ハワイのロコが愛する地元のベーカリー

ハワイのロコが愛する地元のベーカリー

views:200

さまざまな人種や文化が混じりあうハワイではフランス風のパンをはじめ、和風、フィリピン風などさまざまなパンを見かけることができます。
今回は数あるハワイのベーカリーのなかから、ロコに愛され続けている地元の人気店をご紹介します。

ホヌ・ベーカリー/Honu Bakery

ビーチウォーク・カフェ/Beachwalk Cafe

「ホヌ・ベーカリー」は2005年のオープン以来、町のパン屋さんとしてロコに親しまれているお店です。

オーナーを務めるジャイさんは韓国出身。
パン屋さんといえばケーキも販売するのが一般的な韓国ですが、ホヌ・ベーカリーにもジャイさんが作る美味しそうなデザート系のパンがバラエティ豊富に並んでいます。

店名の「ホヌ」にはハワイ語で「カメ」という意味があり、看板メニューの「タートルブレッド」は亀の甲羅をイメージした一品。
小さな6角形のパンが甲羅のように繋がっていて、13個のパンが繋がった大きなサイズと、7個繋がった小さなものがあります。

ふんわりとしたパンを割ってみると、中にはバタークリームがたっぷり!
さらにレーズンと栗の甘露煮まで入っています。
とても人気があるパンで、まとめ買いするお客さんもいるのだそう。

また、ゴマを練り込んだ生地を焼き上げた「セサミ・モチボール」もおすすめ。
ひとくち食べると外はカリッと中はモチモチとしていて、ごまの風味が口の中いっぱいに広がります。

そのほか、ビスケットなどの焼き菓子やケーキなども販売しています。
場所はカへカストリートとサウスキングストリートの交差点近く、お隣の「パンダエクスプレス」が目印です。

アイクス・ラブ&サンドイッチ/Ike’s Love & Sandwiches アクセス+店舗情報

ホヌ・ベーカリー/Honu Bakery

住所:
1495 S. King St., Honolulu
電話番号:
808-949-1588
営業時間:
7:00~18:30
定休日:
日曜
URL:
http://www.honubakery.com/

エピヤ ブーランジェリー&パティスリー/EPI-YA Boulangerie&Patisserie

2018年、サウスベレタニアストリート沿いにあったベーカリー「サンジェルマン」が惜しまれながら閉店。

一部の元スタッフが、サンジェルマン跡地で新しく始めたお店が「エピヤ ブーランジェリー&パティスリー」です。

店名の「エピ」とはこちらの名物パンのひとつで、麦の穂を形取ったフランス発祥のパンのこと。
パンの名前に日本語の「屋」をつけて「エピ屋」と名付けられました。

創業メンバーには、ハワイのサンジェルマンで38年間チーフベイカーを務め、閉店後は日本に帰国していたというスタッフも。
帰国後は日本のサンジェルマンでアシスタントマネージャーとして働いていましたが、エピヤがオープンすることを知り、ハワイに戻って仲間に加わりました。

清潔感にあふれる店内ではさまざまな種類のパンが販売されており、アンパンやクルミパン、ハムロールにディナーロールなどサンジェルマンの伝統を受け継いだパンもちらほら。

日本産の酵母を使用した食パンは大人気。
「カカアコ・ファーマーズ・マーケット」の人気店「カツサンド808」でも使われています。

エピヤベーカリーオリジナルのパンも多数販売されており、どれも売り切れ必至の商品ばかりです。
お近くを通りがかった際には、ぜひ立ち寄ってみてくださいね。

アイクス・ラブ&サンドイッチ/Ike’s Love & Sandwiches アクセス+店舗情報

エピヤ ブーランジェリー&パティスリー/EPI-YA Boulangerie&Patisserie

住所:
1296 S Beretania St., Ste. 105, Honolulu
電話番号:
808-888-8828
営業時間:
6:00~18:30
定休日:
火曜
URL:
http://epiyabakery.com/

レインツリー・ベーカリー・コーヒーハウス/Raintree Bakery Coffeehouse

リゴ スパニッシュイタリアン/Rigo Spanish Italian 参照:@huge.restaurant

「レインツリー・ベーカリー・コーヒーハウス」は2015年にオープンした、知る人ぞ知るベーカリーカフェです。

オーナーは上品なふたりの紳士、エリオットさんとジェリーさん。
彼らはリタイアして時間ができたものの、暇に耐え切れず、こちらのお店をオープンさせるに至ったんだとか。

研究室で働いていたジェリーさんは毎朝ベーカリーでマフィンを焼き、レストランで働いていたというエリオットさんがバリスタとして美味しいコーヒーを淹れています。

ふたりのこだわりは地元の人たちが集まって談笑するような、フレンドリーな雰囲気のお店を作ること。
そのため、最近のカフェでは当たり前のように設置されているWi-Fiもこのお店にはありません。

サンドイッチ、ケーキなどさまざまなメニューを提供していますが、なかでも人気があるのはショーケースに並ぶさまざまなできたてマフィン。
防腐剤を使わず、砂糖も控えたマフィンは繊細な甘さと豊かな風味が楽しめます。
ローカル産のコーヒー豆「カイルアロースター」で淹れたコーヒーとの相性も抜群!

日本人観光客があまり訪れることのない居心地のよいベーカリーカフェ。
場所はサウスベレタニアストリートとヤングストリートに挟まれた、ペンサコーラストリート沿いです。

アイクス・ラブ&サンドイッチ/Ike’s Love & Sandwiches アクセス+店舗情報

レインツリー・ベーカリー・コーヒーハウス/Raintree Bakery Coffeehouse

住所:
1110 Pensacola St., Honolulu
電話番号:
808-543-5993
営業時間:
8:00~16:00、金曜・土曜8:00~20:00
定休日:
月曜
URL:
https://www.facebook.com/Raintree-Bakery-Coffeehouse-Inc-582276405243614/

ナンディングズ・ベーカリー/Nanding’s Bakery

ビーチウォーク・カフェ/Beachwalk Cafe

2001年、カリヒ地区で誕生したフィリピン系のパン屋さん「ナンディングズ・ベーカリー」。

2016年にはホノルルにあるグルメ通りのひとつ、カパフルアベニュー沿いにも新店舗がオープンし、ワイキキからでも気軽に買いに行けるようになりました。

ナンディングズ・ベーカリーの人気商品といえば毎日1,000個、多いときには3,000個以上を売り上げるという「スパニッシュロール」。

優しい風味のロールパンは懐かしい味とちょうどよいサイズ感で食べやすく、3個で1.20ドルという価格も魅力的です。

また、フィリピンではポピュラーなエンサイマダも多くのファンを持つ一品。
なかでも、ハワイでブームが続くウベを練り込んだ「ウベエンサイマダ」はクリーミーな食感とほのかな甘みがクセになる美味しさです。

惣菜パンも種類が豊富で、ソーセージパンやチーズパンは午後には売り切れてしまうことも。
パン以外にもパイナップルエンパナーダやマカロン、ブラウニーなどのデザートもあります。
10センチほどの大きなクッキーもぜひ試してみてくださいね!

ナンディングス・ベーカリーのカパフルアベニュー店は「ジッピーズ」の近く、カパフルアベニューから少し入ったキャンベルアベニューとマーサストリートの角にあります。

アイクス・ラブ&サンドイッチ/Ike’s Love & Sandwiches アクセス+店舗情報

ナンディングズ・ベーカリー カパフル/Nanding’s Bakery Kapahulu

住所:
3210 Martha St, Honolulu
電話番号:
808-367-1172
営業時間:
5:00~19:00
定休日:
無休
URL:
https://www.facebook.com/pages/Nandings-Bakery-Kapahulu/292586767759182

今回ご紹介したベーカリーはいずれもワイキキエリア外にありますが、足を運ぶだけの価値があるお店ばかり。
ハワイに行ったらロコが愛してやまない美味しいパンを味わってみてくださいね。

関連する記事