ワイキキホテルのニューウェーブ「ツイン フィン ワイキキ」がグランドオープン

ワイキキホテルのニューウェーブ「ツイン フィン ワイキキ」がグランドオープン

views:0

リニューアルで近代サーフィン発祥地の象徴として生まれ変わったホテルが ワイキキのオーシャンフロントにデビュー ホスピタリティ企業のハイゲートがハワイで運営するホテルコレクションの一つ、「ツイン フィン ワイキキ」が、オアフ島ワイキキのビーチ沿いに本日オープンしました。
数百万ドルをかけた改装工事を経て生まれ変わったホテルは、ゲストが地元の音楽やアートに触れ、地域とつながれる集いの場として、ワイキキというデスティネーションの中心的存在となります。
刷新された客室と新しいデザインのフロア、伝統文化に根ざした真のハワイ体験、ワイキキビーチが目下に広がる絶景が特徴です。
 海から歩いてすぐの場所に位置するツイン フィンのホテル名は、メローな波でゆったりと楽しむサーフィンに適したフィンが2枚ついたサーフボードにちなんでいます。
リニューアルオープンしたホテルは、ハワイらしいゆとりと活気に満ちたスピリットを随所に感じさせるとともに、オーシャンフロントのトロピカルな雰囲気に包まれ、思いがけない体験や思い出に残る有意義な時間を共有できる沢山の機会を提供しています。
 「このホテルのすぐ前にあるビーチで育まれ、デューク・カハナモクによって世界に広められたサーフィンは、ツイン フィンにとって大事なアイデンティティの一つです。
本日のグランドオープンにあたっては、ハワイのスピリットをゲストの皆様とともに祝いたいと思います」と、ハイゲートのエリア統括ディレクターのランディ・ダイヤモンドは述べています。
「地元アーティストによるオリジナルアート、美しい景色を望む快適でスタイリッシュな空間、海の保護と保全を目的としたサステナビリティへの取り組みなど、当ホテルにはあらゆる面において、ワイキキという特別な場所へのオマージュが込められています」 客室とリゾートのリニューアル 全645室の客室のうち、48室がスイートルームで構成されています。
ミッドセンチュリーモダンを思わせるデザインがアクセントの客室とスイートルームは、現代のサーフカルチャーを象徴するコンテンポラリーなインテリアで、時を超えて愛され続けるサーフィンの魅力を表現しています。
うっとりするほど鮮やかな海のブルーをカーペットで大胆に表現し、アート作品や家具のファブリックにエネルギッシュな色を散りばめた客室は、青い海に映えるカラフルなサーフボードのような印象…

ハワイ州観光局総合ポータルサイト allhawaii (オールハワイ)
ハワイ州観光局総合ポータルサイト allhawaii (オールハワイ)
allhawaii(オールハワイ)は、ハワイ州観光局公認総合ポータルサイトです。
ハワイの情報収集に役立つホテル、レストラン、アクティビティ、買い物、結婚式のスポット、イベント、コラム、みんなのおすすめのハワイなど、さまざまな情報を提供しています。

関連する記事