ビール党なら外せない!ワイキキ界隈でおいしい地ビールが飲める店5選

ビール党なら外せない!ワイキキ界隈でおいしい地ビールが飲める店5選

お酒好きの方なら、旅先での楽しみは、その土地のお酒と美味しい料理を楽しむことではないだろうか。今、ハワイでは地元で醸造した地ビール(クラフトビール)が人気で、ちょっとしたブームなのだ。そもそもクラフトビールとは、小規模の醸造所で作られるビールを指す。職人による手づくりが魅力のため、工芸という意味のクラフト(caft)が呼び名に付けられるようになった。

手作業によるため、市場に出回る数は多くはないが、生産者ならではの独特の味を楽しめることで人気を集めている。 今回は、ワイキキ界隈で美味しい地ビールが飲める店を紹介するので、ビール党の方はぜひ参考にして出かけてみてはいががだろう。

グロウラーUSA/GROWLER USA

グロウラーUSA/GROWLER USA

アメリカ産のクラフトビールが飲めるパブ「グロウラーUSA」のハワイ1号店がカパフル通り沿いにある。常時100種類程のクラフトビールが楽めるので、ロコたちの注目を集めている店だ。カジュアルな雰囲気でスタッフもフレンドリーだから、女性1人でも気軽に立ち寄れる。

グラスのサイズは5oz(148ml)、から60oz(1774ml)まで4通り。いろんな味を試したいなら、まずは一番小さいサイズのオーダーがおすすめ。 噂のサワービールや新しいところでは「ローグ森本そばエール」はいかがだろう。

ローカル定番の「アヒポケ」もある。甘めの醤油で程よく味付けされたマグロが抜群にビールに合う。さらに、この店では「スパムバーガー」が食べられるのもうれしい。バルサミコ酢で和えたルッコラやチーズがプラスされ、スパムが上品なグルメバーガーに!珍しいクラフトビールを味わいながらガッツリ食べよう。

グロウラーUSA/GROWLER USA アクセス+店舗情報

グロウラーUSA/GROWLER USA

住所:
449 Kapahulu Ave. Suite 105, Honolulu
電話番号:
808-600-5869
営業時間:
12:00~22:00、12:00~24:00(金曜)、11:00~24:00(土曜)、11:00~22:00(日曜)
定休日:
無休
URL:
https://growlerusa.com/craft-beer-pubs/hi-honolulu-kapahulu/

ホノルル・ビアワークス/Honolulu Beerworks

ホノルル・ビアワークス/Honolulu Beerworks

倉庫を店舗に改築した「ホノルル・ビアワークス」は、天井が高く、とっても開放的な空間。 今話題のオシャレな街カカアコにある。 レストランの裏にあるビール醸造所で作っているので、まさにフレッシュなビールが味わえるのが魅力。季節限定のビールも扱っているので、いつ行っても楽しめる。6種類までのテイスティングができるので、好みのビールを探してみてはいかがだろう。

この店では、ビールにイタリアン・ホーギーなどのサンドウィッチを食べている人が多いようだ。中庭に席もあるので、天気の良い日には、風景を眺めながら、のんびりとビールと料理を楽しむのも良いだろう。

ホノルル・ビアワークス/Honolulu Beerworks

Tシャツやキャップなどの店のオリジナルグッズはお土産にも最適。 多くのロコでいつも賑わっている店なので、夜は少し早めに行くことをおすすめしたい。

ホノルル・ビアワークス/Honolulu Beerworks アクセス+店舗情報

ホノルル・ビアワークス/Honolulu Beerworks

住所:
328 Cooke St. Honolulu
電話番号:
808-589-2337
営業時間:
11:00~22:00、11:00~24:00(金曜・土曜)
定休日:
日曜
URL:
http://www.honolulubeerworks.com/

ワイキキ・ブリューイング・カンパニー・ワイキキ/Waikiki Brewing Company

ワイキキ・ブリューイング・カンパニー・ワイキキ/Waikiki Brewing Company

明るい雰囲気の店なので昼から気軽に入れる雰囲気だ。隣の「チーズバーガーワイキキ」のフードメニューと同じなので、ハンバーガーとビールのランチも良いだろう。 おすすめのビールはオリジナルの「ハラペーニョ・マウス」。ほんのり苦味がありながら、モルトのコクと甘みがあり、後味はハラペーニョのスパイシーな香りがする。

ビールに合う店の一押しメニューは、「BBQリブ・ティップス」。BBQソースには、店で醸造されたビールが使われているそうだ。 また、持ち帰り用として量り売りビール瓶の「グロウラー」もあるので、グループでの旅行や、長期滞在の方におすすめ。

ワイキキ・ブリューイング・カンパニー・ワイキキ/Waikiki Brewing Company

世界各国の旅行者が多く訪れるので、日本人も気軽に入りやすい店だ。

ワイキキ・ブリューイング・カンパニー・ワイキキ/Waikiki Brewing Company アクセス+店舗情報

ワイキキ・ブリューイング・カンパニー・ワイキキ/Waikiki Brewing Company

住所:
1945 Kalakaua Avenue, Honolulu
電話番号:
808-946-6590
営業時間:
11:00~23:00(月・火曜)、11:00~翌1:00(水~日曜)
定休日:
無休
URL:
http://www.waikikibrewing.com/

ヤードハウス/Yard House Waikiki – Waikiki Beach Walk

ヤードハウス/Yard House Waikiki - Waikiki Beach Walk

ビーチウォークの1階というアクセスの良い立地にあるヤードハウスは、カリフォルニア発のビアレストラン。ワイキキのほとんどのホテルから徒歩圏内なので、時間があったらぜひ立ち寄りたい店だ。 何といっても、この店の人気の秘密は、ハッピーアワーにある。ハッピーアワー価格はドリンクだけでなく、一部のフードメニューが通常の半額で楽しめるので連日賑わっている。

地ビールをはじめ100種類以上のドリンク、安くて美味しい料理、ワイキキの真ん中となると足が自然に向いてしまうだろう。 名物のハーフヤードビールをぜひオーダーしてみよう。50cm程ある長いフラスコ型のグラスには、だれもが驚いてしまうだろう。日本の中ジョッキの2杯分くらいはあるかもしれない。遊び心あふれるドリンクで盛り上がること間違いなし。

ヤードハウス/Yard House Waikiki - Waikiki Beach Walk

さらに、おすすめの味は特製の「オニオンリングタワー」。凝ったプレゼンテーションのオニオンリングは見ても食べてもおいしく、テーブルが一気に華やぐ。 美味しいと評判のピザも注文して、アメリカンな雰囲気を大いに楽しもう!

ヤードハウス/Yard House Waikiki - Waikiki Beach Walk アクセス+店舗情報

ヤードハウス/Yard House Waikiki – Waikiki Beach Walk

住所:
226 Lewers St, Honolulu
電話番号:
808-923-9273
営業時間:
11:00~翌1:00、11:00~翌1:20(金曜・土曜) ハッピーアワー:14:00~17:30(月~金曜) レイトナイトハッピーアワー:22:30~24:00(日~水曜)
定休日:
無休
URL:
http://www.waikikibeachwalk.com/Restaurants/Restaurant-And-Nightlife/Yard-House.htm

パイント+ジガー/PINT + JIGGER

パイント+ジガー/PINT + JIGGER

トレンドに敏感なロコたちの間で話題になっている「パイント+ジガー」は、今世界各地で人気のガストロパブだ。ガストロパブは、種類豊富なビールと共にモダンで最新の料理が楽しめる店のこと。ハワイでも「パイント+ジガー」がそのスタイルのパブとして注目されている。

店名の通り、パイント単位の樽出しのビールやオリジナルのハワイ最新カクテルが用意されている。ローカル・ドラフト・ビールは21種類、瓶ビールなら50種類以上ある。 アルコールと相性抜群のフードニューももちろん充実!イギリス料理として知られているスコッチエッグやオートミール・スタウト・バーガーなどが人気だ。

パイント+ジガー/PINT + JIGGER

オートミール・スタウト・バーガーは、ビアチーズと独特なソースが絶妙のワンランク上のバーガー。その他にもお酒がすすむ逸品が揃っている。 ハワイの一夜をシックな雰囲気の本格的なガストロパブで過ごしてみてはいかがだろう。

パイント+ジガー/PINT + JIGGER アクセス+店舗情報

パイント+ジガー/PINT + JIGGER

住所:
1936 S. King Street, Honolulu
電話番号:
808-744-9593
営業時間:
16:30~24:00、16:30~翌2:00(金曜)、20:00~翌2:00(土曜・日曜)
定休日:
無休
URL:
http://pintandjigger.com/

ビール党におすすめのさまざまなタイプの店をご紹介したが、ひとつ注意を! アメリカでは飲酒は21歳から可能だが、若く見える人にはIDの提示を求める店もあるため、若く見られがちな方はパスポート持参で出かけた方が良いだろう。 また、ハワイではお酒を楽しむ場所についても厳しい指定がある。具体的には、ビーチ、公園、道路など公共の場所での飲酒が禁止となっているので気をつけたい。お酒はレストランやパブ、ホテルの自室で楽しむようにしよう。

関連する記事