現代のカルチャー発信地 ミュージアム探訪

現代のカルチャー発信地 ミュージアム探訪

views:217

日系移民のアロハシャツに代表されるように、文化や歴史を大切にするアロハスピリッツの対象はハワイ固有のものだけにとどまらず、異文化からの芸術や民族性をも大切に根付かせてきた。ハワイの美術館は早くからその牽引役を担い、多くの人々を魅了している。元来のハワイアンカルチャーと異文化との融合が生まれるミュージアムで、進化を続けるハワイアンカルチャーの“今”に触れてみよう。

p036_honolulumuseum01

モダンな内装の肖像画コーナーには古今東西さまざまな時代の絵画が並ぶ

1927年に設立された歴史ある美術館で、ハワイはもちろん、ヨーロッパやアメリカ、インド、アフリカ、日本などの美術品が集結。ロダンの彫刻をはじめ、ピカソやゴッホの絵画などが鑑賞できる。水・金・土曜には、日本語の無料ガイドツアーも行われる。

p036_honolulumuseum_mone

クロード・モネ『睡蓮』 1917-1919 年
「光の画家」と呼ばれたモネの代表作。印象派特有の鮮やかな色使いを、じっくりと楽しみたい

p036_honolulumuseum_00

左: ハワイアンキルト特別展示。テキスタイルの部屋にはハワイアンキルトの大作が並ぶ。展示会の時にのみ公開される作品も少なくない。
右: ミュージアムショップには画材や文房具などアートなグッズが多彩に揃う。ハワイの工芸品などはおみやげにも人気。

Infomation

住所: 900 S Beretania St.
交通: 900 サウスベレタニアストリート沿い
電話: 808-532-8700
開館時間: 10:00 ~ 16:30(日曜13:00 ~ 17:00)
休館日: 月曜
入館料: $10(スポルティングハウス同日入館料込み)、17歳以下無料

 


Honolulu Museum of Art Café ホノルル美術館カフェ

p036_honolulumuseum_cafe_a

サラダやサンドイッチなど、ハワイ産のオーガニック野菜を使ったヘルシーメニューが楽しめる、オープンエアのおしゃれなカフェ。

ランチタイムのみ営業の人気店なので、美術館入館前に予約をしておくと安心だ。

Infomation
電話: 808-532-8734
営業時間: 11:00 ~13:30
定休日: 日・月曜
※カフェのみの利用の場合、美術館入館料不要。


緑の中に佇むモダンアート

Honolulu Museum of Art Spalding House ホノルル美術館スポルティングハウス

p037_spaldinghouse01

ワイキキの喧騒とはまるで別世界。自然とアートが織りなす清々しい空気に包まれて、心と体を開放しよう。

Infomation
住所: 2411 Makiki Heights Dr. O2411
交通: マキキ・ハイツ・ドライブ沿い
電話: 808-526-1322
開館時間: 10:00 ~ 16:00(日曜12:00 ~)
休館日: 月曜
入館料: $10(ホノルル美術館同日入館料込み)、4~17歳 $5


Spalding Café スポルディングカフェ

p037_spaldingcafe02

アート気分を盛り上げるダイナミックな壁面が印象的。心地よい風が吹くオープンエアのカフェでは、サンドイッチやケーキなどの軽食が楽しめます。
特にチーズケーキは、ダウンタウンの名店「オットー」から取り寄せるというこだわりが。

Infomation

電話: 808-523-3362
営業時間: 11:00 ~14:00(日曜12:00 ~)


ホノルル郊外に建つ大富豪の邸宅を、美術館として一般公開

Doris Duke’s Shangri La ドリスデュークス シャングリ・ラ

イスラム文化に興味があった大富豪ドリス・デュークは、自らが立てた別荘をイスラムアートで埋めつくし“シャングリラ(理想郷)”として愛しました。

華やかなアート、中庭にある海水の大きなプール…異世界の美に癒されて。

dorisduke

a,b 豪華絢爛な色彩感覚に目を奪われます
c ハワイ・カイの海やダイヤモンド・ヘッドを一望できます

Infomation
電話: 808-532-3853
営業時間: 水-土曜9:00~、10:30~、13:30~※完全予約制
定休日: 日~火曜
入館料: $25 ※毎月最終金曜に日本語ツアーを催行