話題のUber(ウーバー)を、お得に便利に使う方法

話題のUber(ウーバー)を、お得に便利に使う方法

ハワイでの移動手段としてスタンダードになりつつあるUber(ウーバー)
今回はこの新しい移動手段をより上手に利用する方法をお話しします。

あらためてUberとは

Uberとは一般ドライバーが自家用車を使ってお客を運ぶ、タクシーに似た配車サービスのことです。
スマートフォンなどに専用のアプリをダウンロードし、登録することで利用が可能になります。
アプリから配車を予約できるのでタクシーのように電話をする必要がなく、乗る場所と降りる場所をアプリから指定できるため、乗車してもドライバーと会話を交わす必要が無いので、英語が苦手な人でも目的地まで楽に行けます。

また、料金やチップの支払いも、あらかじめアプリにクレジットカードを登録し、利用した時に直接ドライバーに運賃を支払う必要が無く、チップも支払うかどうかやその金額を後から決められるため煩わしさがありません。
利用料金もタクシーと比較してかなり安いのも特徴で、乗車人数に合わせて車の大きさを選べるのも便利なため、タクシーに変わる新しい移動手段として注目されています。

ひと工夫でもっと便利にUberを使う

Uberを予約する時には利用客が現在地と目的地をアプリから登録します。
最初にお話ししたようにUberに使用している車は一般車です。

配車をオーダーすると迎えに来るドライバーの顔写真と共に、車種や車の色、ナンバーなどが表示されますが、タクシーのように一目見てこの車だとは解りません。
そのためUberが近くに来ているのに、配車を希望した客とUberがなかなか会えないこともあるようです。
これは待ち合わせ場所をひと工夫するだけで避けれます。
ハワイ、特にワイキキ周辺は一方通行が多く、自分がレンタカーをドライブすると不便に感じることもありますが、この一方通行の道を上手に使いましょう。
さらになるべく細い道を選べば予約した客とUberが楽に会え、スムーズに乗車できるようになります。
どうしても広い道で待ち合わせしなくてはならないなら、店などピンポイントで解る場所を指定するとよいでしょう。
 

こんな使い方もできるUber

ここまで便利で格安なUberですから、空港からの行き帰りに使えないかと考える人も多いのではないかと思います。
少し前までハワイ州が許可していなかったため、ダニエルKイノウエ空港(以前のホノルル国際空港)からのUber利用はできませんでした。

しかし2017年12月1日から3ヶ月間の試験プログラムとして空港内の指定された2カ所からUberの乗車が可能になり、2018年3月には期間がさらに延長され、継続的な利用も検討されています。
Uber専用の乗車場所は空港の両端にあり、スーツケースを引っ張って10分ほど歩かなくてはならないものの、空港からの移動がこれまでに比べ割安になるのは嬉しいことですね。

安いコストで移動できるUber。
利用する側のほんのひと工夫でさらに便利に利用できるようになります。
また、ダニエルKイノウエ空港からの利用は継続的になるのか、今後の展開に注目ですね。

K@z
著者:K@z
LaniLaniでまとめ記事の執筆を担当しているフリーランス・ライターです。
毎年ハワイに渡るようになって、もう少しで10年目。
これまでの旅の経験や、まとめ記事では書けなかったこと。
ワークショップやカルチャーセンターで習ったウクレレやラウハラ編み、
ハワイアンキルトなどに関することも発信出来ればと考えています。
ハワイの画像のみをアップしているInstagramも更新中。

関連する記事