クアロアランチのカルチャー・ディレクター紹介

クアロアランチのカルチャー・ディレクター紹介

views:50

クアロアの「護り人」としての役割 オアフ島北東部のクアロアランチといえば、乗馬ツアーや映画ロケ地ツアーなど、アクティビティ基地としての印象が強いかもしれません。
ですが実はクアロア一帯はオアフ島で指折りのハワイアンの聖地であり、クアロアランチはその文化遺産や自然をあずかる「護り人」のような存在でもあること、ご存知でしょうか?さまざまな神話が残る神秘の地であり、王族の居住地でもあったクアロアを、1850年、カメハメハ3世より譲り受けたのが3世の相談役だったゲリット・ジャッド氏。
後に近隣の土地も加わり、3つの渓谷を擁する広大な土地でクアロアランチを営んできたのが、そのジャッド氏の一族でした。
 【上の写真:クアロアランチ提供。
空からクアロアを望む】クアロアのさらなる歴史的重要性は後述するとして、そういったきわめて特殊な土地で各種事業を展開するクアロアランチで、この6月から「ハワイアンカルチャー&地域活動マネージャー」という要職を務めるのが、ジョーイ・カラナキラオカラフイ・パルぺさんです。
「クアロアランチはハワイ古来の価値観を軸に運営されています。
ランチの多彩な事業が、ハワイアンの価値観に基づいて進んでいるかどうか。
その確認と再構築をするのが私の仕事」とジョーイさん。
新規プログラムの構築に参画したり刊行物の表現をチェックしたり、はたまた文化的におかしなギフトショップの商品を却下したり。
業務は多岐にわたりますが、ランチ全般の「文化的なお目付け役、ご意見番」といえば、イメージが伝わりやすいでしょうか。
 【上の写真:クアロアランチ提供。
ランチがハワイアンの価値観に沿って運営されるよう、確認するのもジョーイさんの仕事】さらに地域向けの文化イベントやハワイ内外の学生&団体向けプログラムの企画に携わるのも、ジョーイさんの仕事。
ランチの従業員400人を対象にしたカルチャークラスも担当しています。
「ようするにカルチャーアドバイザーのような役目ですが、私の仕事にはさらに教育的な要素が加わります」実際、ジョーイさんはこの6月まで、ハワイアン子息のための名門校「カメハメハスクール」の中等部で教鞭を執っていたというユニークなキャリアの持ち主。
以下、ハワイアンカルチャーの専門家であり教育者でもあるジョーイさんの横顔を紹介していきましょう。
 クアロアの申し子、ジョーイさんとは? ジョーイさんはクアロアと…

ハワイ州観光局総合ポータルサイト allhawaii (オールハワイ)
ハワイ州観光局総合ポータルサイト allhawaii (オールハワイ)
allhawaii(オールハワイ)は、ハワイ州観光局公認総合ポータルサイトです。
ハワイの情報収集に役立つホテル、レストラン、アクティビティ、買い物、結婚式のスポット、イベント、コラム、みんなのおすすめのハワイなど、さまざまな情報を提供しています。

関連する記事