アロヒラニ リゾート ワイキキ ビーチ、ハワイのホテルで初めてカーボンニュートラル認証取得に向けたコミットメントを発表

アロヒラニ リゾート ワイキキ ビーチ、ハワイのホテルで初めてカーボンニュートラル認証取得に向けたコミットメントを発表

views:0

ワイキキビーチの目の前に佇むリゾートホテル「アロヒラニ リゾート ワイキキ ビーチ」は、カーボンニュートラルの達成に向けて国際規格のPAS2060認証を取得するというコミットメントを発表しました。
同リゾートでは温室効果ガスの排出量を削減すべく、ドイツの検査会社であるデクラ社(DEKRA)の検証サービスを利用する他、ハワイアン・レガシー・森林再生イニシアチブ(HLRI)およびレガシー・カーボンLLCと提携。
レガシーフォレストに10万本の自生樹木を植樹するプロジェクトの実施や全館で再生可能エネルギー電力を使用するなど、様々な施策を進めています。
このような取り組みにより、お客様は環境への影響を心配をすることなく安心して思い出に残るバケーションを満喫することができます。
 アロヒラニ リゾートのカーボンニュートラル認証は、唯一の国際規格であるPAS2060に基づき国際的な検査・認証機関のデクラ社によって検証され、2022年の間にスコープ1、2、およびスコープ3の一部における温室効果ガス排出量の削減を目指しています。
GHG(温室効果ガス)プロトコルでは、スコープ1はプロパンガス、ガソリン、ディーゼル燃料、液化天然ガスなどの自社で購入した燃料の使用に伴い直接排出される温室効果ガスの排出量、スコープ2は他社から供給される電力を自社で使用することによって関節的に排出される温室効果ガスの排出量、スコープ3は取引先や製品利用者を含む自社以外のサプライチェーンにおける温室効果ガスの排出量に分類されています。
リゾートでは現在、スコープ1〜3全体においてカーボンニュートラルを達成するために、スコープ3に関連する排出量の算定に取り組んでいます。
アロヒラニ リゾートは、ホスピタリティ事業の投資・経営におけるリーディングカンパニーであるハイゲート社によって運営されています。
ハイゲート社はサステナビリティ・イニシアチブの一環として、200以上もの施設の電力を100%再生可能エネルギーへと移行。
アロヒラニはそのうちの一つであり、米国の代表的なグリーン電力認証プログラムであるGreen-e®の認証をコミットしている施設でもあります。
アロヒラニ リゾートではまた、レガシーフォレストで森林再生の大切さを学びながらハワイ固有の樹木を植えることができるプログラムなど、お客様がリゾートの自然保護活動に参加できる機会…

ハワイ州観光局総合ポータルサイト allhawaii (オールハワイ)
ハワイ州観光局総合ポータルサイト allhawaii (オールハワイ)
allhawaii(オールハワイ)は、ハワイ州観光局公認総合ポータルサイトです。
ハワイの情報収集に役立つホテル、レストラン、アクティビティ、買い物、結婚式のスポット、イベント、コラム、みんなのおすすめのハワイなど、さまざまな情報を提供しています。

関連する記事