ハワイのサンタクロースは左手に注目!

ハワイのサンタクロースは左手に注目!

Aloha mai kākou!
いよいよハワイもクリスマスムード。
ホリデーシーズンが始まります。

今回はハワイのサンタクロース通称シャカ・サンタについてご紹介します。

ホノルル・シティ・ライツ(Honolulu City Lights)

ハワイのクリスマスの風物詩といえば、オアフ島ダウンタウンのライトアップ「ホノルル・シティ・ライツ」。
点灯式は12月1日、ホノルル・ハレ(市庁舎)前で行われます。

クリスマスツリーやデコレーション、夜のライトアップが1月まで続くのですが、なんといっても目を惹くのが巨大なサンタ夫妻ですよね!

シャカ・サンタとトゥトゥ・メレ夫妻

通称シャカ・サンタと呼ばれるサンタクロース氏。
左手は親指と小指を立てたハワイ風のあいさつをしながら、はだしで帽子もなしといった格好で座っています。
そのお隣には奥様のトゥトゥ・メレ夫人が、ムウムウを着てレイを首にかけて腰掛けています(トゥトゥとはご年配の方の名前につける呼称。メレさん、メレおばあさん、のようなニュアンス)。

いかにも南国ハワイ風の二人。
微笑ましいですね。

シャカ・サンタの左手に注目!

さて、サンタクロースの左手に注目。
ハワイの挨拶の時によく見かけるこの「シャカ・サイン」。
実は彼のように、手のひら側が見えるようにするのは「ハングルース」と呼ばれ、「アロハ」や「マハロ」などの挨拶や「気楽に行こう」という意味合いのサインで使われます。

一方、手の甲側を見せるのが「シャカ」「シャカ・ブラ」と呼ばれるサインで、「元気?」「やったね」などに使われるといわれています。


こちらはシャカ。

では、サンタクロースは、「ハングルース・サンタ」という事になるのでは…?

結局どちらも同じように使われていて、厳密に使い分けてはいない様子。
そのあたりがなんともハワイらしいですよね。

ちなみに、どちらもハワイ語ではないので、太古の昔からハワイで使われていたわけではありません。

熱心なコレクターも!クリスマスオーナメント

1985年から始まったホノルル・シティ・ライツ。
イベントの運営と無料観覧を続けるために、NPOフレンズ・オブ・ホノルル・シティ・ライツが2000年よりオーナメントを販売しています。

今年は日本でも姉妹都市の茅ヶ崎市が限定販売!
2018年のデザインは「フラ・サンタ」です。

カメハメハ大王の前でシャカ・サンタがウクレレを弾き、トゥトゥ・メレがフラを踊る様子だそうです。
こちらのサンタ氏の手は間違いなく「シャカ」の形ですね!

マルヒア・コジマ
著者:マルヒア・コジマ
ロケラニ・ハワイアン・カルチャー・ラボ主宰 ふと手にした"マナ・カード ハワイの英知の力"をきっかけに古代ハワイへの探求がはじまり、今や古代だけでなく、ハワイの文化・歴史・神話・雑学を、大学の特別講義や各地のカルチャースクールなど、飛び回り語っています。ありがたいことに、はや14年。 約5,000件のサンプルから統計を取った、独自のマナ・カードの解釈を理論的に教えており、日本だけでなく現地ハワイにも生徒を持つマナ・カード講師の顔と、 そのマナ・カードを使ったセラピーでは、世界各地にクライアントが存在する、行列の出来る熱血マナ・カードセラピストでもあります。 古代ハワイの叡智(フナ)を残していく事に情熱を傾けています。 ブログ  マナ・カードとハワイアンカルチャー インスタグラム

関連する記事