ハワイ初のあるものが2023年の夜空に登場!それって何?

ハワイ初のあるものが2023年の夜空に登場!それって何?

views:0

ハワイ初のものが夜空に! 2022年の大晦日から2023年の新年にかけて、ハワイ初のものが夜空を飾りました。
それは何かというと、ザ・カハラ・ホテル&リゾートによるニューイヤーカウントダウンのドローンです。
それもただのドローンではありません!200機もの色鮮やかなライトがついたドローンがカハラビーチの夜空を飾りました。
ハワイで花火はありますが、このドローン花火はハワイ初だったのです!ドローンでは、カハラホテルのロゴをはじめ、サーフィン、イルカ、カメ、州旗、2023の文字など様々なデザインを演出されました。
この新感覚な花火はとっても圧巻でした!ザ・カハラ・ホテル&リゾートのシニア・マーケティング・マネージャーの佐々木和歌子さんは次のように述べています。
「今回カハラホテルにお戻りになられたお客様に通年とは異なるドローン・ライトショーをご用意いたしました。
ドローンは大きな音を出さず、再利用ができ環境を汚染することがなく、カハラホテルのロゴのカウントダウンから始まり、イルカやクジラ、サーファーなどのかわいらしい形を音楽とともにお楽しみいただきました。
今年末もドローン・ライトショーを実施する予定ですので、是非また皆様にお越しいただければ幸いです。
」 カハラビーチの夜空にも打ちあがったハワイ州旗を紐解く カハラビーチの夜空にも打ちあがったハワイ州旗はなぜこのデザインであるかご存じですか?この旗は、ハワイ王国時代のものを引き継いだものですが、見てお気づきのとおり、イギリスのユニオンジャックの国旗とアメリカの星条旗がコラボして作られたものです。
この州旗が作られたのは、カメハメハ大王時代の1816年に遡ります。
 ハワイ州旗の由来をたどる・・・ジョージ・バンクーバー船長がキーワード ハワイは、イギリスのクック船長によって1778年に発見されました。
その船に乗船していた、ジョージ・バンクーバーさんは、ハワイ島ケアラケクア湾でクック船長が殺害された10年後、イギリス政府から太平洋の探検を再度命ぜられ、1793年、船長として訪問しました。
1793年に訪れた際には、バンクーバーさんは、ケアラケクア湾のクック船長の殺害現場を訪れ、その際カメハメハ大王や、大王の妻カアフマヌさんにも会われたそうです。
その後3度にわたってハワイを訪れ、カメハメハ大王と親交を深めたと言われています。
親交の印に、カメハメハ…

ハワイ州観光局総合ポータルサイト allhawaii (オールハワイ)
ハワイ州観光局総合ポータルサイト allhawaii (オールハワイ)
allhawaii(オールハワイ)は、ハワイ州観光局公認総合ポータルサイトです。
ハワイの情報収集に役立つホテル、レストラン、アクティビティ、買い物、結婚式のスポット、イベント、コラム、みんなのおすすめのハワイなど、さまざまな情報を提供しています。

関連する記事