自分に合った時間帯で効率よく♪おすすめのフライト出発時刻

自分に合った時間帯で効率よく♪おすすめのフライト出発時刻

限られた大切な旅行の時間、ハワイ到着日や最終日も無駄なく過ごしたいですね。
時間を有効利用するためには、フライトの出発・到着時刻が大きく関係してきます。
うまく調節することで、時間を十分使え、お得な気分になります。
今回は、ハワイ旅行を満喫するための、おすすめのフライト出発・到着時刻をご紹介します。

行きは同日の朝、帰りは翌日の午後に着く

日本とハワイの時差は、-19時間。
フライトの時間は、行きが6時間半~7時間程、帰りは8時間半~9時間程かかります。
日本からハワイまでのフライトは、日本を夕方~夜出発し、ハワイには同日の早朝~お昼に到着。
帰りはホノルルを朝~夕方に出発し、日本には翌日の夕方~夜に到着します。

フライトの時間と時差、ハワイでの滞在時間を考慮しておくことで、体力的にも時間的にも余裕を持って過ごせます。

おすすめは夜遅い出発。体力がある人はもっと早い時間を

19:00に日本を出発するフライトにすると、ホノルルに着くのは7:00頃~8:00頃。
入国審査などを済ませ、ホテルのあるワイキキ市内に着くのは9:00頃。
そうすると、初日からまる1日遊べるんです!

ショッピング、観光だけでなく、トレッキングや海での遊びもたっぷり時間がある。
午前中は海で遊び、午後はショッピングとマッサージというプランも無理なくできます。
ただし、ハワイ初日は、フライトの疲れや時差ボケがある人が殆ど。
ホテルのチェックインは15:00頃。
それまで外で過ごすことが辛くなることもあります。
そのため、朝早くホノルルに到着するフライトは、リピーターや体力に自信がある人におすすめです。

誰にでも1番おすすめなフライトは、夜遅い出発
到着は昼前になります。
ワイキキ市内について、軽いランチを食べているうちにチェックイン。
荷物を置いて、着替えを済ませ、午後に予定を1つ入れておけば無駄なく過ごせます。
そうしているうちに夜に。おいしいディナーを食べた後は早めに眠ることで時差ボケも解消されるでしょう。

帰国日は午後遅いフライトがおすすめ

最終日である帰国日は、1秒でも長くハワイに滞在していたいと感じます。
しかし、午前中のフライトにすると、最終日はあわただしくなってしまいます。
10:00頃ホノルル発のフライトだと、2時間前に空港に到着することと、ワイキキからダニエル・K・イノウエ空港まで1時間と考え7:00にはホテルを出発しなくてはいけなくなります。
そうすると、最終日はほとんど何もできないだけでなく、前日の夜からソワソワしてしまいますね。

帰国のおすすめのフライト時刻は午後~夕方
午後のフライトなら、朝ヨガ、モーニング、ショッピングやランチまで、最終日を無駄なく楽しめます。
やり残したこと、買い忘れたものを買ったりと、最終日にまとめてできそうです。
夕方のフライトならば、バスに乗ってワイキキから少し離れても大丈夫でしょう。

フライトの時刻により、ハワイの滞在時間は大きく変わります。
大好きなハワイ、滞在時間はできるだけ長く充実させたいです。
体調を崩したり、あわただしくならないようにしたいです。
お休みの日数とフライトの時刻をうまく調節して、余裕をもった旅ができますように。

mitsuko
著者:mitsuko
子供の頃に家族で旅行をして以来、ハワイにずっと恋しています。
alohaな人と空気はここでしか出会えません。
毎年の渡ハでは、女子旅、ひとり旅、2泊の弾丸旅など毎回何か新しい発見を求めています。
王道からひと味違う旅まで、素敵な時間を過ごせるお手伝いができれば嬉しいです。

関連する記事