ハワイ州観光局、リリウオカラニ女王を讃えるキャンペーンとウェブセミナーを開催

ハワイ州観光局、リリウオカラニ女王を讃えるキャンペーンとウェブセミナーを開催

views:0

ハワイ州観光局は、ハワイ王国8代目で王国最後の君主となったリリウオカラニ女王(1838年9月2日生まれ)の誕生日に、数々の名曲を残した女王を讃えるSNSキャペーン、およびウェブセミナーを開催します。
SNSキャンペーンは、2021年9月2日(木)から9月15日(水)まで開催予定で、リリウオカラニ女王が残した楽曲を弦楽四重奏で演奏したCDアルバム「クイーン・リリオウカラニ」をキャンペーン参加者の中から抽選で10名様にプレゼントします。
ウェブセミナーは、9月17日(金)午後12時から公式ラーニングサイト「アロハプログラム」で配信し、リリウオカラニ女王と王位継承者カイウラニ王女の生涯をテーマに、ハワイ王国後期の歴史を紐解きます。
 リリウオカラニ女王は、ピアノ、オルガン、ギターを弾き、165曲以上の歌を作詞作曲した才能溢れる音楽家でした。
有力な首長の子供として幼少期から英才教育を受け、特に楽譜の読み書きを好んで音楽を学んだと伝えられています。
ワルツやポルカなどの舞踏会音楽や讃美歌などの西洋音楽の影響を受けたメロディと、ハワイの伝統音楽を融合させたオリジナル・ハワイアンソングを多く生み出しました。
そしてハワイ王国が崩壊するまで、イオラニ宮殿に幽閉されていた8カ月の間に、有名な「アロハ オエ」をはじめとした数多くの曲を作ったことで知られています。
 本キャンペーンのプレゼントは、ハワイ・シンフォニー・オーケストラのチェリストで日系四世のジョシュア・ナカザワ氏が率いる「マナ・ミュージック・カルテット」がコロナ禍の2020年9月にリリースしたCDアルバム「クイーン・リリオウカラニ」です。
このアルバムは、ナカザワ氏がステイホーム中に、自宅から程近いイオラニ宮殿に幽閉されていたリリウオカラニ女王の情景を思い描いたことがきっかけとなり、リリウオカラニ女王が残した楽曲を弦楽四重奏の演奏を通して、より多くの人々と共有したいという思いから製作されました。
印象的なジャケットはホノルル在住のネイティブハワイアンでイラストレーターのソロモン・ロバーツ・ヌイ・イーノス氏が手掛けたものです。
ソロモン氏は、ファインアートやイラスト制作のほか、国内外の学校や公共施設の壁画も描くアーティストで、独自の視点でハワイアンカルチャーを表現しています。
 【リリウオカラニ女王を讃えるキャンペーン概要】 開催期間:2021年…

ハワイ州観光局総合ポータルサイト allhawaii (オールハワイ)
ハワイ州観光局総合ポータルサイト allhawaii (オールハワイ)
allhawaii(オールハワイ)は、ハワイ州観光局公認総合ポータルサイトです。
ハワイの情報収集に役立つホテル、レストラン、アクティビティ、買い物、結婚式のスポット、イベント、コラム、みんなのおすすめのハワイなど、さまざまな情報を提供しています。

関連する記事