ハワイの食文化を満喫できる新しいスーパー『ワイキキマーケット』が2023年1月11日(水曜日)に待望のグランドオープン

ハワイの食文化を満喫できる新しいスーパー『ワイキキマーケット』が2023年1月11日(水曜日)に待望のグランドオープン

views:0

ワイキキの中心、活気あふれるクヒオ通りに新築された話題の複合施設リリア・ワイキキの2階に、2023年1月11日(水)、フルサービスのスーパーマーケット「ワイキキマーケット」が誕生します。
ワイキキの最新フードスポットとなるワイキキマーケットは、ハワイの多様な食文化や伝統を尊重した店づくりを目指しており、従来の食料品に加え地産食材やハワイで製造された食品を数多く取り入れ、世界中から訪れる観光客にハワイの食文化を紹介する役割も担っていいます。
また、店内には「ピコ・キッチン+バー」と「オリリ・ワイキキ」(近日オープン)という2つのレストランが併設され、「ハワイの食体験」をさらに深く楽しむことができます。
ワイキキマーケットは、“サリー”という愛称で知られたハワイの企業家であり、著名なビジネスマンでもあった故モーリス・J・サリバン氏が設立したフードパントリー・リミテッドが運営します。
同社は1960年にフードパントリーを開店し、2019年リリア・ワイキキ建設の為に閉店するまでの約60年もの間、便利なワイキキのスーパーマーケットとして観光客やワイキキの住民に親しまれていました。
 フルサービスのスーパーマーケット 青果、精肉、鮮魚、ベーカリー、デリなど、ハワイ産食材とハワイで作られたプロダクトを含むバラエティ豊かな品揃え。
また、ワインやビールなどのアルコール類、お花やお土産などの厳選された商品も販売。
 4つのテーマに分かれた惣菜コーナー ハワイのユニークな食文化を味わうことができる惣菜ステーションは、ポケ、ライス、ローカルプレート、そしてベイクショップの4ヶ所。
お好みに合わせたオーダーメイドのボウルやプレートを注文できるほか、お店自慢のシグネチャーコンビネーションの中から選ぶこともできる。
注目商品は、ポケ、カルアポーク、ロミサーモンを組み合わせた「パウハナボウル」や、チャーシュー、青梗菜などハワイ産食材にこだわった「チャイナタウンスタイル・フライドライスボウル」、ローカル色満載のフラットブレッド「リリコイBBQソースのプレフチキン」など。
また、おやつに人気の揚げたてマラサダは、オリジナルとモチスタイルの2種類に、さまざまなフレーバーを用意。
明るい店内には、朝から晩までいつ訪れても食べたいもので溢れている。
惣菜コーナーで購入したプレートやボウルは、持ち帰りに対応しているほか、クヒオ通り…

ハワイ州観光局総合ポータルサイト allhawaii (オールハワイ)
ハワイ州観光局総合ポータルサイト allhawaii (オールハワイ)
allhawaii(オールハワイ)は、ハワイ州観光局公認総合ポータルサイトです。
ハワイの情報収集に役立つホテル、レストラン、アクティビティ、買い物、結婚式のスポット、イベント、コラム、みんなのおすすめのハワイなど、さまざまな情報を提供しています。

関連する記事