要チェック! ハワイのトイレ利用時に気をつけること

要チェック! ハワイのトイレ利用時に気をつけること

ハワイで誰もがお世話になる施設のひとつがトイレですよね。親しみやすいとはいってもハワイはアメリカ合衆国の州です。治安状況も利用ルールも違うハワイで、トイレを利用するときに気をつけたいポイントをご紹介します。

ショッピングセンターでも人の出入りが多いトイレを使おう

一般的にハワイでトイレを利用するときには、ショッピングセンターのトイレが安全だといわれています。でも、ひとくちにショッピングセンターのトイレといっても、人の出入りが多いトイレから少ないトイレまで、近くに店があるトイレから離れた場所にあるトイレまでさまざまです。

ショッピングセンターの中にあるトイレだからと安心せず、人の出入りが多く、できれば近くに店があるトイレを見つけて利用しましょう。昼間でも、奥まったところのトイレは避けたほうが安全です。

また、夜はショッピングセンターといえども客の出入り自体が昼間よりも少なくなるので、できることなら宿泊するホテルまで戻ってトイレに行くほうが、危険を回避できます。日本では何も考えなくてもトイレを安全に利用できますが、ハワイではトイレに行く際も、周りの状況を見極めて利用することが大事だと覚えておきましょう。

上下が開いているトイレで荷物は床に置かない

日本でもトイレの個室は犯罪の温床となりがち。そのためアメリカでは防犯上の理由から、公の場にあるトイレの多くはドアや横壁は上と下が大きめに開いています。アメリカの州であるハワイも同じスタイルです。

音は筒抜けだし上からも下からも簡単にのぞき込むことかができるため、日本人にとっては落ち着かないハワイのトイレ。なんと、せっかく防犯のために開いているこの隙間から手を伸ばし、床に置いていたバッグなどを奪って逃げる窃盗被害が報告されています。被害にあわないように、上下が開いた個室トイレを使うときには貴重品は体から離さないように気をつけましょう。また、トイレ使用中に手に持っていられない荷物はトイレの床には置かない、またはドアの隙間から遠いところに置くなど、置き引きを防ぐ対策をしましょう。

上下が開いているトイレは、便座に腰掛けた、立ち上がったなどの動きが外からも分かるので、トイレから出るときにも隙を見せないように注意を払ってくださいね。

公園やビーチのトイレは衛生面や治安の心配も

ハワイの公園やビーチのトイレは、あまり手入れが行き届かず衛生的でないことも多く、トイレツトペーパーがないこともよくあります。また、人目が届かないことから薬物中毒者などのたまり場となっている場合もあり、治安上の不安があるところも。

ウォールアートで人気のカカアコ地区で、公園のトイレを利用しようとした日本人男性が薬物を使用していたと思われる複数の男に襲われた事件があったことは、日本国内でも報道されたのでご存じの方も多いかもしれません。すべてが不衛生で危ないわけではありませんが、ハワイではなるべく公園やビーチのトイレは使用せず、しっかり管理されている商業施設のトイレを利用するのがおすすめです。

トイレ利用で鍵が必要なのはホームレスや不審者対策

日本でトイレに困ったときは、近くにホテルがあれば自由にトイレを使えますが、ハワイのホテルにあるトイレには鍵が付いておりホテルの宿泊者か施設内のレストラン利用客でないと利用できないことが多いです。

また、レストランやカフェではそれぞれの店内にトイレがあることは少なく、他の店と共有しているところが多くあります。このようなトイレには、防犯のため鍵が取り付けられていることがほとんどで、利用するときには店のスタッフに声をかけ、鍵を借りるか電子ロックの暗証番号を教えてもらって利用します。

近年ハワイではホームレスが急増していることもあって鍵付きのトイレが増えてきています。ただし、鍵付きだからといって綺麗で清潔なトイレとは限らないのでその点も注意が必要です。鍵が設置されているトイレでも、人気のない場所にある場合は十分注意して利用してくださいちなみにハワイで鍵を借りてトイレを利用しても、チップを払う必要はありません。

子どもだけでトイレに行かせない

日本では、家族でショッピングモールなどへ出かけたときに、小学生くらいの子どもが「トイレへ行ってくる」というと、親が「それじゃあ行ってきて」という光景が多く見られます。ところがハワイを含むアメリカでは、親が子どもを保護する義務が法律で定められていて、13歳以上の付き添いなしで12歳以下の子どもを放置すると保護者が逮捕されます。旅行者も例外ではありません。どのようなときでも保護者が子どもを放置することは法律で禁止されており、12歳以下の子どもがひとりでトイレに行くことは「放置」に含まれるのです。

しかし法律を守ること以前に大切なのは子どもの身を守ること。日本と比べると治安に不安のあるハワイでは、子どもをひとりでトイレに行かせないよう、保護者が必ず付き添うようにしてください。

日本では何気なくとっている行動でも、ハワイではトラブルにあったり警察に逮捕されてしまうことにもなりかねません。ハワイのトイレ事情をしっかり把握して、ハワイ旅行を安全に楽しみましょう。