ハワイは日米のプロサッカーを繋ぐシンボルとなる

ハワイは日米のプロサッカーを繋ぐシンボルとなる

2018年2月8日、10日にホノルルにて日米のプロサッカーチームが対峙した国際大会「Pacific Rim Cup 2018 Powered by Under Armour」、無事に第一回大会を終えることが出来ました。
出場4チームのうち、北海道コンサドーレ札幌が見事優勝、初代チャンピオンに輝いた今大会では、延べ11,659人の方にスタジアムへご来場いただき、多くの方々にこの大会を楽しんで頂く事が出来ました。

第一回大会を終えた今、ハワイの地で我々がこの大会を実施して改めて感じたことは 「このパシフィックリムカップとハワイの地が共に、プロサッカーの世界に新たな価値を創出していく絵」でした。

これは最初の記事でも少し触れたのですが、大会名でもある、「パシフィックリム」、この太平洋地域にはプロサッカーの世界における新興リーグが多く集っており、今回はその中でも日米のプロサッカーリーグに参加頂きました。
同じ時期にリーグができ、似たような歴史を持つ、この日米のプロサッカーが共に上を目指す。
そして今プロサッカーの世界の中心にいるヨーロッパや中南米に台頭していく。
そんな未来を目指すキッカケにこの大会がなれればと大会を終えて改めて強く感じました。

この様な我々の夢を叶える、その中心にこのハワイという地があるのです。
日米のプロサッカーが手を繋ぐ、そんなシンボルにハワイの地がなるのでしょう。

我々はこの夢の第一歩目を今回踏み出す事が出来ました。
そしてこれからも現地の皆さまと一緒に、一歩ずつ実現に向けて歩んでいきたいと思います。

また来年、皆さまとこのハワイの地、そしてアロハスタジアムでお会いできることを楽しみにしております。

(取材協力)Blue United Corporation
著者:(取材協力)Blue United Corporation
Blue United Corporationはニューヨーク、東京、飯田、プノンペンに拠点を置き、「BLUEの空と海で繋がる地球」同様に世界を繋ぐサッカーというスポーツを通して B.L.U.E を提供する和魂洋才な企業を目指しています。
今回我々はこの理念のもと、Pacific Rim Cup 2018 Powered by Under Armour を主催致します。
President & CEO 中村武彦

関連する記事