ハワイの電圧とコンセントやプラグの形状

ハワイの電圧とコンセントやプラグの形状

海外に訪れる際、コンセントの形状や電圧は国によって異なり、日本の電化製品をそのまま使うためには、ほとんどの場合「変換アダプター」と「変圧器」が必要になります。

そこで、ハワイ旅行の際にはどのような準備が必要になるかご紹介します。

そもそも「変換アダプター」と「変圧器」ってなに?

みなさんは、そもそも変換アダプターや変圧器がどのようなものかご存じですか?
簡単にご説明します。

変換アダプター

変換アダプター

電圧と同じく、コンセント(差込口)の形状も国によって異なります。

日本のコンセントはAタイプですが、世界には主に8つの種類のコンセントが存在するため、変換アダプターを使って差し込める形状にプラグを変換する必要があります。

国によって形状が異なるため、しっかりチェックしてから購入しましょう。

変圧器

変圧器

日本の電圧は100Vのため、電化製品は100Vに対応するよう作られています。

しかし、海外は日本と電圧が異なる場合が多く、その電圧に対応していないにも関わらず使用してしまうと、故障や発火を引き起こす可能性があります。

そのような場合に変圧器を使用することで電圧を調整することができ、日本の電化製品を使うことができます。

ハワイのコンセント

ハワイ_コンセント

ハワイのコンセントの形状は日本と同じく、平行な2本のプラグが入るAタイプのため、日本のプラグをそのまま使用することができます。

片方が幅広タイプになっているものや、アース付きで穴が3つものもありますが、そのような場合でも日本のプラグを差し込むことが可能です。

そのため、ハワイ旅行の際には変換プラグは必要ありません。

ハワイの電圧

電圧器

日本の電圧は100Vですがハワイの電圧は110/120Vのため、日本とハワイでは電圧が異なります。

日本の電化製品をそのまま利用することはできますが、長時間利用すると故障や破損する可能性があるため、変圧器を利用することをおすすめします。

特にドライヤーやアイロンなどの熱を待つ製品は注意が必要です。

変圧器が必要ない電化製品

スマートフォン

製品によって異なりますが、普段使っているスマートフォンは基本どの製品も変圧器は必要ありません。

apple社の製品は100~240Vまで対応してるため、ハワイでも変圧器なしで使うことができます。

また、ノートパソコンやデジタルカメラも、一般的には世界中の電圧に対応することができるよう、100~240Vに対応できるようになっていて、ハワイで問題なく利用することが可能です。

もちろん例外もありますので、しっかり確認するようにしてくださいね。

注意が必要なUSB充電器

USBポート

前述の通りデジカメやスマホの充電器は問題なく使用することができるものが多いですが、注意が必要なのが「電子機器付属ではないUSB充電器」です。

限られたコンセント差込口から、複数のUSB充電ポートに変換することができるため便利で、この機器を使う人が最近では非常に多いかと思います。

しかし、こういった日本製の別売の充電器アクセサリーのなかには、100Vにしか対応していないものもあるため注意が必要です。

 

せっかくのハワイ旅行を楽しむためにも、事前の準備はとても重要です。
しっかり必要なものを把握して用意し、心置きなくハワイを満喫してくださいね。