サーフィンの歴史

サーフィンの歴史

views:0

サーフィンをご存知だろうか?沖から割れて来る波に乗り、弧を描く様なターンを決め、わずか十数秒の「その行為」に魅せられて、波に乗ってはまた沖に向かう。
その単純作業の繰り返しだが、一度波とのシンクロ(同調)を味わってしまうと、その何とも表現し難い「爽快感」や「開放感」の虜になってしまう、それがサーフィンだ。
長い歴史を経て、現代へと受け継がれるハワイのサーフスピリット。
古くは王朝の時代から、種族や歴史の変遷に寄り添いそのスタイルに変革を遂げながら現代の形へと移り変わって来たものの、「アロハ」の精神と美しい海、青い空の下でのライフスタイル・カルチャーとして親しまれて来た、そんなハワイにおけるサーフィンの歴史を紐解いてみよう。
1778年、イギリス人の探検家、ジェームズ・クック船長がハワイを発見した際、すでにサーフィンはこの島で暮らすハワイ先住民にとって国民的なアクティビティとして伝わっていたと言われている。
初代国王カメハメハも優れたサーファーであった事が知られている。
19世紀にはアメリカ本土からやって来たキリスト宣教師により、フラや信仰と共に抑圧された時期があったが、ハワイアン・スピリットの象徴として絶える事なく復活し、20世紀以降は世界中の多くの人々に広がり、サーフ・カルチャーとして現在も発展を遂げている。
「現代サーフィンの父」と呼ばれ、その英雄としての存在が広く知られているレジェンド・オブ・ハワイ、デューク・カハナモクは勿論、エディ・アイカウやバッファロー・ファミリー、現代のサーフシーンを引率するニューヒーローでもある、ジョン・ジョン・フローレンスなど多くのトップサーファーを輩出するハワイとサーフィンの深いヒストリーを理解する事で、ハワイに対する理解、自然を尊重する気持ちや「レスポンシブル・ツーリズム」への理解を深めて頂きたい。
 ハワイにおけるサーフィンの起源 ハワイやタヒチなどに住む、「古代ポリネシア系民族」の人達は、西暦400年頃よりアウトリガーカヌーを使い漁に出ていたという。
沖から戻る際には打ち寄せてくる波に乗り岸に戻る。
これが「サーフィン」というスポーツの始まりと言われている。
 From the T. DeLaVega Family Collection サーフィンの始まり 島の周辺をリーフ(サンゴ礁)に囲まれているハワイでは、沖から岸に近くにつれて浅瀬になってい…

ハワイ州観光局総合ポータルサイト allhawaii (オールハワイ)
ハワイ州観光局総合ポータルサイト allhawaii (オールハワイ)
allhawaii(オールハワイ)は、ハワイ州観光局公認総合ポータルサイトです。
ハワイの情報収集に役立つホテル、レストラン、アクティビティ、買い物、結婚式のスポット、イベント、コラム、みんなのおすすめのハワイなど、さまざまな情報を提供しています。

関連する記事