日常英会話がができれば、ビジネスチャンスに国境がなくなります♪

日常英会話がができれば、ビジネスチャンスに国境がなくなります♪

先月からコラムを書いている、英語習得への近道。
話せるようになるには、どんなことをしたらいいのか?をお伝えしましたので、今日は、英語が話せると本当にビジネスのチャンスが広がるということをお伝えします。

まずは、あなたは将来日本で仕事をしたいですか?
それとも、海外で仕事をしたいですか?

海外に住みたいから海外で仕事がしたいです。
というような答えが聞こえてきそうですね。
でも、この私がした質問、今はちょっと変わってきたかもしれません。

英語が話せれば、国境はなくなります。
さらに言えば、今の時代はネット環境さえあればできる仕事であれば、どこの国と決めなくても、自分の好きな場所で仕事をしていけるのです。
日本にいても在宅で海外の会社で働くことが簡単にできます。

では好きな場所で仕事をしていくとはどういうことでしょうか?
私のビジネスで説明しますね。
まさに私のビジネスはどこの国に住んでいても、ネット環境さえあればできちゃいます。
私は今、魔法の着痩せワンピースというのをタイのバンコクにある卸売り店から買い付けしています。
そして、自分のお店のオリジナル商品をタイの工場に発注して制作もしています。
タイで買い付けた商品を日本に送り、日本全国で販売しています。

お客様は全て、日本人。
でも、私は現在、日本に住んでいません。
旦那さんの転勤でオーストラリア在住なのです。

お客様→日本全国
買付→タイのバンコク
住んでいる場所→オーストラリア

上記の3カ国で私のビジネスは動いています。
では、私は日本に住んでいないのにどうやって毎月約300枚のワンピースを日本全国に販売しているのでしょうか?

魔法のワンピースは代理店制度があります。
今や全国に約17か所あります。
なので、私がバンコクの卸売り店とやり取りして買い付けたワンピースを、代理店さんが毎月試着会を開催して販売してくれています。
私はオーストラリアから、メールやLineの指示だけで、ワンピースの販売ができちゃうという仕組みです。

私が起業した時の大きな夢は、たとえ旦那さんの仕事の転勤でどこの国に行ったとしても、ネット環境さえあれば、成り立っていくビジネスにするということでした。

どうですか?
起業はどこの国に住んでいてもできるということです。
ただ、忘れてはいけないのは、ネット環境だけがあっても、起業したとしても、私のビジネスは成り立っていきません。
他に一番大切なことがあります。
さて、それはなんだと思いますか?

それは、日常英会話力です。
私が販売している商品は、主にタイのバンコクのお店からですが、家族で海外旅行に行くときなども、現地でしっかり買い付けしてきます。

そんな時に、英語が話せなかったら。
買うことも、値段の交渉も。
そして、今後ビジネスにつなげたい、取引したい。
そんな時に、相手との意思疎通ができませんよね。

タイの卸売りのオーナーやスタッフはネイティブスピーカーではありませんから、ビジネス英語を話す必要はありません。
でも、しっかりと自分の注文を伝える
意思を伝えられる英語力がなければ、相手は信用してくれません。
そして、英語を話せない相手とは取引をしない卸売り店もあるかもしれません。

なにより、アジアでは値段交渉が大きくビジネスに関わってきます。
言ってしまえば、値段はあってないようなもの。
相手に信用してもらって、気持ちよくビジネスができるようにするのには、相手との友好関係はとても大切です。

それにはやはり、ビジネスの話だけをしていてはダメですよね。
世間話なども含めて、会話ができる英語力が必須になってきます。

今私のビジネスは日本で展開していますが、今後は世界にむけていきたいと考えています。
まずは、2019年にハワイで魔法のワンピースの試着会を開催しようと思っています。

どうしてハワイでワンピースを売るのか?
それは、私が実際にハワイに2年ほど住んでいた時の経験によるものです。

ハワイには日本人の7号~9号サイズの人が着るような、おしゃれで、プチプラなワンピースが売っていなかったということです。
アラモアナショッピングセンターなどのお店は高い。
ワンピースは$100以上もする。
Kマートなどは安いけど、サイズがない、おしゃれじゃない。
など、本当にワンピースのお買い物に困っていました。

ですので、日本人サイズのおしゃれでプチプラなワンピースをハワイで販売しよう!と決めたのです。

私は英語が話せることで、私のお客様は日本人に限定するということはないんです。
これって凄いビジネスチャンスだと思いませんか?
今もFacebookで魔法のワンピースの写真を掲載すると、世界中のお友達から、どこで買えるの?亜紀子が売ってるのか?とメッセージをもらいます。

それが、カナダ人だったり、ドイツ人だったり。
そして、卸売りはしているのか?などのお問合せもあるんです。
英語が話せることで、自然と国境がなくなります。
日本全国のお客様から、将来はハワイへ。
そして、カナダ、ドイツに行くかもしれません。

これは私が英語を習得したからの恩恵だと日々感じています。
今は将来どうやって英語を仕事に活かそうかわからないって人がいるかもしれません。

でも、日上英会話は必ずあなたのやりたい事を後押ししてくれる素晴らしいツールになります。
習得した人だけがうけられる恩恵を受け取っていきましょうね。

ニー亜紀子
著者:ニー亜紀子
Maho de dress代表
横浜生まれの横浜育ち。現在はオーストラリアのダーウイン在住
18歳の時に、一人でニュージーランドにワーキングホリデーで滞在。
20代前半はオーストラリアと東南アジアをバックパーカーで放浪。
後半は二度目のワーホリ&専門学校でカナダのバンクーバーへ留学。

29歳で初ハワイへ。アロハに魅せられ、ハワイ州のマッサージライセンスを取得。
その後、タイのバンコクでタイ古式マッサージにはまり、通ううちに、バンコクでお洋服の買い付けを始め、現在は「魔法のワンピース」を日本でネット販売、セミナー主催、全国に魔法のワンピースの代理店があります。
30代前半は東京で働き、地元の横浜で、アイルランド人の旦那さんと運命の出会い。
34歳で結婚。
2013年の5月から、旦那さんの転勤でオーストラリアに在住。

海外での生活を生かし、現在は東南アジアからのお洋服やアクセサリーなどの買い付けを中心に、日々、楽しみながら過ごしています。

プライベートでは2015年に男の子を出産。現在3歳になる男の子のママです。
仕事と育児の両立に頑張る日々です。

関連する記事