6:00~、日曜~20:00

休み 月曜

グルメ_ハワイ