ハワイの電圧とプラグ

ハワイの電圧とプラグ

海外に訪れる際、それぞれの国で電話津やコンセントの形状は異なる。日本の電化製品をそのまま使うためには、ほとんどの場合「変圧器」と「変換アダプタ」が必要だ。しかしハワイでは日本に近い環境のためその限りではない。

ハワイの電圧

ハワイの電圧は110/120Vで、日本は100Vのため異なる。日本の電化製品はそのまま利用することはできるが、長時間利用すると故障や破損する可能性があるため、変圧器を利用するべきだろう。

特にドライヤーやアイロンなどの熱を待つ製品は注意が必要で、変圧器を使うことをおススメする。

ただ、コンセントの形状は日本と同じAタイプ。電圧だけ気にしていれば、そのまま同じコンセントプラグを利用できるはずだ。

変圧器が必要ない電化製品

普段使っているスマートフォンは製品によって異なるが、基本どの製品も変圧器は必要ない。iPhone100240Vまで対応してるため、ハワイでも変圧器なしで使うことができる。

また、ノートパソコンやデジタルカメラも一般的にはiPhone同様、世界中の電圧に対応することができるよう、100240V対応になっていて、ハワイで問題なく利用できる。

注意が必要なUSB充電器

前述の通りデジカメやスマホの充電器は問題なく使用することができるが、注意が必要なのが「電子機器付属ではないUSB充電器」だ。

渡航先で限られたコンセント差込口から、複数のUSB充電ポートに変換することができるため便利で、この機器を使う人が最近では少なくない。ただ、こういった別売の充電器アクセサリーは日本製の中には、100Vでしか利用できないものもあるため注意が必要だ。