【コラム】ハワイ文化の基礎知識/「ALOHA」その2

ハワイ語は、単語を分解していくことで隠された意味が見えてくるという。
例えばもっとも有名なハワイ語「ALOHA」。これは「アロ(ALO)」と「ハ(HA)」の2つに分けることができる。「アロ」には、存在する、共存する、合わせる、分かち合う、といった意味がある。そして「ハ」には、呼吸、生命、神の贈り物、といった意味が。つまり「アロ」と「ハ」をつなげた「アロハ」には「息を分かち合う」「生命の存在」といった隠れた意味が見えてくるというわけだ。
さらに、もっと細かく分解することもできる。思いやり、優しさ、親切などを意味する「アカハイ(Akahai)」、協調、調和、融合などを意味する「ロカヒ(Lokahi )」、喜び、礼儀、快適さなどを意味する「オルオル(Olu’olu)」、謙虚さ、慎み、素直さなどを意味する「ハアハア(Ha’a Ha’a)」、忍耐、寛容さ、我慢強さなどを意味する「アハヌイ(Ahonui)」。これらの頭文字をつなげると「ALOHA」になるのだ。
気軽に使っている「アロハ」だけど、知れば知るほど、深く、美しい言葉だということに気づかされる。

(2016,11.08)

関連する記事