マウナロア火山噴火活動アップデート

マウナロア火山噴火活動アップデート

views:50

更新:ハワイ時間2022年12月13日更新 米国地質調査所(USGS)は、12月13日(火)にマウナロアの噴火が停止したことを発表しました。
 更新:ハワイ時間2022年12月12日午後2時30分現在 ハワイ火山観測所は、ハワイ時間12月11日(日曜日)よりマウナロア火山噴火警戒レベルを警告から勧告に引き下げました。
12月12日午前9時35分現在、北東リフトゾーンにあるフィッシャー3ではまだ噴火活動が行われていますが、そこから流れる溶岩流は威力を衰え、少しずつおさまってきているとハワイ火山観測所が報告しています。
このため、視界で確認できる溶岩活動は少しずつ減ってきています。
住民や旅行者のダニエル・K・イノウエハイウェイ付近のエリア、旧サドルロード、並びに溶岩が流れてきたエリアなど全てのアクセスは禁止されています。
ダニエル・K・イノウエハイウェイは通常通り利用が可能となりますが、利用者の皆様は下記内容を事前にご確認ください。
ダニエル・K・イノウエハイウェイ マイルマーカー16=31間車両停止・駐車禁止:ハワイ島郡は緊急事態宣言を発令し、これにより交通安全を妨げるダニエル・K・イノウエ ハイウェイ(DKI)マイルマーカー16 (MM16)=マイルマーカー31 (MM31) 間でのマウナロア火山噴火を見物するための車両停止、駐車を禁止となります。
(許可されているエリアならびに指定されたパーキングエリアを除く)緩和ルート:マウナロア火山噴火を見物する人々が増加したことを受けて、安全性を懸念し、ダニエル・K・イノウエ・ハイウェイ沿いに緩和ルート(THMR: Traffic Hazard Mitigation Route) を開設しています。
THMRは旧サドルロード、約4.5マイル(7.2km)、東回りの一方通行で、ギルバート・カヘレ・レクリエーションエリア向かいが入り口となり、プウフルフル手前の合流点まで繋がっています。
THMRは一般車両利用のみとなります。
商業車のTHMRの侵入は不可となっています。
溶岩流見物する方々のパーキングエリアはTHMR脇道の右側に駐車すること、駐車時間は最大90分までと義務付けられています。
マウナロア・ロード、マウナロア山頂・高台エリアの通行止めについて:ハワイ火山国立公園の主要エリアは平常通り開園しています。
ハワイ火山国立公園からのお知らせはこちら…

ハワイ州観光局総合ポータルサイト allhawaii (オールハワイ)
ハワイ州観光局総合ポータルサイト allhawaii (オールハワイ)
allhawaii(オールハワイ)は、ハワイ州観光局公認総合ポータルサイトです。
ハワイの情報収集に役立つホテル、レストラン、アクティビティ、買い物、結婚式のスポット、イベント、コラム、みんなのおすすめのハワイなど、さまざまな情報を提供しています。

関連する記事