ハワイでの電話の使い方

ハワイでの電話の使い方

ハワイではインターネットが使えれば困ることは少ないだろう。しかし、電話を使う場面というのも実は少なくない。レストランを予約したり、ホテルに問い合わせたりと、電話でコミュニケーションを取る場面は意外とあるのだ。

今回はハワイで電話を利用する方法、日本からハワイへの通話、ハワイから日本への通話について解説する。

ハワイ内での通話について

通信料

ハワイでの通信料は、使用する携帯のキャリアにもよるが、1分あたり140円前後だ。ハワイ内の携帯を利用すれば多少は安く抑えられる。

公衆電話

ホテルやレストランに問い合わせるだけなら、公衆電話が割安だ。オアフ島内であれば、50¢で通話は時間制限無く話すことができる。

基本的には日本の公衆電話と使い方は同様だが、オアフ島から離島やアメリカ本土にかける場合は多少手順が異なる。相手の番号をプッシュした後に必要な金額が音声で流れるため、それからお金を投入することになる。

着信にも注意

ハワイでは電話をかけた場合だけではなく、電話を着信した際にも料金が発生する。場合によっては着信に応答しなくても、一定時間呼び出しを受けた場合にも着信料がかかることもある。そのため、通話が必要でないときには、国際ローミングが使用できないように「機内モード」にしておいたほうが良い。

 

日本との通話について

ハワイから日本への通話方法

011(国際電話番号)をプッシュ

81(日本の国番号)をプッシュ

相手の電話番号(市外局番からの固定電話番号や携帯番号)から頭の「0」を除いてプッシュ

 

日本からハワイへの通話方法

日本からハワイにかける場合はまず識別番号をプッシュするのだが、各携帯会社によって異なる。

KDDI →001
ソフトバンクテレコム →0061
NTTコミュニケーションズ →0033

上記の識別番号をプッシュした後に、

010(国際電話認識番号)

1(アメリカの国番号)

808(ハワイのエリアコード)

相手の電話番号

の順番だ。

LINEの通話

インターネット環境は必要だが、LINE通話も便利だ。日本かハワイかは関係なく、いつもと同じ手順でアプリから通話することができるからだ。友人同士など、LINE交換をした相手であれば問題なく通話することができるだろう。

LINE通話をする際はインターネット環境は必須。
ハワイでのインターネット通信の確保方法は ハワイのスマホ・インターネット事情から確認できる