もともとハワイに牛はいなかった?牛から紐解くハワイの農業ヒストリー!

もともとハワイに牛はいなかった?牛から紐解くハワイの農業ヒストリー!

参照:@parkerranchhawaii

Aloha mai kākou!
みなさまアロハ!

先日ハワイに行くという方から「美味しいステーキが食べたいのでお店を教えて!」と言われたので、「LaniLaniサイトでチェックしてね」とお伝えしておきました!

さて、ステーキといえば牛肉ですよね。
ハワイには大きな面積の牧場がいくつかあり、パニオロと呼ばれるハワイアン・カウボーイも存在します。
しかし、もともとハワイに牛はいませんでした。
今回はハワイの牛にまつわるお話をご紹介します!

ちなみにLaniLaniのステーキが気になる方はこちらからご覧ください。
LaniLaniステーキ関連記事

古代ハワイの家畜

古代の人々は星や風、波など自然から方角を読み取り、広い南太平洋をエンジンや計器類のない船で自由に移動していました。
次の居住地に食料がないと困るので、植物や動物も船に乗せて移動しました。
船で運んできた植物をカヌープランツ、動物をカヌーアニマルと呼びます。
カヌーアニマルは犬、ブタ、ニワトリ、ネズミなどが挙げられます。

しかしその中に牛はいませんでした!
そこで牛とハワイの歴史を見ていきましょう。

バンクーバー船長

1793年2月22日、ハワイに牛がやって来ました。
イギリス人のジョージ・バンクーバー船長がカメハメハ大王への献上品の一つとして、2頭の子牛とともに5頭の雌牛をプレゼントしたのです。
バンクーバー船長はハワイ諸島の発見者であり、ハワイ島で最期を迎えたジェームス・クック船長の船団の一員でしたが、今度は自分が艦長になりハワイを訪問したのでした。

牛はブタなの?

贈られたカメハメハ大王はとても喜んだそうですが、何しろ初めて見る大きな未知の生き物。
大王は牛を「大きな豚」と呼びました。
船から降りた牛がビーチでヒヅメを蹴ると集まっていた群衆は大慌て!
海に飛び込んだり、ヤシの木に逃げ登ったり、しばらくは牛を遠巻きに眺めていたそうです。
ハワイアンたちの目に牛はどう映ったのでしょうね。

牛はタブー

バンクーバー船長はハワイ文化をよく知っていました。
古代ハワイには「カプ(kapu)」と呼ばれる厳しい決まりごとがたくさんあります。
ハワイ語でカプとはタブーのこと。
カプを破ると王でも命を捧げるほどに厳しいものでした。

船長はそのシステムをうまく使い、プレゼントした家畜を10年の間、殺すことは「カプ」にするようカメハメハ大王に伝えました。
それは牛をすぐ食べてしまっては、後世につながらないとの船長の優しさだったのでしょうか?
そしてハワイアンはそのカプをしっかり守りました。
その結果、野生の牛や家畜が増えすぎて街は荒らされ、怪我人が出るなど深刻な被害が出るようになっていきます。

ウマ登場

1803年5月、アメリカ人のリチャード・クリーブランド船長がハワイに馬をもたらしました。
しかし頭のいい大王も最初は馬の価値を理解できなかったようです。
なぜなら食用以外の用途の、移動に使ったり農耕に使うという動物はハワイには存在しなかったからです。
せっかく馬をプレゼントしたのに、大王からの贈り物(食料)が思いのほか少なかったとクリーブランドは書き残しています。
そんな大王ではありますが、すぐに乗馬をマスターしたという大王の器を感じさせる逸話があります。
他にもハワイへはヤギ、シカ、羊、ウサギなども持ち込まれました。

ハワイ伝統文化

一説によるとバンクーバー船長ら西洋人は、ハワイを太平洋での食料補充地としたかったようです。
最終的に家畜のプレゼントは自分たちの胃袋を満たす目的だったということでしょうか。
やがてハワイアンは牛の肉を欧米の船に売るようになっていきます。

カメハメハ三世の治世にはカウボーイを召喚。
彼らの手にかかれば野生化した馬も凶暴化した牛もお手の物です。
そして捕まえた野牛を飼育する牧場が発展していきました。
その技術を身につけたハワイアン・カウボーイのパニオロは、後に野生の馬や牛の被害対策とハワイの農場発展に貢献していくのです。
実はパニオロの出現により牧畜の技術が発展しただけではなく、ハワイ文化に欠かせないハワイアンミュージックにも多大なる影響が…
そして今ではパニオロ自体、ハワイ伝統文化のひとつとなっています。

その話はまた別の機会に。

今回はこの辺で!
A hui hou!

マルヒア・コジマ
著者:マルヒア・コジマ
ロケラニ・ハワイアン・カルチャー・ラボ主宰 ふと手にした"マナ・カード ハワイの英知の力"をきっかけに古代ハワイへの探求がはじまり、今や古代だけでなく、ハワイの文化・歴史・神話・雑学を、大学の特別講義や各地のカルチャースクールなど、飛び回り語っています。ありがたいことに、はや14年。 約5,000件のサンプルから統計を取った、独自のマナ・カードの解釈を理論的に教えており、日本だけでなく現地ハワイにも生徒を持つマナ・カード講師の顔と、 そのマナ・カードを使ったセラピーでは、世界各地にクライアントが存在する、行列の出来る熱血マナ・カードセラピストでもあります。 古代ハワイの叡智(フナ)を残していく事に情熱を傾けています。 ブログ  マナ・カードとハワイアンカルチャー インスタグラム

関連する記事