【コラム】ハワイ文化の基礎知識/ハワイのことわざ

【コラム】ハワイ文化の基礎知識/ハワイのことわざ

‘A’a i ka hula, waiho ka hilahila i ka hale.

これは、直訳すると「フラを踊りたいなら、恥じらいは家に置いてきなさい」というハワイ語。「恥ずかしがっていては何もできない」といった意味の、ハワイのことわざだ。

ここでは、ハワイのことわざをいくつか紹介してみよう。

‘A’ohe hua o ka mai’a i ka la ho’okahi.

直訳だと「バナナは一日では熟さない」。転じて「何ごとも辛抱が必要」といった意味になる。

Pu’upu’u lei pali ika ‘a ‘i

直訳は「どんなレイも、首にかければ美しい」。これは「たとえ不完全でも、首にかければレイは美しく見える」⇒「完全な人などいないが、周りの人の存在や助けがあれば美しくなれる」といった意味だそうだ。

He po’i na kai uli, kai ko’o,’a’ohe hina puko’a.

直訳では「海が荒れても、サンゴの岩は揺らがない」。荒波でも流されないサンゴの様子から 「困難な状況でも、穏やかに対処しよう」という意味となる。

当たり前ではあるが、例えとして登場する単語がいかにもハワイらしいものが多く、面白い。いくつか覚えておくと話のネタにもなりそうだ。

 

(2016.12.28)