規格外すぎる!2022年を締めくくる常夏ハワイ島の年末とは……?

規格外すぎる!2022年を締めくくる常夏ハワイ島の年末とは……?

views:0

今年もあとわずか! 今年は2022年の締めくくりにマウナロアの噴火もあり、ハワイ島の街全体が浮き足立っています。
なお、現在マウナロアの噴火はほぼ治まっており、ほとんどラバ(溶岩)が流れているところは見えません。
ちなみに噴火が速報で伝えられてから1日経った11月28日、マウナロアから車で2時間離れたパインツリービーチという海岸からでも、空が燃えたぎる溶岩を映して真っ赤になっているのを確認することができました。
 こうして12月が訪れたハワイ島ですが、ハワイ島の年末を物語る風物詩をふたつご紹介したいと思います。
 ということで、ハワイ島のクリスマスの様子をお届けしたいと思います。
まずは恒例のクリスマスパレードで、今年は12月10日に行われました。
なんと今回で第36回目を迎えるカイルア・コナ・クリスマスパレードは、ハワイ島にクリスマスを伝えてくれる筆頭格の風物詩。
当日は2時間も前からビーチチェア持参のロコたちや観光客が、沿道に集まってきていており、弥が上にも期待が高まります。
今年のクリスマスパレードは62組が参加しており、生演奏あり、歌と踊りあり、様々なミスコンの勝者たちが参加するなど華々しいパレードになりました。
観客も参加者と一体となり、クリスマスの到来を楽しんでいました。
パレードのお楽しみとして、沿道に集まっている子どもたちにちょっとしたおもちゃやお菓子などが配られたりするのですが、25ドル分のギフトカードを配る大盤振る舞いをしているグループもあるなどサプライズは尽きません。
 観客のボルテージが最高潮になったのは、大トリを飾ったハワイ消防局のグループ。
なんと約400リットルもの水をホースで撒き散らしながら進む消防車に、観客たちの火照った身体はクールダウンするどころか、さらに熱く! そんな粋な演出に老いも若きも水を得た魚のように、びしょ濡れになりながら水のなかを飛び跳ねていました。
 クリスマスの時期、ハワイ島コナで一番有名な家とは? さてハワイ島のパレードが終わると、クリスマスモードは一気に加速! そのなかでもハワイ島コナの住民の胸を熱くさせるのが、コナ・クリスマス・ハウスと呼ばれるお宅です。
プアラニ・エステートの一角にある民家のクリスマス・デコレーションは、今年で17年目を迎えるコナのふたつ目の風物詩。
ライトアップされる日には地元のメディアが多数押しかけるほど人気のスポッ…

ハワイ州観光局総合ポータルサイト allhawaii (オールハワイ)
ハワイ州観光局総合ポータルサイト allhawaii (オールハワイ)
allhawaii(オールハワイ)は、ハワイ州観光局公認総合ポータルサイトです。
ハワイの情報収集に役立つホテル、レストラン、アクティビティ、買い物、結婚式のスポット、イベント、コラム、みんなのおすすめのハワイなど、さまざまな情報を提供しています。

関連する記事