日本のオンラインメディア、Hawaii Lifestyle Clubとオアフ島在住アーティスト3名がコラボレーションするチャリティープロジェクト!Share Mahalo Month

日本のオンラインメディア、Hawaii Lifestyle Clubとオアフ島在住アーティスト3名がコラボレーションするチャリティープロジェクト!Share Mahalo Month

views:0

4月の1ヶ月間、ハワイで活躍するアーティスト3名が日本のオンラインメディア、ハワイライフスタイルクラブとチャリティープロジェクトを開催中だ。
その名も、シェア・マハロ・マンス(Share Mahalo Month)。
シェア・マハロ・マンスは、ハワイの自然や文化、人々に癒され、またハワイを訪れたいと強く願っている私たち日本人が、ハワイの様々な問題に少しでも貢献するべく、日本から「ありがとう(Mahalo)」の気持ちをシェアしていくことを目的に、2021年に立ち上がったプロジェクトだ。
プロジェクトは、ハワイライフスタイルクラブのオンラインストアにて、ハワイ在住アーティストが無償で提供してくれたアートを使った商品を今月1ヶ月間受注販売している。
商品コストを除くすべての売上金を、ハワイの非営利団体に寄付するシェア・マハロ・マンス。
初年度は、食糧困難に陥っているハワイ居住者をサポートするハワイ・フード・バンク(Hawaii Food Bank)へ寄付をした。
2022年は、ハワイの海や生態系を守るために環境保護活動や啓蒙活動をを行っているNPO団体サスティナブル・コーストラインズ・ハワイ(Sustainable Coastlines Hawaii)の活動をサポートすることが決定。
参加アーティストは、オアフ島を中心に活躍をしているキャット・リーダー(Kat Reeder)さん、クリスティン・レイノ(Kristen Reyno)さん、スザンヌ・ジェネリック(Suzanne Jennerich)さんの3人。
 キャット・リーダーさんは、ホノルル在住のペルー系アメリカン。
サーフィンコンテストのメインビジュアルや一流リゾートホテルのビジュアルなども手がける人気アーティストだ。
最近では、ハワイや日本だけではなくアメリカ本土のプロジェクトにも参加し、活躍の場を広げている。
またフラガールやアイランドガールなどポートレートを得意とするキャットさんは、カスタムアートもオーダーを受けつけており、こちらも大人気だそうだ。
キャットさんが提供してくれたアートのタイトルは、『Mahalo』。
美しいアイランドガールがレイをかけてくれる瞬間を描き出したアートは、まさにこのプロジェクトにぴったりだ。
 スザンヌ・ジェネリックさんはドイツ生まれ、カイルア在住のアーティスト。
現在、ロイヤルハワイアンセンターのメインビジュ…

ハワイ州観光局総合ポータルサイト allhawaii (オールハワイ)
ハワイ州観光局総合ポータルサイト allhawaii (オールハワイ)
allhawaii(オールハワイ)は、ハワイ州観光局公認総合ポータルサイトです。
ハワイの情報収集に役立つホテル、レストラン、アクティビティ、買い物、結婚式のスポット、イベント、コラム、みんなのおすすめのハワイなど、さまざまな情報を提供しています。

関連する記事