クレジットカードは必須アイテム

クレジットカードは必須アイテム

 クレジットカードは、買い物やレストランでの支払いで使えるだけでなく、身分証明書の代わりにもなるため、今や旅行の必須アイテム。

日本と比べればどの国でもスリや強盗への対策は必要だが、ハワイでも例外ではなく、多額の現金を持ち歩くのは危険な行為。特に旅行客は狙われやすいので、万が一盗難に遭っても支払いをストップするなどの対応ができるクレジットカードは安心だ。

盗難に遭ったり紛失した際は、カード会社の緊急コールに速やかに連絡し、カードの使用を止める手続きをしよう。

また、ハワイではホテルのチェックインやレンタカーを借りる際にデポジット(保証金)が必要となるが、これをクレジットカードで支払うことを求められることが多い。現金での支払いが可能な場合もあるが、事前に確認しておくことが必要なことと、高額になるため持ち運びのリスクが高く、なるべく避けたい手段だ。

クレジットカードは通常の支払いだけでなく、現金が足りなくなったときには現地のCDATMでキャッシングも利用できる。海外旅行保険なども付帯しているカードもあるので、いざというときには心強い存在だ。

クレジットカードを持つメリットは多く、買い物によってポイントがつくほか、カード会社によってさまざまな特典も用意されている。

たとえばJCBではカード利用者向けの特典が豊富で、ワイキキとアラモアナを結ぶ「ワイキキ・トロリー」のピンクラインに無料で乗車できる。そのほかにもレストランやオプショナルツアーの予約が日本語で、しかも無料でできたり、さまざまなショップやレストランで割引やプレゼントなどの優待も充実しているので、ハワイに旅行するならぜひ持って行きたいところだ。