【ウィズコロナ旅行記・第1弾】オアフ島はどう変わった?絶景と絶品グルメを楽しむハワイ旅

【ウィズコロナ旅行記・第1弾】オアフ島はどう変わった?絶景と絶品グルメを楽しむハワイ旅

Aloha! 「Surf Room ~ハワイの歴史を旅しよう~」担当、ハワイ歴史と神話の愛好家のMari Udagawaです。

先日、久しぶりにオアフ島に行ってきましたので、当時の様子についてお届けしたいと思います。
「ウィズコロナのハワイ旅行ってどんな感じなの?」と思っている方、ぜひ最後までお読みくださいね。

コロナ禍で変化していくハワイでの旅行プラン

surfroom

コロナ前とアフター&ウィズコロナの世の中で、日本からハワイへの旅行がどう変わるのかまだ予測がつきません。
でもどんな時代が来てもハワイは美しいし、みんなのハワイ愛が衰えることはありませんね!

これまでハワイ旅行の主流だったパック旅行、「飛行機とホテルと現地での空港送迎がついて〇〇円、さらに全日朝食付!」などのような旅のスタイルから、もしかしたらアフターコロナ&ウィズコロナの世界ではちょっと変化があるのかもしれません。

社員旅行などの団体の旅は一旦は少なくなり、家族、友人、個人などの少人数でハワイの旅は再開するのではないでしょうか。

飛行機もホテルも自分で手配する、それが主流になるかも知れません。
行きたい場所も自分で決めて、どうやって行くかも考える。
自分で旅を作ることも、案外素敵なことだと思います。
本来の旅の醍醐味を味わう、そんな時代がやってくるかもしれません。

E Komo Mai

surfroom

私はコロナ前までオアフ島のプライベートツアーのツアープランニング、ツアー受付をやっていました。

たくさんのお客様の旅のお手伝いをさせていただきました。

人気スポットへ行く旅
美味しいものをたくさん食べる旅
お買い物に精を出す旅
ひとつとして同じ旅はありませんでした。

今はその頃がとても懐かしく、自由にハワイへ行ける日が来たらまたツアーの仕事に携わりたいと思っています。

そんな気持ちを抑えられず、こちらで今回から数回に分けて、みなさんに私と一緒にオアフ島を旅していただきたいと思いました!

わたしはSurf Roomという小さなハワイ旅行専門の会社のスタッフで、お客様の旅のアドバイスをするという設定です。
コロナに関係なく楽しんでいただきたいので、コロナなしの旅とさせていただきます。

プライベートチャーターの手配をやっていたので、オアフ島内の移動手段は基本的に日本人ドライバーとドライブする形で進めていきます。

滞在中、ずっとドライバーをチャーターしたらとても高額になってしまいますが、この上なく快適で無駄がなく、楽しいことは間違いありません。
何より日本語だから安心ですね。
今回はバーチャルなので、思い切り贅沢に!!

そして次回のハワイでは全日程とは行かなくても、ここぞという時はチャーターツアーをやってみるのもよいかも!と思っていただけると嬉しいです。

もちろん、私が書くものなのでハワイの歴史や神話、文化についてもご紹介していきます。

現地のドライバーさんが聞いたらこれは無理だよ~、というプランもあるかも知れませんがそこは日本人観光客はこんなことを望んでいるんだよー、というご参考に!ということでお許しください。

色んなご意見があると思いますが、エンターテイメントとして、思い切りハワイ妄想してくださいね!

旅のはじまり

アラモアナビーチ2

今回みなさんの代表としてハワイを旅するのはハネムーンを計画中の春香さんと、そのお友達の夏美さん。
春香さんは初めてのハワイ。
夏美さんは3回目。

春香さんのフィアンセ・秋山さんは仕事が忙しく、ハネムーン以降はふたりで旅行に出かけるが難しそうということで、春香さんは今回のハワイを楽しみ尽くしたいと考えています。

春香さんの親友・夏美さんは冬村さんと結婚して3年経ちましたがお互い多忙でハネムーンに行くことができませんでした。
なのでこの旅がハネムーンのようなもの。
初ハワイでちょっと不安な春香さん、秋山さんと一緒にハワイに行くことになりました。

今回はオアフ島のみの滞在。
着いた瞬間から帰国の飛行機に乗るまでハワイを楽しみたい!
それが4人の共通の希望です。

飛行機とホテル選び

surfroom

ハワイへ行こう!と思ったら一番に決めるのが日程と飛行機ですね。
それだけでなく、飛行機はマイルの関係もあり皆さん大体ごひいきの航空会社を利用なさいますね。

今回の旅は火曜日出発、57日です。

飛行機は春香さんのたっての希望でハワイアン航空。
乗った瞬間からハワイ!のハワイアン航空は私も大好きですが、ひとつだけ覚悟しなくてはならないことがあります。
それは、、、
帰国の日、ハワイを飛び立っても飛行機の中はハワイだということ。

まだまだハワイが続いている!と楽しめればよいけれど、せっかく意を決して、「ハワイよさらば!」と飛行機に搭乗したのに、機内はもう一度ハワイ。
涙出ちゃうかもです。
でも、そこでハワイ恋しさに胸を熱くできたら、ハワイが楽しかった証拠ですね。

ハワイの旅の計画は飛行機の予約から。
これは鉄則です。

ホテルはまだ決まってないのです、と春香さん。
いいんです、それで。
正しい旅の計画の進め方ですね。

いくら泊まりたいホテルがあるからといって、飛行機より先にホテルを予約するのは危険です。
飛ばなければ、泊まれない。

もちろん、せっかくのハワイ旅行ならば色々な希望はかなえたくなりますよね。

「場所はワイキキ、オンザビーチのホテル。
海が見える部屋に泊まりたい!」

「ホテルのプールサイドでトロピカルカクテルを飲んでみたい!
そして便利な立地だと嬉しい。」
そんなリクエストをいただきました。

なるほど、なるほど、、

さて、私はどのホテルを春香さんにおすすめしたでしょうか?

さぁ、ハワイへ出かけましょう!!

ハワイへ出発

成田

出発の日を迎えました。
空港で4人は落ち合い、搭乗の時を待っています。

ここで旅のヒントをひとつ。

日本で飛行機に乗る前に私が買うもの。
ボトルウォーターです。

機内ではCAさんにお願いして、お水をもらいます。
ペットボトルのお水をもらえることもありますが、紙コップの場合もあります。
搭乗前に買ったお水は飲みません。

ハワイに到着して、飛行機から降りてイミグレーションを通ってスーツケースをピックアップして外へ出る。
この間、お水を手に入れられる場所はありません。

ホテルまでバスなりタクシーなりで行くとして、ホテルに着くまでお水は買えないと思っておいたほうがよいでしょう。

南国・ハワイ、その時、日本で搭乗前に買ったお水があれば安心です。
くれぐれも注意していただきたいのが、お水を買うのは搭乗ゲートのそばの自販機や売店でということです。
セキュリティチェック前に買ったお水はその先へは持ち込めないのでお気をつけくださいね。

機内ではリラックスしてお過ごしください、と言ってもわくわくしますね。

特に初ハワイ、ハネムーンの春香さんはわくわくが止まらないとこでしょう。
そんな春香さんにハワイへ行く機内で聴いて欲しい曲を一曲、ご紹介させてください。

心のHoliday です。

機内の様子や機内での気持ちが歌われています。

ぜひ聴いてみてくださいねー。

ハワイ到着

surfroom

ハワイの玄関口、ダニエル・K・イノウエ国際空港。

ダニエル・K・イノウエって誰?と思いますね。
日本の姓がハワイの空港の名前になっているのは嬉しいです。

ダニエル・ケン・イノウエさんはアメリカの上院議員を務められた方で、ホノルル生まれの日系2世。
アメリカ大統領継承順位第3位まで務められました。

第二次世界大戦ではアメリカの軍人として戦い、戦闘で右腕を失ってしまいます。
そのため医師の夢を諦め、戦後は政治の世界へ進まれ、2012年に亡くなっています。
辞世の言葉は「アロハ」だった言われています。

辻仁成さんの著書・日付変更線では当時の様子がよくわかりますので、ぜひ読んでみてくださいね。
surfroom

飛行機を降りてイミグレーションに向かう途中、ハワイのワヒネがお迎えしてくれます。
とても長いレイを持っていますね。
これはイリマという花のレイ。

ハワイのそれぞれの島には、その島の花がありイリマはオアフ島の花です。

奥の女性の後ろには見事な満月が描かれていますね。
イリマには月の女神・ヒナの神話もあるので、それを現しているのかもしれません。

surfroom

私は以前はハワイ到着日を有効に使いたいと思っていました。

ホテルチェックインまでの時間、フライトの疲れと時差で眠いですね。
飛行機の中では眠れなくても、とにかく目を閉じる。
出発ギリギリまで仕事をしてわざと自分を疲れさせて飛行機に乗ったりしていました。

とにかく機内で一度眠る、うとうとでもいいから眠る。
そして日本の時間は忘れる。
早めにハワイの時間を頭に入れて、自分を騙すのです。
日本が真夜中でも、もう夜明けが近いと自分にいい聞かせる。

到着したらパワー全開、到着日だって大事なハワイでの一日。
空港を出たらすぐにフルスロットル!

そう思っていたし、お客様にもそうおすすめしてきました。

でもある時、私の乗る飛行機が遅れて、お昼前にはホノルルに到着する予定が、なんと日も暮れて真っ暗なハワイに到着。

話には聞いていたけど、まさか自分が。
その時考え方が変わりました。

到着日は無理してはいけません。
あれこれスケジュールをつめ込んではいけません。
ハワイに到着できれば幸せ。
そう思って無理のない計画を立てなくては、と今は思っています。

団体旅行が一旦下火になり、家族や友人との少人数でのハワイ旅行となると、滞在日数は長くなるかもしれません。

46日の旅が57日に、68日になるように思います。

少人数での旅なのでみんなのスケジュールが合わせやすい。
日程に融通がきくのです。

滞在日数を増やせるなら到着日はハワイ滞在中の準備日と考えてはいかがでしょうか。

surfroom

ホテルチェックインまでの時間を利用してハワイ滞在中に必要なものを揃えましょう。

お酒が好きな人はビールやワインを買っておきましょう。

ハワイのビール、おいしいです!
日本では高い、なかなかお目にかかれないものが手頃なお値段で手に入ります。

ハワイにはカリフォルニアワインがたくさんあります。おいしいです!
白ワインでも赤ワインでもハワイアンサンのグァバネクターをグラスに注いでそこに少したらしてみてください。
お手軽なトロピカルドリンクになり、お酒が苦手な方にも楽しんでいただけます。

コンドミニアムなどキッチンがあるところに泊まる方はある程度の食材を揃えるのもいいですね。

そしてばら撒き土産や、これ買ってきてと頼まれたもの、買ってしまいましょう。
早くもミッション終了です。

そうすればそのあとのハワイ滞在を心置きなく楽しめます!!

万が一、飛行機が遅れて、予定より遅くハワイに到着したとしても、お買い物くらいなら後で取り戻すことができます。

surfroom

さぁ、空港の建物から外へ出ましょう!
ハワイの眩しい太陽と爽やかな風があなたを待っています。

アラモアナセンター近くの「ケエアウモク通り/Keeaumoku Street」の名前の由来は?キングメーカーと呼ばれていた「ケエアウモク」の歴史に迫る!|LaniLani

https://www.lanila新コラム『Surf Room』スタート!「ロイヤルハワイアンホテル」からハワイの歴史を旅しよう|LaniLaninihawaii.com/column/surf-room/explorehawaii-royalhawaiianhotel.html


ハワイの歴史を知ると、ハワイを見る目が変わる。もっとハワイを好きになる!
現地を旅するように、ハワイの歴史や神話をお話し、ハワイと日本の歴史的・民族的な繋がりや共通点もたくさんご紹介します♪

Surf Room 〜ハワイの歴史を旅しよう〜|コラム一覧

Mari Udagawa
著者:Mari Udagawa

ハワイの歴史と神話の愛好家。 オアフ島現地ツアー手配歴3年。
趣味は野球観戦と百人一首の研究。 特技はY字バランス。
ライフワークは「ハワイと日本を結ぶ、繋ぐ」。

旅ハワイを運営しています。

関連する記事