ハワイスポーツの聖地、アロハ・スタジアムとサッカーの関係とは

ハワイスポーツの聖地、アロハ・スタジアムとサッカーの関係とは

2018年2月8日と10日、日米のプロサッカーチームが対峙する国際大会「Pacific Rim Cup 2018 Powered by Under Armour」(以下PRC)
その舞台となるアロハ・スタジアムとは一体どんな会場なのでしょうか。

オアフ島の中央に位置するアロハ・スタジアムは、ハワイ最大の野外競技場として、ハワイ大学のフットボールチームの本拠地でもあり、NFLプロフットボールの試合もこの地で開催されていました。

一方でアロハ・スタジアムがプロサッカー世界基準の会場になるまでには、このような経緯がありました。
2015年12月にアロハ・スタジアムで米国女子サッカー代表対トリニダードトバコ代表の国際親善試合が開催されました。
白熱した試合を誰もが期待する中、アロハ・スタジアムのピッチ状態が悪いことを理由に、米国女子代表選手らが試合をボイコットするという悲劇が起きたのです。
「芝生も荒れ、石も転がっている。その様な場所ではプレーできない」とアメリカ代表GK ホープ・ソロ選手がそう述べ公開した写真が話題となりました。

この悲劇から約8か月後、アロハ・スタジアムの芝はリニューアルされ、性能を最適化。
安全性も最大限に高めた素晴らしいピッチへと生まれ変わったのです。
排水機能も向上、水たまりを防ぎ、雨にも耐えることができる「強い芝」となり、まさに世界基準の会場となりました。

今回の大会におけるミッションの1つとして、この生まれ変わったアロハ・スタジアムの芝がプロスポーツの大会を実施するにあたり、どれほど素晴らしいものなのかを世界に向けてアピールすることが挙げられます。
プロボウルの開催がオーランドに移った今、これを証明するのはまさにPRCの役目です。
PRCを実施する事で、ハワイのスポーツイベント招致の推進、それによるハワイのスポーツツーリズムの活性化に少しでも貢献する事が出来ればと思います。

是非皆さまとこの素晴らしいアロハ・スタジアムにて、お会いできる事を楽しみにしております。

(取材協力)Blue United Corporation
著者:(取材協力)Blue United Corporation
Blue United Corporationはニューヨーク、東京、飯田、プノンペンに拠点を置き、「BLUEの空と海で繋がる地球」同様に世界を繋ぐサッカーというスポーツを通して B.L.U.E を提供する和魂洋才な企業を目指しています。
今回我々はこの理念のもと、Pacific Rim Cup 2018 Powered by Under Armour を主催致します。
President & CEO 中村武彦

関連する記事