実際にコナ旋風は巻き起こったのだろうか?

実際にコナ旋風は巻き起こったのだろうか?

アイアンマンの現場から風のお便りが届きました


 引用元:IRONMAN Photo Galleries

熱いレースの情報を待ち焦がれているうちに、ここ日本はもうすっかり朝晩が冷え込み、肌寒くなってきましたね。
お待たせ致しました!
常夏の国ハワイで10月半ばに開催されたトライアスロン最高峰ともいえる
アイアンマン世界選手権:IRONMAN World Championship。
それってどんなレースなのという方向けには、こちらの記事をどうぞ。

これまで2回に渡って大会概要やTOPアスリート速報などをお届け致しましたが、スポーツにご興味のない方でも楽しんで頂けそうな、コナとっておきのカフェ情報からお届けします。

応援する側でも、たっぷり楽しめるアイアンマン

今回のスポーツ×ハワイは、応援の目線からスタートします。

コナでカフェ巡り

コナトライアスロンには今回で10回も出場されているSAMさんより、耳よりカフェ情報をGetしました!
カルイアコナで最も老舗であり、ナンバーワン!と、ご紹介頂いたお店がこちら”ISLAND LAVA JAVA”


写真・協力 SAM氏 

スターバックスが日本に上陸してまもない当時(1990年代前半)は「カフェ・モカ」がまだまだ珍しい時代で、SAMさんがコナに来た際にここに来るのが楽しみのひとつだったのだそう。
オープンカフェが気持ち良さそうですね!
公式サイトで座席の予約もできます。

プルメリア・ハワイアン・キルト・アウトレット/Plumeria Hawaiian Quilt Outle アクセス+店舗情報

ISLAND LAVA JAVA

住所:
75-5801 Ali’i Drive, Bldg A, Kailua-Kona, HI 96740 アメリカ合衆国
電話番号:
+1 808-327-2161
営業時間:
6:30~21:30
定休日:
無休
URL:
http://www.islandlavajava.com/



写真・協力 SAM氏 

うわー♪
見ているだけでも甘そうな、ちょっぴり大きめアメリカンなケーキですねぇ!苦いコーヒーにぴったり合いそう!
この、ご紹介頂いたお店ISLAND LAVA JAVAを凌ぐ勢いで人気が上がっているお店もあわせて教えてくださいました。
有名なシュリンプ・シーフードレストラン「BUBBA GUMPU」が入っているモールの二階にあるカフェDaylight Mind Coffee Company
SAMさん曰く、こちらの方が最近は品質が少し高く感じられるのだそうです。
その品質の高さ故か、料理が出てくるまでの時間も少し長いそうで・・・時間と気持ちにゆとりのある時だけ、訪問してみてください!とのアドバイス。
どちらもレースのエキスポ会場からほど近いので、エキスポ巡りに疲れた際の休憩にもおすすめです!

レース観戦の楽しみ方


写真提供:Chie.S氏

 
10月の期間中、レースに出るトップ選手たちは勿論のこと、その家族、また友人や熱狂的なファンなど、大勢の人々が一気にコナに集まります。
大会前後にそれぞれ数日間イベントやセレモニー、パーティーが開催されているので選手も応援に駆け付けた人もどちらも飽きる事がありません。
地元の人たちのボランティア熱も非常に高く、街中が一丸となってイベントを盛り立ててくれるので応援に行くだけでも、その熱に飲み込まれそう。
残念ながら日本ではまだ生情報は少ないですが、世界各国からスポーツ関係の報道陣が駆け付け、イベントの様子は生中継でインターネットやテレビで流されているほどの大人気振りなのです。

こちらの写真はレース前に開催されたParade of Nationsの様子。
国ごとにわかれて街をパレードして大会を盛り上げます。

写真提供:松本 充 氏 

 

こちらの写真はアンダーパンツランというチャリティーイベントの様子。
参加者が趣向を凝らした下着姿で2マイルを走ります。
日本人選手はなんと、ふんどし姿でストリートを闊歩するのがアイアンマンコナの恒例行事!?
みなさま流石コナリート。
バッチリ鍛え上げられた肉体ですから見ていても美しい!

写真提供:松本 充 氏 

 

コナ旋風は巻き起こったのか?

ハワイと言えばいつも、快晴で温かく心地良い風が吹いていて~♪と言うのがイメージですが・・・

最初の章★Rinko’s Check★で時として吹き付けるコナウィンドについてご説明しています。
この突風は時々60mphにも達することがあり、バイクコースで横風をまともに受けると、例え走行中であってもバイクごと反対車線に吹き飛ばされるほどの強さだそう。

出場選手3人に聞いてみた実際のコナの風

今回実際にレースに出場された三人のトライアスリートの先輩方にお話をお伺いすることができました。
Q,今年のコナの風はそれぞれ、どう感じられましたか?

青木 睦さん(コナ出場3回目)

34回連続出場している有名なKenさんに聞いたところ「6回レースがあれば、そのうち3回は今日のような感じ、いつも通りで普通だよ。」と言っていましたが、僕が感じた実際のところは、序盤のワイコロアのゴルフ場あたりまでは追い風。
ワイコロアを過ぎてカワイハエまでは緩やかにアップダウンが続くところが向かい風でした。
この区間は帰りに追い風になると期待するのですが…カワイハエからハヴィまでがコナの強烈な横風が吹く所ですが、まあ今回はそこそこ。
ハヴィを折り返し長い下りはスピードが出るので横風が凄いとハンドルとられて怖いのですが、そこまでではなかったです。
総じて昨年とほぼ同じ風向きで強さは80-90%くらいでしょうか?
でもこれは個人の体感なので調子の良い時は向かい風でも味方にできるんですよね。
で、1番きついのはカワイハエからのラスト50km。
予想通り向かい風に風向きが変わり、周りのアスリートの人数もまばら。
2013年の初出場の時はこの向かい風が延々と続き本当に泣いた記憶が残っています。

松本 充さん(コナ出場8回目)

当日朝は雨が上がって暑くは有りませんでした。
コナから40km位のワイコロア辺りまでは追い風、そこからは北東の向かい風、左折して折り返しのまで登りは強い向かい風で右側の山の切れ目からの突風で、体重の軽い女性は対向車線まで飛ばされたそうです。
天気はピーカンで気温も上がりつらかったです。
折り返してからも、山の切れ目から強烈な風が吹き、かなり前輪を取られました。港を右折してコナに向かいますが、終始向かい風で、下り坂でも漕いで時速30km位しか出ませんでした。
体重の軽い日本人はバイクで消耗して次のランで歩いた人が多かったようです。
自分の出場中8回の中では1,2を争う強さでした。
ハワイ島は午後から風向きが変わるので、遅い人ほど風の影響受けます。
自分の周りは強い人でも歩いた人多かったです。

山内 昭夫さん(コナ出場6回目)

ん~風ですか?
他の方はいつも通り凄かっと言っているのですが、自分はそんなに対したことないなと思ったかな。
バイクの途中で追い越した仲間に「今年は風弱いね〜」と言ったくらいです。
まあ、いつも風の強いコースで練習しているので、それに慣れていたお陰だと思います。(笑)
また風に関してはもっと凄いという先入観があったので、対したことないと感じたのかもしれません。

まとめ

合計226kmという長くて険しい道のりを17時間という制限時間内目指してゴールするアイアンマンは、個人のレース展開によって、風向きも変わってくるようです。
また当日の体力・男女差よっても体感が大きく変わってきます。コナに何度も出場する御三家にお伺いしたところでも、あっさり平気だったという方から、自分自身は辛かった、女性は吹き飛ばされていたとの情報を見聞きするなど様々なご意見を頂戴しました。
総じて、いつどこで誰にコナ旋風が巻き起こるかは、運は天任せ、あとは時間と体力次第といったところでしょうか。

次回予告

つい先日ハワイから帰国されたばかりのトライアスリートの方々から、楽しくて貴重な情報を頂きました。
ご協力くださった皆さまに感謝申し上げます。
次回は、こんな凄いトライアスロンの大会に出る人って一体どんな人なの???
レース後もたっぷりハワイで家族旅行を楽しんでこられた方を追いながら、アイアンマンの秘密も探っていこうと思います。

official SNS Follow Me
Office Astro Writing Part-time Triathlete. Sometime writer, mobile photo editor, and wanderer.
Rinko.S
著者:Rinko.S

Office Astro Writing Blog:Rinko’s Diary
Part Time Triathlete and Full Time Dreamer.
”焦らずゆっくりマイペース” をモットーにトライアスロンを楽しむ水陸両用ライター。
スポーツ×書くことが好きで、主にweb媒体を中心に記事を寄稿してきました。
2015年~自ら企画編集プロダクションを立ち上げ、現在フリーランスとして活動中です。
優しい言葉で誰にでもわかり易く心が伝わる記事を提供するよう心掛けています。
半径100km以内なら、いつでも自転車に乗って取材に駆けつけるバイタリティーを持ち、
ご用命とあらば、山の中を走り、海の中を潜り、世界中を飛んで参ります。
自慢できることは、面白そうなコト・モノを探し出す嗅覚が鋭いこと。