ハーレーでハワイをツーリング♪

ハーレーでハワイをツーリング♪

オートバイの免許を持っている方なら、ロコがハーレーで走るのを見てうらやましく思ったことはないでしょうか。
今回はアメリカが誇るハーレーを中型免許でレンタルでき、ツーリングも楽しめるハワイのオートバイ事情をご案内します。

ハワイでは日本の中型免許でハーレーに乗れる

ハワイでは、レンタカーと同じように日本の免許証でオートバイを借りて運転できます。(パスポートの同時携帯は必要)。

しかも日本では、中型免許証で400㏄以下のオートバイまでしか運転できないですが、ハワイではアメリカが誇るあの「ハーレー・ダビッドソン」の運転が楽しめます。

とはいえ中型免許で借りられるハーレーのうち「ヘリテイジソフテイル」という車種は、車重300㎏を超える大きさ(重さ)です。
中型免許所持者で大きくて重いオートバイに乗ったことがなければ、ショップで相談して「XL1200X・フォーティーエイト」や「XL883N・スポーツスターアイアン」などの扱いやすい車種にした方が、安心してハーレーを楽しめます。

レンタルオートバイなら「チェイス ハワイ・レンタルズ」で決まり

ハワイでオートバイをレンタルするのなら、10年以上の実績と信頼を持つチェイス・ハワイ・レンタルズがおすすめです。
ワイキキに宿泊していれば歩いて行け、日本語で手続きすることも可能です。

また借りられるオートバイも「ハーレー・ダビッドソン」をはじめ「インディアン」や「トライアンフ」などの最新型ばかり!
オートバイが好きな僕もどれにしようか迷ってしまいます。
スタッフはオートバイに関する知識だけでなく、おすすめのコースや峠道などもよく知っていて案内してくれるので、色々と聞いた方がレンタル・オートバイを楽しめますよ。

ハワイ流で楽しめるが、注意点も!

ハワイではハーフパンツでオートバイに乗っているロコも見かけたりしますが、おすすめしません。
大型のオートバイはエンジンの熱量が多く、ハーフパンツのほうが逆に暑いですし、エンジンやマフラー(排気管)で膝やふくらはぎの辺りをやけどすることもあるからです。

パットが入った革のパンツとはいいませんが、フルレングスのジーンズならハーレーにも雰囲気が合うでしょう。

ヘルメットは安全のためだけでなく、ハワイでありがちな突然の雨に便利です。
紹介した「チェイス・ハワイ・レンタルズ」で無料レンタルできるのでぜひ利用するようにしましょう。

道が解らなくなった時、スマホはマストです。
できればフル充電したモバイルバッテリーと共にウエストバッグに入れていけば、困る事は無いでしょう。

せっかくのハワイでのハーレーですから、のんびりと他の車の流れに合わせて運転しましょう。
気持ちいいからと車の間を縫って走らないように、マナーを守ってハワイでライディングを楽しみましょう。

温暖な気候で自由な雰囲気のハワイには、ハーレーやインディアンなどのオートバイが似合います。
女性が楽しめる車種もあるので、オートバイが好きな方はハワイの海岸線をハーレーでツーリングしてみてはいかがでしょう。

チェイス ハワイ レンタル/Chase Hawaii Rentals アクセス+店舗情報

チェイス ハワイ レンタル/Chase Hawaii Rentals

住所:
355 Royal Hawaiian Ave.Honolulu
電話番号:
808-942-4273
営業時間:
8:00~18:00
定休日:
無休
URL:
http://www.chasehawaii.com/
K@z
著者:K@z
LaniLaniでまとめ記事の執筆を担当しているフリーランス・ライターです。
毎年ハワイに渡るようになって、もう少しで10年目。
これまでの旅の経験や、まとめ記事では書けなかったこと。
ワークショップやカルチャーセンターで習ったウクレレやラウハラ編み、
ハワイアンキルトなどに関することも発信出来ればと考えています。
ハワイの画像のみをアップしているInstagramも更新中。

関連する記事