「キャプテンブルース天国の海ツアー」を120%楽しむための準備とは?

「キャプテンブルース天国の海ツアー」を120%楽しむための準備とは?

ハワイ旅行のオプショナルツアーで人気の「キャプテンブルース天国の海ツアー」
今回はこのツアーで訪れる「サンドバー」を120%楽しむため、事前に僕が準備したことをお話ししましょう。

オススメの時間帯は

サンドバーとは、コバルトブルーのカネオヘ湾に、潮が引いたときにだけ浮かび上がる真っ白な砂浜のこと。
テレビコマーシャルや映画の撮影などでもよく使われているので目にしたことがある方も多いでしょう。

オアフ島でこのサンドバーに上陸できるツアーはいくつかありますが、最も名前が知られており、一番浅くて広いサンドバーに行けるのが「キャプテンブルース天国の海ツアー」です。
カネオヘ湾はコオラウ山脈の麓にあって、雨が多いことで知られています。

午前に比べて午後は雨の降ることが多いことに加え、午後の時間を自由に使えることから、午前のツアーへの参加を予約しました。

このツアーに持っていったグッズあれこれ

サンドバーの白砂は珊瑚が細かく砕かれた砂。
裸足で歩くと足を傷つけ痛い思いをします。
またビーチサンダルでは潮が満ちた時に流されてしまうこともあるので「マリンシューズ」を持っていきました。

SNSなどに写真をアップするのなら、ぜひ「完全防水のデジタルカメラ」を持っていきましょう。
サンドバーは海水なので、防水仕様であってもスマホは故障の心配があります。

「オリンパス」から販売されている「Toughシリーズ」は防水なので安心して撮影できるだけでなく、海中を泳ぐホヌなど、きれいな写真を撮影できました。

サンドバーの上では日差しを遮る物がありません。
日焼け止めクリームもよいのですが、着ていれば日差しを遮ることのできる「長袖のラッシュガート」がオススメです。
ただ、僕の経験では、潮が満ちたサンドバーやシュノーケリングなどを楽しんで体が濡れると、思った以上に寒い思いをします。
僕はラッシュガードに加え、厚手の「トレーナー」なども一緒に持っていったので、船上で寒い思いをしなくてすみました。

タイドチャートでサンドバーを満喫

「せっかくサンドバーに行くのに中途半端な引き潮では楽しめないかな」と考えました。
そこで色々な場所毎に潮の満ち引きを調べられるサイト「Worldwide Tides and Currents Predictor」で「Waikane, Kaneohe Bay, Oahu Island, Hawaii Tide Chart」を検索して干潮になる日時を調べ、旅行の日程で最も潮が引く日時の午前中に予約を入れました。

その結果、サンドバーに到着した頃から潮が引きはじめ、見事なサンドバーが出現!
シュノーケリングを済ませそろそろ戻るという頃に腰あたりまで潮が満ちるという、絶好のタイミングでカネオヘ・サンドバーを楽しめ、とても素晴らしい思い出になりました。

今回はカネオヘ・サンドバーを120%楽しむ方法をお届けしました。
すべての方が僕のように予定を立てられるわけではないと思いますが、ぜひ参考にして美しいサンドバーを楽しんでくださいね。


キャプテンブルース・天国の海ツアー/Captain Bruce アクセス+店舗情報

キャプテンブルース・天国の海ツアー/Captain Bruce

住所:
2250 Kalakaua Avenue Suite 404-3, Honolulu(ワイキキショッピングプラザ内4階)
電話番号:
808-922-2342
営業時間:
9:00~18:00
定休日:
無休
URL:
http://www.tengokunoumi.com
K@z
著者:K@z
LaniLaniでまとめ記事の執筆を担当しているフリーランス・ライターです。
毎年ハワイに渡るようになって、もう少しで10年目。
これまでの旅の経験や、まとめ記事では書けなかったこと。
ワークショップやカルチャーセンターで習ったウクレレやラウハラ編み、
ハワイアンキルトなどに関することも発信出来ればと考えています。
ハワイの画像のみをアップしているInstagramも更新中。

関連する記事