ハワイ・リージョナル・キュイジーヌを代表するスターシェフ、アラン・ウォン氏のトマトサラダ          

ハワイ・リージョナル・キュイジーヌを代表するスターシェフ、アラン・ウォン氏のトマトサラダ          

views:0

「ハワイ・シェフのクッキング・レシピ 」第四弾は、ハワイで最も名高いシェフ、アラン・ウォン氏を訪ねました。
今回紹介する料理は、バリエーション豊かな美しさに「和」のエッセンスをベースにしたトマトサラダです。
ダイナミックで華やかな姿と繊細な味のトマトサラダは日本食にも洋食にも合うお料理です。
 シェフ・アラン・ウォン(Chef Alan Wong) シェフ・アラン・ウォンの料理の才能は、料理好きの日本人の母に育てられた影響があると言われています。
子供のころから「出汁」や「うまみ」を生活の中で食し育ったウォン氏は、その「和」の繊細な「うまみ」エッセンスが既に彼の才能のベースにありました。
そこに創造的な才能が加わり、このハワイという人種が融合した地の様々なエスニック料理の要素を取り入れ、そしてハワイで育つ最高級の新鮮な食材を使用し、そこに彼が学んだフランス料理の背景が加わりました。
この彼のユニークな料理には、ハワイの食を深く知る楽しみがあると言われ、グルメ料理の世界で絶賛されるシェフ・アラン・ウォンとして名を馳せていきました。
1989年、マウナラニベイ・ホテル&バンガローにカヌーハウス・レストランをオープンしたアラン・ウォン氏。
1991年には、彼と11人のシェフが地元の農家、漁師、牧場主と協力するグループを結成し、「ハワイ・リージョナル・キュイジーヌ(HRC)」を誕生させました。
ハワイは地元の新鮮な食材を使ったユニークかつグルメな料理を食せる場所として人気を博し、このHRCの設立により、新たなハワイ食文化がスタートしました。
1994年にはシェフ・アラン・ウォンの卓越した料理が評価され、ロバート・モンダヴィ・ワイナリーからアメリカの13人のライジングスターシェフの一人に選ばれ、また1996年にはパシフィック・ノースウエストでジェームズ・ビアード賞のベストシェフ賞を受賞しています。
現在もトップの評価を受け続けている中、その功績は現在までに170以上もの様々な賞を授与しています。
アラン・ウォン氏は師匠であるアンドレ・ソルトナー・シェフより「熟練した職人であること」と「地に足をつけて料理をすること」の重要性を学び、この言葉は彼自信にも、また若手の育成にも、あらゆる面でシェフ・アラン・ウォンの理念となっています。
また彼は、地域社会と専門職に報恩することを信条としています。
彼の功績に、ハ…

ハワイ州観光局総合ポータルサイト allhawaii (オールハワイ)
ハワイ州観光局総合ポータルサイト allhawaii (オールハワイ)
allhawaii(オールハワイ)は、ハワイ州観光局公認総合ポータルサイトです。
ハワイの情報収集に役立つホテル、レストラン、アクティビティ、買い物、結婚式のスポット、イベント、コラム、みんなのおすすめのハワイなど、さまざまな情報を提供しています。

関連する記事