ハワイ島在住 長谷川久美子さん、ヒロで水鳥の生息地再生に取り組む

ハワイ島在住 長谷川久美子さん、ヒロで水鳥の生息地再生に取り組む

views:0

コロナ禍で始めた長谷川さんの取り組み 長谷川久美子さんと言えば、読者の皆様の中でも、コロナ前、ハワイ島のハワイ火山国立公園などで植物や鳥の観察といった彼女のエコハイキングツアーに参加された方も多いかもしれません。
コロナ禍で、長谷川さんは、自ら目に見える形で環境のために取り組みをしたいと決意され、2021年1月から新しい取り組みをはじめられたんです。
今回は、長谷川さんのその取り組みをレポートします。
 この取り組みを始められたきっかけは? パンデミックでこれまでのツアーのお仕事がなくなってしまったのが、2020年3月の第2週目。
それから、長谷川さんは、コロナ前にツアーの仕事でなかなか参加できてなかったボランティア活動に、同年6月から1週間に1度のペースでボランティア活動をはじめました。
そして、同年10月からは、日本のお客様に向けて、ハワイの自然史や自然保護についてオンラインセミナーで、火山、動植物などの自然や自然保護についてご紹介される機会が増えてくるようになりました。
そこで、積極的に参加されているボランティア活動についても話されるようになり、もっと自分の手で問題解決につながる活動をすることの大切さを伝えるようになったそうです。
 参加されていた活動は、わずかしか残っていない乾燥林の再生や、在来種や固有を植えている公園、枯渇しているオヒアレフアの雨林の保護のためのボランティア活動などで、ハワイ島の西側、北側、南側で行っていたものでした。
そこで、ヒロ在住の長谷川さんが何か地元でできるボランティア活動はないかと思い、ヒロにあるフィッシュポンド「ロコワカ・フィッシュ・ポンド」にたどりついたのです。
 長谷川さんは、10年前にこのフィッシュポンドの水辺で固有種であるクロエリセイタカシギ(Aeʻo/アエオ) という鳥を観察したことがあり、その姿が忘れられなかったそうです。
そこで、再びクロエリセイタカシギが訪れるような場所にしたいということを目標に、彼女自身でプロジェクトをはじめられました。
写真のクロエリセイタカシギのように、いつの日か、飛んできてもらいたいと、長谷川さんは、その日を楽しみに取り組まれています。
 クロエリセイタカシギ Photo by Sherman Wing 長谷川さんが今取り組む環境のための活動とは? 2021年1月から、ハワイ島ヒロにあるフィッシュポンド「ロコワカ…

ハワイ州観光局総合ポータルサイト allhawaii (オールハワイ)
ハワイ州観光局総合ポータルサイト allhawaii (オールハワイ)
allhawaii(オールハワイ)は、ハワイ州観光局公認総合ポータルサイトです。
ハワイの情報収集に役立つホテル、レストラン、アクティビティ、買い物、結婚式のスポット、イベント、コラム、みんなのおすすめのハワイなど、さまざまな情報を提供しています。

関連する記事