本場ハワイで一度は食べたい!ガーリックシュリンプがおいしい店5選

本場ハワイで一度は食べたい!ガーリックシュリンプがおいしい店5選

今や日本でも大人気のガーリックシュリンプ。
大ぶりのカフクシュリンプをたっぷりのバターとガーリックで炒めた、エビ好きにはたまらないハワイ料理だ。
ガーリックシュリンプ発祥の地といわれているカフクからワイキキまで、本場ハワイのおいしいガーリックシュリンプ店をご紹介。
実はこのガーリックシュリンプは、フードトラックで販売を始めたのが始まりという。
その名残もあり、今でもフードトラックで販売するスタイルがスタンダードのようで、様々な場所で移動販売が行われている。
今回はその中でも、人気ゆえにいつも同じ場所で販売しているガーリックシュリンプトラックと、落ち着いてゆっくり食べることができるレストラン5店を厳選。
エビ好き、ガーリック好き、ハワイ好きのみなさん、要チェック!

 

Champion’s Steak&Seafood/チャンピオンズ・ステーキ&シーフード

オアフ島・ワイキキ最大のショッピングモール「ロイヤル・ハワイアン・センター」B館2階のフードコートにある、その名の通りステーキとシーフードのプレートランチ店。
日本で長年腕を振るっていたシェフによるボリューム満点のプレートランチが人気で、ロコにもリピーターが多いのだとか。
どちらかというとステーキがメインの「チャンピオンズ・ステーキ&シーフード」だが実はガーリックシュリンプも大人気。
こちらのガーリックシュリンプは、味はもちろんのこと、なんと言っても殻が無いので手を汚さずに食べることが出来るのだ。
豪快に手で殻を剥いて食べるのが主流ともいえるガーリックシュリンプだが、手が汚れないというのは単純にうれしい。

 

プレートは基本的にボリューミーなのだが、ハーフサイズもあるので女性でも気軽に注文することができる。
さらに、好きなおかずを2種類選ぶコンボプレートもあるので、友達とわいわいシェアするも良し、お腹を空かせて一人でガッツリ食べるも良し。ぜひ挑戦していただきたいメニューだ。


Champion’s Steak&Seafood/チャンピオンズ・ステーキ&シーフード

住所: 2201 Kalakaua Ave.
電話番号: 808-921-0011
営業時間: 10:00~22:00
定休日: 無休


Blue Water Shrimp&Seafood/ブルーウォーター・シュリンプ&シーフード

オアフ島・ノースショアが発祥の「ブルーウォーター・シュリンプ&シーフード」が、ホノルルのアラモアナセンター内、ワイキキのヒルトンハワイアンビレッジ内に出店している。
ガーリックシュリンプが名物で、日本にも出店していたこともある「ブルーウォーター・シュリンプ&シーフード」はブルーのペイントが爽やかなワゴンが目印で、周りにはバターとガーリックの良い香りが充満しているのですぐに見つけられそうだ。

メニューは30種類以上あるのだが、ガーリックシュリンプはマイルド、ミディアム、スパイシーの3種類から、ライスは白米と玄米の2種類から選ぶことができる。
ランチプレートは、基本的にはガーリックシュリンプ以外にサイドとしてガーリックブレッド、サラダ、とうもろこし、1スクープのライスが乗っているが、実はこのサイド、自由にカスタムすることが可能。
ガーリックブレッドよりサラダを食べたい人はサラダをダブルに、サラダよりライスを食べたい人はライスをダブルに、と自分流にカスタムできるのはうれしいサービスだろう。
たくさんのメニューの中から選ぶのを迷ったら、まずはノーマルなガーリックシュリンプを注文し、そこからカスタムしていくのも楽しいかもしれない。ちなみに、こちらは日本語のメニューも用意してくれるので英語が苦手な人も安心して利用していただきたい。


Blue Water Shrimp&Seafood/ブルーウォーター・シュリンプ&シーフード アラモアナセンター店

住所: 1450 Ala Moana Blvd, Honolulu, HI 96814
電話番号: (808) 946-4759
営業時間: 9:30~21:00(日曜~19:00)
定休日: 無休

Blue Water Shrimp&Seafood/ブルーウォーター・シュリンプ&シーフード ヒルトン・ハワイアンビレッジ店

住所: 2005 Kalia Rd,
電話番号: (808) 955-5400
営業時間: 10:00~22:00
定休日: 無休


Giovannis Original White Shrimp Truck/ジョバンニーズ・オリジナル・ホワイトシュリンプ・トラック

日本にも多数店舗を持つ、ガーリックシュリンプ発祥の店「ジョバンニーズ・オリジナル・ホワイトシュリンプ・トラック」。
こちらもワイキキからは少し離れているがハレイワに来たら一度は食べたいガーリックシュリンプの名店だ。
メニューはシュリンプ・スキャンピ、レモン・バター、ホット&スパイシーの3種類のみ。


シュリンプに自信があるからメニューはいたってシンプルだが、注意してほしいのがホット&スパイシー。
説明に“Very hot” “No refunds”と書いてある。“とても辛いけど食べられなくても返品は受け付けませんよ”という意味だが、辛いのが得意な人でも実際に食べてみると本当に辛いのだという。辛いのが苦手な人や初めて食べる人はオリジナルのシュリンプ・スキャンピをおすすめしたい。
辛党の人は一度挑戦してみるのもいいかも…?

Giovannis Original White Shrimp Truck/ジョバンニーズ・オリジナル・ホワイトシュリンプ・トラック

大ぶりのエビにガーリックをまぶして殻ごと揚げてあり、ガーリック・オイルがタップリかかった2スクープのライスのみという、いたってシンプルなプレート。それでも日々行列が絶えないのは、本当においしいのだ。ハレイワに行ったら大人気店の味を堪能しよう。


Giovannis Original White Shrimp Truck/ジョバンニーズ・オリジナル・ホワイトシュリンプ・トラック

住所: 66-472 kamehameha hwy, haleiwa
電話番号: 808-293-1839
営業時間: 10:30-17:00


 

Goofy Cafe & Dine/グーフィー・カフェ&ダイン

「グーフィー・カフェ&ダイン」は、オアフ島ホノルルのヒルトンハワイアンビレッジ近く、アラモアナ通りに面しているカジュアルレストラン。
「イート・ローカル」がテーマで、ハワイ産の新鮮なオーガニック食材を使ったカラフルでヘルシーなメニューが料理がロコにも人気だ。

Goofy Cafe & Dine/グーフィー・カフェ&ダイン

定番のロコモコやアサイーボウル、エッグベネティクトから、マヒマヒ(ハワイの高級魚シイラ)のグリルや紫芋のコブサラダなどのハワイらしい料理も堪能できる。
中でもこの「グーフィー・カフェ&ダイン」のガーリックシュリンプは、一般的なバターとガーリックたっぷりのものとは違い、カフクシュリンプにガーリックと薄い衣をまぶして揚げたものなのだとか。ガーリックも強くなく頭も付いているという少し珍しいタイプで、エビのおいしさを余すことなく堪能できる一品。
そんなガーリックシュリンプと一緒に、サラダ、グリルしたとうもろこし、2スクープのライスが乗った「カフク・ガーリックシュリンプ・プレート」がおすすめ!
彩りが良いのでフォトジェニックな一枚を狙う人にも◎。

 


GOOFY CAFE & DINE/グーフィー・カフェ&ダイン

住所: 1831 Ala Moana Blvd.,
電話番号: 808-943-0077
営業時間: 7:00~23:00
定休日: 無休


Five Star Shrimp/ファイブスター・シュリンプ

「ファイブ スター シュリンプ」は、ホノルル・ワイキキビーチウォークの高橋果物店隣にある、フードトラックが集結した屋台村「パウ・ハナ・マーケット」内に出店するガーリックシュリンプの専門店。
味付けはガーリック、レモンバター、スパイシー、カクテルの4種類で、スパイシーは3段階の辛さからセレクトできる。

Five Star Shrimp/ファイブスター・シュリンプ
辛いのが好きな人はレベル3に挑戦してみても良いかもしれない。メニューは全部で6種類。その中でも、好きなガーリックシュリンプ、グリーンサラダやマカロニサラダ、1スクープのライスが乗った「ガーリックシュリンププレート」が人気。
さらに、シェフ自慢のステーキがたっぷりと味わえる「ステーキプレート」も販売。
なにより、そんなステーキとガーリックシュリンプが一度に楽しめる「ステーキ&シュリンプ・コンボ」は、欲張りさんに是非おすすめしたい。

Five Star Shrimp/ファイブスター・シュリンプ


Five Star Shrimp/ファイブスター・シュリンプ

住所: 234 Beach Walk Honolulu, (Pau Hana Market内)
電話番号: 808-286-8900
営業時間: 11:00~22:00
定休日: 無休


 

さて、行ってみたいガーリックシュリンプ店は見つかっただろうか?
ひとくちにガーリックシュリンプと言ってもお店ごとにそれぞれ味が違うので、ハワイに行ったらここ!というお気に入りを見つけるのも楽しいかもしれない。