【徹底解説】ハワイでレンタカーを利用する時のポイント~マナー・防犯対策編~

【徹底解説】ハワイでレンタカーを利用する時のポイント~マナー・防犯対策編~

ハワイ旅行でレンタカーでレンタカーを利用すれば、自由に色々な場所に行けるためより充実した時間を過ごすことができます!

しかし、マナーを守って安全に運転できなければ、せっかくの楽しい旅行も台無しになってしまいますよね。

ハワイでレンタカーを借りる際に、必ず知っておきたいパーキング事情をはじめ、マナーと防犯対策をまとめましたのでご紹介します。

しっかりと理解し、スマートで安全な車の旅をしましょう!

「ありがとう」のハザードランプは通じない

日本では「ありがとう」の意味で使うことが多いハザードランプ。

アメリカで、ハザードランプは緊急停車の時以外に使用することはありません。
むやみにハザードを点滅させると、後ろの車が驚くので控えるようにしましょう。

ありがとうを伝えたい際は、笑顔とシャカのハンドサインがローカルの挨拶です。

パーキングではウィンカーで意思表示

週末の人気スポットやショッピングモールなどでは空いているパーキングを探すのも一苦労です。
ハワイは運転マナーがよいともいいますが、パーキングの奪い合いはとてもシビアです。

パーキングから出そうな車のそばで待機するときは、ハザードではなくウィンカーで意思表示します。
ウィンカーを出していないと駐車をするつもりがない車だと思われて、別の車にパーキングをとられてしまうこともあるので、しっかり主張しましょう。

どうしても停められないときは、駐車場を歩いてる人に「アーユーリービン? / Are you leaving?」と声をかけてみましょう。
パーキングを出る人ならば、自分の車の場所を教えてくれるはずです。

バレットパーキングの利用方法は?

ホテルやレストランのパーキングでは、バレットパーキングを利用することもあります。

バレットパーキングとは、エントランスで車を降りて係員に駐車をお願いすることです。
これに対して、自分で車を駐車場に停めることをセルフパーキングと呼びます。

バレットパーキングでは、車を受け取る際に運んでくれた係員にチップを渡すのがマナーです。

路上駐車は慎重にしましょう!

ハワイの市街地では、路上駐車がびっしりと並んでいる風景をよく見かけますが、交通標識などのサインをよく確認してから駐車してください。

駐車禁止が時間帯によって変わるエリアもあるので、しばらく経って戻ったらレッカー移動されていたなんてことにならないよう注意しましょう。

NO PARKINGの表示があるゾーンはもちろん、縁石が赤色の場所や黄色い消火栓の15フィート内(約4.5メートル)はいつでも駐停車禁止です。

パーキングメーターは多めにチャージすることをおすすめ!

路上のあちこちで目にするのがパーキングメーター。

パーキングメーターには5セント、10セント、25セントの3種類のコインが使え、コインを投入した分だけカウントが増える仕組みです。

場所にもよりますが、25セントでだいたい10分ほど停められ、メーターの機種によってはクレジットカードで支払えるタイプもあります。

時間をちょっとオーバーした隙にに違反チケットを切られたというのはよく聞く話ですので、余裕を持って多めにチャージしておくことをおすすめします。

貴重品は見えないところに置きましょう!

ハワイはアメリカの中でも、車上荒らしの発生率が高い地域です。
その多さは日本と比べ物になりません。

外から見えるところにバッグなどの貴重品をおくことはタブーです。

入口に警備のついたコンドミニアムの駐車場でも、鍵をこじ開けたりガラスを割られるため、上着やサングラスのようなものでも見えるところに放置すると、盗難被害にあうリスクが高まります。

車上荒らしに、何かいいものがありそうだと思わせないように、外から見えるところには何も置かないよう気をつけてください。
もちろん、スーツケースは積んだままにせずホテルで保管し、手荷物はトランクにしまっておきましょう。

せっかくの旅を台無しにしないためにも、防犯対策は特に注意してください。

注意点は決して少なくありませんが、ポイントをおさえ快適で便利なレンタカー旅を楽しみましょう!

▼こちらの記事もあわせてチェックしてみてくださいね。


cocoloco
著者:cocoloco
2018年1月よりホノルル在住。
ようやくハワイ暮らしに慣れてきましたが、まだまだ知らないことばかり。
近頃はビーチだけじゃなく、近所のコミュニティガーデンで息子とのら仕事するのがお気に入りの時間。
新参者目線で、日々の発見の中から、読んで楽しくなる情報をお伝えできればと、思ってます。

関連する記事