【学ぶハワイ】4/22はアースデイ:地球環境について学ぼう

【学ぶハワイ】4/22はアースデイ:地球環境について学ぼう

views:100

4月22日はアースデイ(地球の日) 1970年に誕生した「アースデイ(地球の日)」。
私たちにとって、切っても切り離せない関係にある"地球"の環境について考え、行動する日です。
今ある自然環境を次世代へ残すために、私たち一人ひとりが取り組める活動はたくさんあります。
今日は、ぜひ地球環境について改めて考えながら、ハワイ州が取り組む環境保全に関わる活動や、どのような活動に参加できるかをご覧ください。
 ◇ アロハプラスチャレンジとは? ハワイ州では、国連が実施する持続可能な開発目標 (Sustainable Development Goals: SDG’s)を基準に、ハワイ州での目標を設定した特別プログラムがあります。
それが「Aloha+CHALLENGE(アロハプラスチャレンジ)」です。
 環境問題への対策としては、・2030年までにエネルギー供給量の70%をクリーンエネルギーへ転換・外来種の抑制を行い、在来種の復元を強化・リサイクル等を通して固形廃棄物を70%削減などが含まれます。
ハワイが目指す持続可能な環境を守るために活動の詳細は下記サイトにまとめられています。
 ◇ 私たちにできること 【サンゴ礁を白化から守ろう】太陽が輝くハワイでアクティブに過ごすには、日焼け止めクリームが欠かせない!という方も多いのではないでしょうか。
皆さまの肌を守る日焼け止めクリームの一部の成分が、海の生物に危害を与えているかもしれません。
ハワイでは、海の生き物を育て守るサンゴ礁の白化を止めるため、サンゴ礁に優しい成分で作られた日焼け止めクリームの使用を推奨しています。
  【ハワイの固有植物を守ろう】ハワイの主要6島には、それぞれに代表する植物があります。
ハワイ諸島の中で一番大きいハワイ島を代表する花、それはオヒアレフアです。
溶岩台地の上でもたくましくに育つハワイ固有種のオヒアレフアは、絶滅危惧種の鳥やハワイに生息する唯一の陸生哺乳類のコウモリをはじめ、多く の在来種にとって生息環境や栄養を与えてくれる重要な存在です。
そして、葉や枝は森の中の霧を吸収し、その水分を土に 送り込み、地中の生き物たちを養っているのです。
貴重なオヒアレフアを保護するために、ハワイ観光の際に守っていただきたい5つのことがあります。
  【ハワイで海洋生物に出会ったらどうするべき?】ハワイの海でウミガメやハ…

ハワイ州観光局総合ポータルサイト allhawaii (オールハワイ)
ハワイ州観光局総合ポータルサイト allhawaii (オールハワイ)
allhawaii(オールハワイ)は、ハワイ州観光局公認総合ポータルサイトです。
ハワイの情報収集に役立つホテル、レストラン、アクティビティ、買い物、結婚式のスポット、イベント、コラム、みんなのおすすめのハワイなど、さまざまな情報を提供しています。

関連する記事