ハワイに蚊はいるの?

ハワイに蚊はいるの?

Aloha!
皆さん、虫はお好きですか?
綺麗で可愛い虫は写真に撮りたくなりますよね。

ハワイのパワースポットやショップに関する情報は多いけれど、虫についてはあまり耳にしません。
今回は、ハワイの害虫事情、とくに蚊についてお伝えしたいと思います。

楽園ハワイの動植物

ハワイ諸島は、海の底から出る溶岩から成り立った島々なので、元々生き物は生息していませんでした。
そこへ、海鳥や風、波や人によって様々な動植物が島へ運ばれました。

ハワイアンのルーツとなる人々が渡って来た頃、島に生息していた哺乳類はコウモリとモンクシールだけだったと言われています。
その後、人々が犬・ブタ・鶏や食用となる植物を持ち込み、ハワイ諸島の生態系が作られていきました。

1778年に、西洋船がハワイへ渡ってきた際に、蚊も一緒にやってきました。
その結果、蚊による病原菌が流行し、100年の間にハワイアンは4分の1に減少するという被害がありました。

ハワイの蚊

ところで、オアフ島のワイキキは「水が出る」という意味のハワイ語です。
その名の通り、昔はタロ芋の水田があり、近年は稲の水田として活用されていました。
この水田の水にボウフラが湧くため、蚊が大量発生します。

観光スポットとして、蚊が多いのは大きな問題点でした。
そこで、ボウフラが発生しないように、アラワイ運河を建設して水の流れを作りました。

現在、ワイキキの水田は無くなり、ボウフラが生息する場所は消失。
ワイキキで蚊に遭遇する機会はほとんど無いそうです。

蚊の被害

ワイキキの街中では蚊の発生はほぼありませんが、他の地域では現在でも蚊による被害が発生しています。
数年前には、蚊によるデング熱が社会問題となりました。
デング熱とは蚊が媒介する感染症です。
インフルエンザのような症状で、重症化すると死に至る合併症を併発します。

2011年には、オアフ島でデング熱による死亡例がありました。
ハワイ島では、2015年と2016年に大流行し181名の感染が報告されています。
デング熱のニュースはこちらです。

また、蚊が媒介するジカ熱も2016年に米国初の症例がオアフ島で出ています。
ハワイへ行く際には、蚊にも気を付けましょう。

蚊の季節とその他の害虫

ハワイの蚊は、雨季10月~3月にかけて発生します。

長時間自然の中へ行く場合は、肌の露出が少ない衣服を着用し、虫除け対策もしていきましょう。
スプレー缶タイプのものは、日本から持ち込めませんので虫除けクリームかミストをスーツケースに入れて持ち込んでください。

もちろんウォルマートやターゲットなどで現地調達もできますが、薬剤(ディート)の濃度が日本で許可されていないほど強力なものもありますので、肌荒れしないか確認しましょう。

その他の害虫で注意が必要なのは、ファイアーアンツ(火蟻)です。
草むらや公園にもいる、赤褐色のアリです。
最近では、アラモアナビーチパークで目撃されています。

ファイアーアンツに噛まれると、アナフィラキシーショックを起こす可能性があります。
もし噛まれたら速やかに病院へ行きましょう。

豊かな自然はハワイの魅力ですが、脅威も存在します。
遊びに行くときは、事前に害虫について調べてみましょう。

マルヒア・コジマ
著者:マルヒア・コジマ
ロケラニ・ハワイアン・カルチャー・ラボ主宰 ふと手にした"マナ・カード ハワイの英知の力"をきっかけに古代ハワイへの探求がはじまり、今や古代だけでなく、ハワイの文化・歴史・神話・雑学を、大学の特別講義や各地のカルチャースクールなど、飛び回り語っています。ありがたいことに、はや14年。 約5,000件のサンプルから統計を取った、独自のマナ・カードの解釈を理論的に教えており、日本だけでなく現地ハワイにも生徒を持つマナ・カード講師の顔と、 そのマナ・カードを使ったセラピーでは、世界各地にクライアントが存在する、行列の出来る熱血マナ・カードセラピストでもあります。 古代ハワイの叡智(フナ)を残していく事に情熱を傾けています。 ブログ  マナ・カードとハワイアンカルチャー インスタグラム

関連する記事