ハワイで怪我しちゃった!海外旅行保険に助けられた話

ハワイで怪我しちゃった!海外旅行保険に助けられた話

こんにちは。ナビちゃおハワイのmimiです。

今日は海外旅行保険の話。

実際にハワイで怪我をした私の体験談も交えます。

海外で治療すると高額医療費請求が!

海外に行く時、海外旅行保険に入っていますか?

今まで入っていなくても、海外での事件や事故のニュースを見聞きし、保険に入るようになったという方もいらっしゃるかもしれませんね。

ハワイで起こったニュースはあまり日本では報道されませんが、2年前の2018/5にオアフ島のカカアコエリア散策中に事件に巻き込まれたファミリーのニュースは、色々なメディアに取り上げられたので目にした方も多い事でしょう。

事件詳細は下記をクリックしてご覧ください。

カカアコのウォルアート散策中に公園のトイレを利用した日本人観光客が襲われ重体!

暴行を受けた日本人夫婦に請求された医療費は、約50,000ドル(約550万円)だったとか。

アメリカは医療費が高いことで有名ですが、普段の日本にいる感覚に慣れているととんでもない額の請求がきてビックリするかもしれません。

海外旅行保険は現地で病院にいかないと適用外?

海外旅行保険でどれを選んだらいいのかは色々なサイトなどで紹介されているので、今日は違った角度から。

実は、私、数年前のハワイ旅行中に怪我したんです。

下記のエタニティビーチで岩の上を歩いていて滑って転び、手をついた途端に手首に激痛が!

帰国日に近かったため病院へ駈け込まずに帰国しましたが、ヒビが入ってました。

海外旅行中にでケガしても「現地で怪我をして治療した」という証明書がないと、帰国後の通院費も出ないと思いこんでいました。

加入した保険に電話してみると、なんと!「海外旅行先で怪我をした場合、現地の病院で治療を受けていなくても、帰国後の通院費用もでます」とのこと。

もちろん、海外で怪我をしたという証明もいらないということでした。

私の場合、全治2か月ほどだったので、もし保険に入っていなかったら相当な出費になっていたことでしょう。

もちろん加入した保険によって差があると思いますので、そういう点も考慮して選ぶといいかもしれません。

どんな費用がでるの?

 

どこまで保険でカバーできるかって心配ですよね。

私が加入した保険は、全てカバーできました。

  1. *治療にかかった実費全額
  2. *診断書作成費

私は使いませんでしたが、必要な場合は下記もでるとのこと。

  1. *病院へ通うためのタクシー代(歩行に支障がある場合で自力で行くのが困難な場合)

保険を選ぶ場合、どうしても保険料に注目してしまいますが、補償内容をしっかり比較して検討することが大切かもしれません。

携行品損害の対応は保険会社によって異なる

 

携行品損害は、現地の警察の事故証明書が必要な保険会社と、特に現地の証明は必要なく、日本の警察に届出をすれば請求可能な保険会社もあります。

特に携行品損害はルールも細かいので、事前によく調べて把握しておくことが重要です。

 

保険に対する皆さんの考え方

先日ちょっとしたアンケートをやってみました。

多くの方が「クレジットカード付帯の保険」で賄っているようです。

次いで「クレジットカード付帯保険+追加で別途申し込む」という方法も人気。

ありゃあ!

入らないって方が3%

クレジットカード付帯保険の条件変更にご注意を

上記のアンケート結果のようにクレジットカードに付帯している海外旅行保険を使う方も多いこの頃。

ゴールドカードやプラチナカードなどですと補償も手厚いですが、一般カードの補償は無いに等しい場合が多々あります。

その他、条件を満たさないと使えないものもありますのでご注意を。

つい先日、楽天カードの「海外旅行傷害保険の利用条件」が変更になりました(ここをクリック

このように変更もあるので「いつものように」ではなく、旅行前に自分のクレジットカードの海外旅行保険について再度確認することをお勧めします。

海外旅行保険の保険料は安心料。

「使わずに済んだね」が一番なのかもしれません。

安全で楽しいご旅行を!

「ナビちゃおハワイ」編集長mimi
著者:「ナビちゃおハワイ」編集長mimi


ハワイ情報サイト「ナビちゃおハワイ」を運営。
ストリートビューでのハワイ散歩が趣味で、毎日妄想ハワイ旅行をしては次回のプランを練っています。 滞在中は、バスやレンタサイクルを駆使してB級グルメを堪能。 旅行者目線ならではのハワイをお届けします。

ナビちゃおハワイ / 編集長mimi個人ブログ

関連する記事