ハワイの花じゃないの?プルメリアにまつわるお話

ハワイの花じゃないの?プルメリアにまつわるお話

Aloha mai kākou!
皆さまアロハ!

ハワイの花といえば、すぐに名前が上がるのがプルメリア(plumeria)ではないでしょうか。
ハワイアンファブリックや、ハワイ風の画像などには必ずと言っていいほど登場しています。

プルメリアは南国が好き

プルメリアは中南米やカリブ諸国の原産。
種類もとても多いです。

プルメリアは、ニカラグアの国花(サクアンホーチェ)、ラオスの国花(チャンパ)、北マリアナ連邦の花でもあります。
また、タイやバリ島、ジャワ島などでも非常にメジャーな花として知られています。

お墓の花

18世紀以降、ハワイに持ち込まれた植物のなかでも、プルメリアは生命力がとても強く、外敵のいない、気候も良いハワイでどんどん育ちました。

手入れの行き届かない墓地にも生息し、不意の葬儀でも花を集められたことや、可憐で香りの良い花は遺体の臭い消しにも使われたことから「お墓の花」と言われていました。
そのため今でも忌み嫌う人もいるということで、年配の方にプルメリアのレイを贈るのは避けるそうです。

ハワイ名「プアメリア(Pua melia)」

プルメリアはローマ字で「plumeria」と綴ります。
ハワイ語には「R」がないため、プルメリアという単語がハワイ語ではないことがわかります。

しかし、そこは長年ハワイの地に咲く花。
今ではハワイ語名、「メリアの花」という意味の「プア・メリア(pua melia)」と呼ばれることもあります。

樹液に注意!

もうすっかりハワイの市民権を勝ち取ったプルメリア。
フラのレイにも使われたり、ハワイで結婚式を挙げる人たちにも人気の花です。

ただ、幹や葉、茎の白い樹液にはがあるので注意が必要!
皮膚のトラブルや、酷いと嘔吐や心臓麻痺も引き起こします。

落ちている花については、ほとんど心配いりませんよ。

ではまた!
A hui hou!

マルヒア・コジマ
著者:マルヒア・コジマ
ロケラニ・ハワイアン・カルチャー・ラボ主宰 ふと手にした"マナ・カード ハワイの英知の力"をきっかけに古代ハワイへの探求がはじまり、今や古代だけでなく、ハワイの文化・歴史・神話・雑学を、大学の特別講義や各地のカルチャースクールなど、飛び回り語っています。ありがたいことに、はや14年。 約5,000件のサンプルから統計を取った、独自のマナ・カードの解釈を理論的に教えており、日本だけでなく現地ハワイにも生徒を持つマナ・カード講師の顔と、 そのマナ・カードを使ったセラピーでは、世界各地にクライアントが存在する、行列の出来る熱血マナ・カードセラピストでもあります。 古代ハワイの叡智(フナ)を残していく事に情熱を傾けています。 ブログ  マナ・カードとハワイアンカルチャー インスタグラム

関連する記事