ハワイ旅行に出かける前にしておきべき下準備

ハワイ旅行に出かける前にしておきべき下準備

ハワイリピーターなら当たり前の旅の準備も、初めての人には解らないことも多くて不安もありますよね。そこで今回は、初めてのハワイ旅行でどのような準備をしたらよいのかご案内します。

 「上陸する」の下準備

まずパスポートの有効期限は必ず確認しましょう。入国日にパスポート期限が90日以上あることが必要で、コピーをとっておくのも忘れずに。またESTAは取得してもパスポートのように証明書などが発行されるわけではないので、期限が切れていても再取得を忘れがち。空港へ行ってから飛行機に乗れないこともあるので注意しましょう。ESTAが取得できたら必ず印刷しておき、パスポートと一緒に保管しておけばいつでも確認でき、期限切れも防ぐことができます。また、在ホノルル日本国総領事館のWebサイトには、危険な場所や渡航の際の注意点などの最新情報が載っているのでチェックしましょう。

初めてハワイ旅行に行く人にとって、アメリカのお金、特にコインは非常に解りづらいです。事前に調べて、コインの写真をスマートフォンなどにダウンロードしておくと、いつでも確認できて便利です。円からドルへの両替はホノルルなら現地でできますが、他島を訪れる場合は日本の銀行か出発する空港で両替することを忘れずに。クレジットカードは、JCBならワイキキ・トロリーのピンクラインを無料利用できたり、ショッピングや入場料が割引になったりするので、行くまでに期間的な余裕があればカードを作る申し込みをするのもよいでしょう。

「食べる」の下準備

ハワイ滞在中の食事をいつどこで食べるのか、ざっくりとでもよいですから決めておくことをおすすめします。このとき、行ってみたら閉店していたということがハワイでは良くあるので、目的の店の周りにあるほかの候補店を調べておくといいですよ。

行くまでに決まらなかったら、Lani Laniアプリ(iPhoneのみ)やYelpのスマートフォンアプリをダウンロードしておけば、現地でいつでも店が検索できます。レストランに予約を入れるならレストラン予約アプリ「Open Table」も便利。このアプリはネット経由でレストランの予約ができ、電話で、しかも英語で予約する必要がないので、英語に不安のある人にとってはお助けアプリとなるでしょう。

「遊ぶ」の下準備

旅行中に参加するアクティビティの情報を集めます。同じ名前のアクティビティでも催行している会社やグレードによって価格が異なりますので詳しく調べましょう。

例えば、パラセールでは場所によって催行会社も違いますし、体験するパラセールのグレード(高度)によっても価格が変わります。自分にぴったりのアクティビティを探すために、口コミやアクティビティに参加した人のブログなどを数多くチェックするとよいでしょう。せっかくのハワイ旅行ですから、あまり妥協せず参加したいアクティビティに申し込む方が後悔することが少ないですよ。

こうして参加するアクティビティを決めたら催行会社に直接申し込むのか、旅行代理店かオプショナルツアー専門サイトから申し込むのかなども確認し、必要なら予約をします。送迎の有無とともに、送迎料金が含まれているのか別料金なのかなどのチェックも忘れずに。旅行を申し込んだ旅行代理店なら安心感は高いですが、割高な場合もあるので、他社のプラント比較してから決めるのがベストです。

オプショナルツアー専門サイトなら多くの人が利用している「ベルトラ」や「トラベルドンキー」などが安心できます。ベルトラは専用アプリも用意されており、ダウンロードしておけば参加時に提示するバウチャーも、スマートフォンで提示できて便利です。 

「移動する」の下準備

ハワイに行ったら目的地への移動にどのような手段があるか調べておきましょう。多くの人が利用するのが「トロリー」と呼ばれる循環バス。各旅行会社が運行するLea LeaトロリーやOLI OLIウォーカー・トロリーなどは、該当する旅行会社でツアーに申し込めば無料で利用できることがほとんどですので、ツアー申し込みの時に確認しましょう。

またこれとは別に公共交通として「ワイキキ・トロリー」も運行しており、こちらは乗車券を購入しなければ利用できません。日本のバスと同じような「ザ・バス(THE BUS)」と呼ばれる移動手段もあり、利用予定があればあらかじめ路線や停留所などを調べておきます。

「ダ・バス(Da Bus)」アプリをダウンロードすることで、時刻表やルートだけでなく、現地では今いる停留所にいつバスが来るのかなども分かるので便利です。

タクシー移動の予定があるのなら、タクシーより安く利用できる配車システムの「ウーバー(Uber)」や「リフト(Ltft)」を使うことも検討してみてください。利用には専用のアプリをダウンロードし、クレジットカード情報を登録しておけばキャッシュレスで利用できます。アプリ上から行き先も指定できるので、英語でドライバーに目的地を説明する必要もありません。

レンタカーを利用する場合には国際免許証の用意をお勧めします。基本的にハワイでは運転免許証とパスポートがあれば運転できますが、このことを認識していない警察官に無免許運転として捕まるケースがあることから、在ホノルル日本国総領事館でも国際免許証もあわせて携帯することを推奨しています。予約なしでレンタカー店を訪れると「車がない」と貸し出し拒否されることもあるので、予約も忘れずに済ませておきましょう。

「通信」の下準備

国内で使っているスマートフォンをそのままハワイで利用するときには、料金体系や設定方法などを確認し、海外でお得なプランがあるのなら、あらかじめ契約しておきましょう。

現地でレンタルWi-Fiを利用するなら、レンタルサービスを調べて、借りる予約を入れましょう。当日のレンタル申し込みは、繁忙期などは機器が不足しがちのため、借りられないことがあります。

プリペイドSIMを利用するときには利用予定のスマートフォンがハワイの通信(電波)に対応しているかを確認します。ハワイで購入するのならショップの確認を、ネットショップで購入するのなら早めに手に入れ、利用方法もチェックしておきましょう。

ハワイ旅行の時にあらかじめ準備しておくとよい事柄を紹介しました。慣れてしまえば何でもないことも、初めてだと時間がかかってしまうこともあるので、早めに準備を始めてハワイ旅行を楽しんでくださいね。