お宝コインを探せ!アメリカの25セント記念硬貨シリーズ

お宝コインを探せ!アメリカの25セント記念硬貨シリーズ

Aloha mai kākou!
みなさまこんにちは!

ハワイはアメリカなので、ドルやセントが使われています。
チップにはお札を使うのが普通ですが、自販機やコインランドリーなどコインを使う場面もたくさんあります。

そんなコイン、使ってしまう前によく見てみましょう!
貴重なお宝コインがあるかもしれませんよ♪

コインの通称をご紹介

アメリカのコインには通称があります。
写真左から1セントはペニー、5セントはニッケル、10セントはダイム、25セントはクォーターといい、なかなかお目にかかれない1ドル硬貨はゴールデンダラーと呼ばれます。
上の画像は、1ドル硬貨以外のコインです。

また、本物のペニー硬貨を使って記念コインを作るマシーンもあります!
本物のコインを使うと聞いてなんとなく不安でしたが、お土産で頂けてとても嬉しかったです!
こちらはマウイ島のお土産コインです。

25セントにはお宝コインが!!

コインの中で一番使うのは、25セント(クォーター)でしょう。
自動販売機やコインランドリーでは必ず使うコインです。
そのクォーターをよく見ると、実は描いてある絵が違うものがあります。

「50州25セント硬貨」という記念硬貨で、もちろん偽物ではなく普通に使える本物のコインです!
1999~2008年まで、州になった順に、50州それぞれの特徴が裏面に描かれた25セント硬貨が5枚ずつ発行されました。
これをコレクションしている人は大勢おり、集めたコインを入れておくコレクターマップなるものも売られています。

さあ、もうお分かりですね?
これがお宝なのです!

ハワイでお釣りをもらったら必ずチェック♪

合衆国で最後に州になったハワイのコインが、上の画像のカメハメハ大王デザインのものです!
2008年に発行されているので、もちろん今も流通しています。

そして、50州の発行が終わった!と思ったら、なんと今度は「アメリカ・ザ・ビューティフル25セント硬貨」という56箇所の国立公園のクォーターを2012年~2032年にかけて発行するプログラムが始まっています!

ハワイは2012年に火山国立公園の絵柄のものが発行されています。
50州の方は私はお土産に頂いたものと、自分で手に入れたものがあるのですが、火山国立公園の方は今のところ巡り会えていません。

旅行中、お釣りでもらうだけではなかなか手に入らないというウワサのハワイのクォーター。
良いハワイ旅行記念にもなりますので、ハワイでお釣りにコインをもらったら、ぜひ探してみてくださいね!

A hui hou! ではまた!

マルヒア・コジマ
著者:マルヒア・コジマ
ロケラニ・ハワイアン・カルチャー・ラボ主宰 ふと手にした"マナ・カード ハワイの英知の力"をきっかけに古代ハワイへの探求がはじまり、今や古代だけでなく、ハワイの文化・歴史・神話・雑学を、大学の特別講義や各地のカルチャースクールなど、飛び回り語っています。ありがたいことに、はや14年。 約5,000件のサンプルから統計を取った、独自のマナ・カードの解釈を理論的に教えており、日本だけでなく現地ハワイにも生徒を持つマナ・カード講師の顔と、 そのマナ・カードを使ったセラピーでは、世界各地にクライアントが存在する、行列の出来る熱血マナ・カードセラピストでもあります。 古代ハワイの叡智(フナ)を残していく事に情熱を傾けています。 ブログ  マナ・カードとハワイアンカルチャー インスタグラム

関連する記事