【初心者向け】ハワイでのチップ常識を徹底解説!

【初心者向け】ハワイでのチップ常識を徹底解説!

ハワイに限らず、海外のレストランやホテルなどではチップを支払う必要がある場面が多くあります。

ただし、日本ではチップを支払うことに親しみが少なく、どのタイミングで支払えばいいか分からなくなりますよね。
今回は、初めてのハワイでも安心できるチップの常識について解説していきます。

そもそもチップとは?

チップ

日本にはチップの習慣がないためはじめは戸惑うが、ハワイでは支払うのが当たり前のもの。

日本でレストランに行くとき、複数名で対応してくださることが多くあるのではないでしょうか。

実はハワイのレストランなどでは、テーブルごとに担当が決まっており、チップが担当される方の重要な収入源といっても過言ではありません。

ただし、チップを支払う分、細かい注文に応えてくれることが多くあります。
たとえば、料理の味付け(塩を少なめに、など)や水に氷を入れないで欲しいなど、要望があるときには遠慮なく伝えることができるのです。

担当される方も出来る限りのサービスを提供したいところなので、チップは気持ちよく支払いましょう。

ハワイのこんなところは要注意!

tips or no

ハワイの多くの場面ではチップを支払う必要はありますが、すべてにおいて支払う必要があるというわけではありません!

セルフサービスのファストフードやフードコートではチップは不要です。
また、お店によっては、会計時すでにチップ(サービス料)が加算されている場合もあるため、レシートを確認して二重払いに注意しましょう。

レシートに「gratuity」や「service charge」と記されているのがそれに当たります。渡したあとで二重払いに気付いて返してもらおうとしてもトラブルの元になるので、くれぐれも事前に確認してくださいね。

【シチュエーション別】チップの目安

チップを支払う必要があると分かっていても、具体的にいくら支払えばいいか分からなくなりますよね。
そんな方のために、シチュエーション別のチップの目安をご紹介していきます。

ホテル

荷物を運んでもらう場合で$1。1つ頼みごとを依頼する場合は$1~、
ベッドメイキング(1ベットにつき):$1、ルームサービス:飲食代金の15%

※ベッドメイクのチップは、部屋を出る際にベッドサイドや枕などに置いておくだけでよい。

レストラン&バー

カジュアルなお店なら飲食代金の15~20%(あらかじめ加算されたサービス料があれば不要)、高級店なら20~25%

タクシー

料金の15%

スパ&ネイルサロン

料金の15~20%

オプショナルツアー

ツアー料金の10~15%

今回はハワイでのチップ事情と、ハワイの具体的にどの場面で支払えばいいかについて徹底解説しました。

ハワイのチップ事情に馴染みのない方は、次回のハワイ旅行までに把握しておいたり、この記事をお気に入りに入れてみるのもおすすめです。
ぜひご参考にしてくださいね。

関連する記事