新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関するよくある質問(FAQ)

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関するよくある質問(FAQ)

views:0

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関するよくある質問をまとめました。
2020年9月23日時点の情報です。
 【出入国・自己隔離】関連 Q1:現在ハワイへの渡航は可能ですか? A1:可能ですが、現在、不定期に運行されている臨時便*など以外は、日本―ハワイ間の直行便は全て運休しているため、米国本土またはグアムを経由する必要があります。
ハワイ現地時間10月15日よりハワイ州へ来島する訪問者は、出発前に新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のPCR検査を含む核酸増幅検査(NAAT)を行い、陰性であることの証明を提示すれば14日間の自己隔離を免除されます。
詳しくは

https://www.allhawaii.jp/htjnews/4084/

をご覧ください。
※臨時便に関しては、各航空会社のウェブサイトを確認されることをお勧めいたします。
Q2:日本出発前にどのような準備が必要ですか?A2:ESTA取得確認以外に、ハワイ州トラベル&ヘルスフォームへの旅行情報及び健康情報の事前登録が必須となります。
事前に旅行情報をオンライン登録(

https://travel.hawaii.gov/#/

) いただき、出発24時間以内に健康状態を回答し、eメールでQRコードを受信してください。
ハワイ入国時、QRコードを提示いただきます。
14日間自己隔離中の連絡先として利用する携帯電話が必要となります。
Q3:ハワイ入国時の流れはどのようになりますか?A3:入国審査に関しては、通常通りですが、ハワイ州トラベル&ヘルスフォームのQRコードを荷物を受け取り、税関を通った後に提示します。
検温を受け、体温が華氏100.4度(摂氏38度)以上ある場合や発熱症状がある場合、追加の検査が必要となります。
Q4:日本から米国本土経由で渡航する場合、どのようなことが求められますか?A4:米国本土(経由地)で、空港から出ない場合は検疫の必要はありません。
乗継便の出発がハワイ州への到着日と異なる場合は、事前に乗継空港のある州にご確認下さい。
米国本土経由でハワイに到着した場合は、宿泊先での14日間自己隔離が必要となります。
10月15日から米国経由でハワイに入る場合も出発72時間前の核酸増幅検査(NAAT)が必要になります。
Q5:ハワイでの14日間自己隔離中の規則はどのようなものですか?A5:14日間の自己隔離中、宿…

ハワイ州観光局総合ポータルサイト allhawaii (オールハワイ)
ハワイ州観光局総合ポータルサイト allhawaii (オールハワイ)
allhawaii(オールハワイ)は、ハワイ州観光局公認総合ポータルサイトです。
ハワイの情報収集に役立つホテル、レストラン、アクティビティ、買い物、結婚式のスポット、イベント、コラム、みんなのおすすめのハワイなど、さまざまな情報を提供しています。

関連する記事