【ハワイに新たな自転車レーンが誕生!】バイクレーンのメリットとハワイの自転車ルール

【ハワイに新たな自転車レーンが誕生!】バイクレーンのメリットとハワイの自転車ルール

皆さんこんにちは。

ナビちゃおハワイのmimiです。

新たな自転車レーンが誕生!

2018/4に計画がスタートした「ワードアベニューとペンサコーラストリートに設置する2か所のバイク(自転車)レーン」

2020/5に工事がスタートしてあっという間に完成。

9/25にオープンしました。

場所はペンサコーラストリートのワイルダーアベニューとカピオラニブールバードの間。

かなり長い距離の自転車レーンです。

一度このペンサコーラストリートを自転車で走ったことがありますが、車と一緒に走るのはちょっと怖かった記憶があります。

新しく出来たバイクレーンは車道との間に所々ガードレールも設置してあるので安心して走れますね。

両方向に走れる便利なもの

ペンサコーラストリートは北から南方向への一方通行ですが、このバイクレーンを使えば自転車は両方向走行可能。

そしてペンサコーラストリートのバイクレーンは、同じように両方向に走れるキングストリートのバイクレーンにも接続しているため利便性は抜群です。

このバイクレーンの設置のために約30台分の路上パーキングが撤去、また一部の走行車線も移転されたので車利用の方にとっては少し痛手かもしれません。

バイクレーン設置の目的

自転車での移動を安全に便利にすることを目的として設置されているバイクレーン。

実際に車と並走する車道ではお互いにリスクがありますが、バイクレーンを設置することにより事故がかなり減少しています。

実際にキングストリートに自転車レーンが設置されてから自転車と歩行者や車両の事故が50%減少したとのこと。

また一方通行が多い場所でも両方向に走れる利便性から、渋滞に悩まされることなく移動ができることや、自転車活用による健康意識の改善にもメリットがあります。

ハワイでは基本的に歩道走行は禁止

「ハワイでは歩道走行は禁止」との書き込みを多く見かけます。

完全に歩道走行は禁止なのはワイキキとダウンタウン。

その他のエリアに関してはバイクレーンがある場所は歩道走行禁止です。

ワイキキとダウンタウンの範囲やハワイでの自転車のルールの詳細は下記をご覧ください。

ワイキキとダウンタウンの範囲ってどこ? 全てはハワイのために・・・より

ワードアベニューに自転車レーンを建設中

ワードアベニューにも現在、自転車レーンを建設中です。

範囲はアラモアナブルバードからキングストリートまで。

人も車も少ない今、あっという間に出来そうですね。

ハワイの自転車ルール

ハワイで自転車に乗る場合ほぼ日本と同じルールですが、日本では守られていない点や、日本とは違うルールもあります。

ルール無視は思わぬ事故にもつながりますのでルールをよく理解して乗るようにしましょう。

自転車ルールは下記を読んでみてくださいね。

ハワイの自転車ルールは日本とは違います~これで完璧! ナビちゃおハワイより

便利な自転車での移動ですが、事故や怪我には十分注意して、無理しない計画を立てて楽しんでください。


皆さんにお役に立つコラム記事が100記事以上!
他の記事もぜひチェックしてみてくださいね。
Crazy about Hawaii! by ナビちゃおハワイ|コラム一覧

「ナビちゃおハワイ」編集長mimi
著者:「ナビちゃおハワイ」編集長mimi


ハワイ情報サイト「ナビちゃおハワイ」を運営。
ストリートビューでのハワイ散歩が趣味で、毎日妄想ハワイ旅行をしては次回のプランを練っています。 滞在中は、バスやレンタサイクルを駆使してB級グルメを堪能。 旅行者目線ならではのハワイをお届けします。

「ナビちゃおハワイ」 / 編集長mimi個人ブログ「全てはハワイのために・・・」

関連する記事