【音楽でハワイ】ハワイのミュージシャン Pt.2

【音楽でハワイ】ハワイのミュージシャン Pt.2

views:0

本日もALLHAWAIIで紹介しているハワイのミュージシャンたちを紹介したいと思います。
曲や名前は知っていても出身地やデビューのきっかけなどご存知の方は少ないかもしれません。
是非彼らのストーリーをミュージックと共にお楽しみくださいね。
 レフア・カリマ デビューから35年以上ハワイ音楽シーンで活躍を続けるレコーディング・アーティスト、レフア・カリマのキャリアはカメハメハ・スクールの学生時代に始まった。
クラスメートのナラニ&アンジェラとのトリオ、Nā Leo Pilimehana を結成、高校生タレント発掘イベントに出演して演奏したオリジナル・ソング『Local Boys』のヒットで、一躍ハワイの人気ガールズ・グループとなった。
ナレオのメンバーとしての活動のかたわら、ソロ・シンガーとしてのキャリアもスタートさせたレフア・カリマは、2011年リリースのアルバム『Rising in Love』でナ・ホク・ハノハノ2012、コンテンポラリー・アルバム賞を受賞した。
近年は、ソロ・アルバムをプロデュースしたプロデューサー&ミュージシャン、ショーン・ピメンタルとのデュオ、ショーン&レフアとして新境地を開いている。
 ジャスティン カヴィカ ヤング 1995年にソングライティング・コンテストで優勝したのをきっかけに、10代でデビューのチャンスを掴む。
デビュー・アルバム「No Better Time Than Now」はハワイで大ヒット。
その甘いルックスとソフトなボーカル、R&Bテイストのアイランド・レゲエという音楽スタイルで、ハワイの女性たちから人気を集め、「Soothe You」(1997)「My Eyes Adore You」(1998)とアルバムを連続ヒットさせる。
2000年に活動拠点をLAに移し、計7枚のアルバムをリリースした後、人気アーティスト、コルビー・キャレイと親交を深め、ステージやレコーディング、プライベートで行動をともにするようになる。
2013年の「Makai」がJustinYoung名義での最後のソロ・アルバムで、現在はパートナーのコルビーと組んだ4人組バンド「Gone West」のメンバーとして活動するかたわら、アーティスト名をKawika Youngに変更しシングル曲を発表している。
 ライアテア・ヘルム モロカイ島のフラガールが16歳でシンガー・デビュー…

ハワイ州観光局総合ポータルサイト allhawaii (オールハワイ)
ハワイ州観光局総合ポータルサイト allhawaii (オールハワイ)
allhawaii(オールハワイ)は、ハワイ州観光局公認総合ポータルサイトです。
ハワイの情報収集に役立つホテル、レストラン、アクティビティ、買い物、結婚式のスポット、イベント、コラム、みんなのおすすめのハワイなど、さまざまな情報を提供しています。

関連する記事