【完全版】ハワイ旅行の費用・予算・旅費まとめ。飛行機代・ホテル代・節約術まで

【完全版】ハワイ旅行の費用・予算・旅費まとめ。飛行機代・ホテル代・節約術まで

人生で一度は行ってみたいハワイ旅行。
雄大な自然や、充実した買い物、美味しいハワイアングルメを想像しただけで心がウキウキしますよね。
でも、中には「ハワイ旅行って高いイメージが…」といった方もいらっしゃると思います。
そこで今回は、ハワイ旅行の費用や予算・旅費についてまとめました。
ハワイ旅行に一体いくらかかるのか、逆にどれくらいのお金があればハワイ旅行に行けるのか、この記事を読んでもらえばわかると思います。
また、ハワイ旅行に安くいく方法もご紹介するので、最後まで必見です!

ハワイ旅行の費用はズバリ…

ハワイ旅行で最も人気なのが、4泊6日か5泊7日です。
そして、かかる費用は、4泊6日で約20万円ほどです。
時期やホテルのグレードなどにもよりますが、だいたいこれくらいの費用になると想定しておくといいでしょう。

ここで気になるのが費用の内訳ですよね。
ここからは、「何にいくらお金がかかるのか」をご紹介していきます。

ハワイに行く前にかかる費用6種

ハワイの海

ハワイに行く前に日本で準備しておく必要があるのが、以下の6つです。

  • 飛行機代【必須】
  • ホテル代【必須】
  • ESTA申請費【必須】
  • 海外旅行保険【任意】
  • Wi-Fiルーター【任意】
  • オプショナルツアー費【任意】

上から3つは必須の項目で、下の3つは任意の項目になります。
では、それぞれ詳しくみていきます。

渡航費(飛行機代)【必須】

ハワイ旅行の前にまず押さえておきたいのが、飛行機代です。
時期や航空会社によって金額は異なりますが、往復の平均はおよそ5〜8万円、そこに燃油サーチャージ、航空保険特別料金、空港使用料、米国入国税などが加わり、ひとりあたり約10万円が相場になります。

ハワイは最も人気の旅行先であるため、繁忙期の値上がりが激しいのも特徴的です。
格安航空会社を利用したり、旅行会社の「飛行機+ホテル」などのパック商品を購入する選択肢も持っておくと、比較的安く行ける場合もあります。

宿泊費(ホテル代)【必須】

ホテル代はグレードが様々で、1泊6万円以上するところから、1泊1万円を切るところまであり、ピンキリです。そのため、ホテル代は人によって1番変わる費用になります。
「友達同士で行くのか、新婚旅行で行くのか」や、「5つ星の高級ホテルに泊まるのか、格安ホテルまたはAirbnbを利用するのか」など、ご自身のプランに沿って、立地・アクセス・金額を考慮し、ホテル選びをしましょう。
また、ホテル選びは口コミや評判をチェックしながら行うことをおすすめします。

ESTA申請費【必須】

ESTA(エスタ)とは電子自動システムのことで、米国への渡航を希望する外国人が安全であり、ビザなしでアメリカに渡航する条件を満たしているかを審査する制度です。
ビザを取得せずに90日以内の観光をする場合、大人はもちろん、子供もESTAの申請が義務付けられています。

ESTAの申請はオンライン上で行います。クレジットカード決算のみで、申請料14ドル(約1500円)となっています。旅行会社などに頼めば、5000円前後で申請代行してくれるので、不安な方は旅行会社に聞いてみましょう。

また、ESTAは申請してから有効期限は2年間だということも頭に入れておくといいでしょう。ESTAの有効期限よりもパスポートの有効期限が先に切れる場合は、そちらが適用されるので、ここにも注意が必要です。

海外旅行保険【任意】

海外旅行保険は必ず必要ではありませんが、申し込んでおいた方がいいでしょう。
海外旅行保険とは、海外旅行中に怪我をした・病気にかかった・盗難にあった際の経済的な負担をカバーしてくれる保険です。

海外は日本とは異なり、多額のお金を請求されてしまうことが多々あります。
ハワイも例外ではなく、例えば、救急車を呼ぶと有料だったり、風邪を引いた時の治療費を全額負担しなくてはいけないなど、高額な料金がかかることがあります。
海外旅行保険はこういった心配を解消してくれますし、何より実際に起こってしまった場合にはとても頼りになります。ぜひ加入しておくことをおすすめします。

とはいえ、「なるべくほかに費用を掛けたくない…」といった方もいらっしゃると思います。そういった場合は、クレジットカード自体に保険が付いている「クレジットカード付帯海外旅行保険」を利用しましょう。ただ、負担してくれる金額が少なかったりと課題もあるので、よく確認してから利用するようにした方がいいでしょう。

Wi-Fiルーター【任意】

せっかくハワイに行ったのだからSNSで写真をアップしたり、美味しいランチが食べられるお店を検索したりしたいですよね。
そんな時に便利なのがWi-Fiルーターです。海外でスマホを使うには以下の3つの方法があります。

  • Wi-Fiルーターを使う
  • 無料Wi-Fiスポットを活用する
  • ハワイのSIMカードを利用する

この中で特におすすめなのが、Wi-Fiルーターです。
Wi-Fiルーターはレンタルする方がほとんどで、1,000円/日くらいで利用することができます。持ち運びが可能で、かつ安く高速インターネットが楽しめるので、場所を気にすることなく、快適にインターネットを利用したい方にはピッタリなサービスです。

また、Wi-Fiルーターは日本国内で予約しておいた方がいいでしょう。会社によってオプション・金額が異なるので、レンタルする前に必ず確認しておきましょう。

とはいえ、「Wi-Fiルーターをレンタルするくらいなら、そのお金で美味しいものが食べたい!」という方もいらっしゃると思います。
その場合は、無料のWi-Fiスポットを利用するのがいいでしょう。
ハワイでは徐々に様々な場所でWi-Fi環境が整い始めています。頻繁にインターネットを使わないのであれば、無料のWi-Fiスポットを利用する方が費用を抑えられるので、おすすめです。

オプショナルツアー費【任意】

せっかくハワイに行ったのだから、思いっきり楽しみたいですよね。
スカイダイビングやパラセーリングなどのアクティビティー、ダイヤモンドヘッド観光に、アウトレットモールツアー。
これらは、あなたのハワイ旅行をより一層楽しいものにするでしょう。

もし、こういったアクティビティや観光をしたいのであれば、ぜひオプショナルツアーに事前に申し込んでおくことをおすすめします。
オプショナルツアーは、内容や会社によって金額が異なりますが、1つのツアーで1人当たり1万円〜2万円程度を想定してもらうといいかと思います。
特に、初めてのハワイ旅行の方や、英語があまり得意でない方は、オプショナルツアーに申し込んでおくことをおすすめします。

ハワイに行ってからかかる費用4種

アサイーボウル

ここからは、ハワイ現地でかかる費用についてみていきます。
ハワイ現地でかかる費用は以下の4つです。

  • 食事代
  • 交通費
  • 買い物代
  • お土産代

では、それぞれ詳しくご紹介します。

食事代

ご存知の方も多いと思いますが、ハワイでの食事代は日本と比べると、かなり高いです。
特に、レストランでの食事は日本人からすると「高い」と感じてしまうでしょう。
お店によって異なりますが、だいたい朝食・昼食が1500円、夜食が3000円で、1日あたり1人約6000円が目安となります。また、アルコールを頼むと、さらに費用は増します。

コンビニやスーパーなどで購入すると、レストランに比べると費用を抑えられるので、コンビニ・スーパーを上手く利用するといいでしょう。また、ホテルをコンドミニアムにしていればキッチンがついてくるので、ハワイの食材を使って料理をするといった楽しみ方もできます。
ハワイの食事代は高いということを頭に入れつつ、予算を組み立てましょう。

交通費

ハワイでの主な交通手段は、路線バス(トロリー、ザ・バス)・タクシー・レンタカーです。
中でもおすすめなのが、路線バスです。ザ・バスは5.5ドルで1日乗り放題と、かなりお得です。トロリーも日本人観光客がよく利用することで有名です。

運転が好きな方や、ハワイを自由に移動したいといった方にはレンタカーがおすすめです。ただ、現地で英語を使って予約することが困難な場合は、日本国内で予約していきましょう。

タクシーはあまりおすすめできません。特に初めてハワイに行く方は、目的地が思った以上に遠く、費用がかかり過ぎてしまったということが起こります。また、初乗りの運賃が3.5ドル〜となってはいるものの、チップも必要になるため、意外とお金がかかってしまいます。

買い物代・お土産代

もしお金に余裕があれば、お土産は買って帰りたいですよね。ハワイのお土産は、家族や友達に買って帰れば喜ばれること間違いなしです。

もちろん、自分へのご褒美としてショッピングするのも楽しいですよね。
ハワイには、アラモアナ・ショッピングセンターをはじめとするショッピングモールや、ハワイアン雑貨のショップなど、非常に多くのお店があります。ショッピング好きの方には最高の環境だと言えるでしょう。
また、ハワイ限定のコスメや、雑貨、洋服など、日本では買えないものは、お土産として人気があります。

買い物代・お土産代は人によって金額に差が出やすいので、あらかじめ予算を決めておいた方がいいと思います。

ハワイに行く前にかかる費用まとめ

ここまでハワイ旅行にかかる費用についてご紹介しました。
まとめると以下のようになっています。
※4泊6日を想定。あくまで目安です。

項目
費用(約)
詳細
飛行機代
¥100,000
ホテル代
¥40,000
1泊1万円の場合
ESTA申請費
¥1,500
自分で申請した場合
海外旅行保険
¥5,000
Wi-Fiルーター
¥5,000
オプショナルツアー費
¥20,000
2回利用した場合
食事代
¥25,000
1日3食の場合
交通費
¥2,500
路線バスを利用した場合
買い物代
お土産代
合計
¥199,000

買い物代とお土産代は、空欄にしておきました。人により金額が異なるので、ご自身にあった予算を入れて計算してみてください。

また、Wi-Fiルーターや、海外旅行保険、オプショナルツアー費は必須ではないので、必要ないと思ったら利用しないのも1つの方法です。そうすると、その分だけ費用はお安くなります。

ホテル代や、航空券、食事代なども、時期や人によって金額が異なるので、一度ご自身で調べてみたり、予算を確認したりすることをおすすめします。

ハワイ旅行の費用を抑えるコツ7つ

電卓を持つ女性

ハワイ旅行では、どんなポイントに注意すれば、費用を抑えることができるのでしょうか。
ここからは、ハワイ旅行の費用を抑えるコツについて触れていきます。

宿泊費を見直す

まずは、宿泊費を見直してみましょう。
ハワイにはホテルはとてもたくさんあります。中には1泊6万円以上するところから、1泊1万円を切るところまである程です。

ハワイ旅行では、ほとんどの時間外出するので、ホテルにいる時間は意外に短いです。そのため、費用を抑えるには、ホテルのグレードをもう1ランク下げてみたり、「Airbnb」などの民泊サービスを利用したりすることで宿泊費を抑えることができます。
ご自身の予算・希望に沿って、プランを決めるようにしましょう。

パックツアーを利用する

パックツアーを予約するのも1つの手段です。パッケージツアーとは、ホテルや旅館などの宿泊施設への「宿泊」と、飛行機や鉄道、バスなどの「移動手段」がセットになっている旅行のことです。

パックツアーは現地での移動もバスが手配してあったり、航空券やホテルを個別に予約する必要がなかったりと、何かと楽なのがパックツアーの特徴です。

また、航空券やホテルなどを自分で個別に手配するよりも安い場合もあります。
特に、普段お忙しい方などは一度パックツアーの費用を確認してみることをおすすめします。

ハワイに行く時期を考える

航空券や宿泊費などは時期によって金額が大きく変化します。ゴールデンウィークや夏休み、年末年始などの大型連休は価格が高くなります。

ハワイの旅行費を抑えたいのであれば、ゴールデンウィーク後の5月の平日など、雨季でなく、かつ長期休みでない時期がおすすめです。この時期に行くと、費用を抑えられるだけでなく、混雑やお店の待ち時間を避けることもできます。

LCCを利用する

大手航空会社を利用するのと、LCC(格安航空会社)を利用するのとでは、かかる費用が大きく異なります。
この記事の途中で紹介したように、大手航空会社を利用した場合、往復の航空券に約10万円かかります。しかし、LCCを利用すると、安い時には4万円代で航空券を取れることがあります。
大手に比べ、半分以下の金額ではハワイに行けるのはLCCの大きなメリットです。

ただ、機内にいる時間の長さ、機内サービスなどは大手と比べると、見劣りしてしまいます。
大手航空会社とLCCのメリット・デメリットを把握した上で、ご自身の予算や、旅行プランに合った方を選ぶようにしましょう。

ハワイでの移動は「Uber」を利用する

ハワイでの移動は基本的には、路線バスかタクシー、またはレンタカーを利用します。

しかし、これと別に「Uber」を利用するという方法も存在します。
Uberとは、アメリカ発祥の配車アプリで、ハワイでも利用することができます。アプリ1つで車の手配ができ、支払いもクレジット決算といった特徴があります。

Uberを利用するメリットは、事前に金額を把握できること。タクシーの場合、行く場所や距離によっては「思ってたより高い…」とショックを受けてしまう可能性があります。
しかし、Uberでは事前に金額が表示されるため、そういったことは起こりません。
ただ、何かあった際は運転手さんと、おそらく英語でのコミュニケーションが必要になります。

マイル・ポイントを貯める

マイルとは、航空会社のポイントプログラムで貯まるポイントのことです。
飛行機に乗るたびにポイントが貯まり、一定のポイントが貯まったら特典とポイントを交換できます。
この特典の中には、航空券などもあるので、「現金を使わずマイルでハワイ旅行!」なんてこともできるわけです。

ただ、「そんなに頻繁に旅行に行くわけじゃないから、そんなにマイルたまらない…」と思う方は多いと思います。そういった方は、マイルが貯まるクレジットカードで日々の決済をするのがおすすめです。
飛行機に乗る以外にもマイルを貯める方法はあることを知っておくと、案外早くマイルが貯まります。

衝動買いを抑える

旅行に行くと、ついつい本来必要ではないものを買ってしまうことがよくあります。
ハワイは様々なお店があるため、なおさら衝動買いをしやすい環境と言えるでしょう。
衝動買い自体は楽しいことなのですが、費用を抑えたいのであれば、ここは節約したいところです。

おすすめしたい方法は、自分に買うものや、お土産、予算を事前に決めておく方法です。
買い物リストを事前に作っておくことで、自分が本来欲しいものが明確になり、衝動買いをせずに済みます。「なんでこれ買ったんだろう」とならないように注意が必要です。

ハワイ旅行に行く前に知っておくべき3つのこと

チップを渡す瞬間

最後に、ハワイに行く前に知っておくべきことを3点ご紹介します。

ハワイのチップについて知っておこう

日本では馴染みがないチップですが、ハワイではホテルやレストラン、タクシーなど、様々なシーンでチップを渡す習慣があります。

チップは感謝の気持ちを表すものであって、いくら払わなくてはいけないといった決まりはありません。しかし、ハワイでのチップの平均は、合計金額の15〜20%が相場となっています。これも場所や状況によって変化します。
また、チップは基本的には渡さないといけないことは知っておいた方がいでしょう。

他にも、クレジットカード決済の場合は、チップの金額を自分で記入する必要があることや、伝票にあらかじめチップ分の料金が上乗せされている場合は、チップを渡す必要がないことなど、様々なルールがありますので、ハワイに行く前に一度確認しておきましょう。

食費は多めに持っていこう

日本感覚で食費を考えていると、ハワイで足りなくなってしまうことがよくあります。
ハワイでは、先ほどご紹介したチップを渡す文化があったりと、何かと食事にお金がかかります。

お店で食事をしたけど、お金が足りずに払えないということがないように、食費は多めに持って行きましょう。また、クレジットカードがあると便利なので、クレジットカードは持参していった方がいいでしょう。

ハワイの物価は基本的に日本より高いことを知っておこう

ブランドものならハワイで買った方が安いとよく耳にしますよね。
確かにハワイで買った方が日本より安い場合もあります。
しかし、ほとんどは日本の物価よりハワイの物価の方が高く、生活にかかる費用も日本より高いです。これには、チップ文化や、離島なので輸送費がかかってしまうことなどが原因となっています。

ハワイ旅行をする際には、物価の高さを考慮しつつ、予算配分をしましょう。また、事前に日本よりハワイで買った方が安いものを調べておくことも重要です。

まとめ

今回は、ハワイ旅行の費用についてまとめました。
初めてのハワイ旅行を考えている方は、ぜひこの記事を参考にしてみてくださいね。
「ハワイ旅行は高いから」と諦めている方も、実はそんなにお金がかからなかったり、節約できたりするので、夢のハワイ旅行にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

また、LaniLaniではハワイに関する様々な情報をご紹介しているので、もしよろしければ他の記事もご覧ください。





関連する記事